× CLOSE

20170216_tokoro_yoshida02_image2

【長崎県平戸市 移住ライフvol.2】ガイドにわな猟、農業…収入半減も暮らしは豊かに

平戸への移住までの経緯をまとめたvol.1はこちらから

20170216_tokoro_yoshida02_010

平戸に移住してきた吉田さん夫婦。

2015年9月に京都から長崎県平戸市に移住してきた吉田佑介さんと綾子さん夫婦。2回目となる今回は、主に仕事のことについて話を聞きました。

自然相手の仕事 平戸ではシーカヤックガイドをしている

吉田さん夫婦は、平戸島ならではの海も山もすぐ近くにある豊かな自然環境が気に入っていると言う。

「平戸島の山は標高でいうと高くないんですけど、そもそも海抜が低いので、海からニョキッと立っている感じがします。だから遠方から遊びに来る友人は、“思いのほか山が高いんだね”って言います」(綾子さん)

平戸島に限った話ではないが、海洋県である長崎は長く複雑な海岸線が特徴のひとつだ。入り組んでいて港湾が非常に多い。なので平戸島も山あいから、きれいな入り江や島影など絶景が見える。

「彼が福島の山育ちで、学生時代から京都に長く暮らしていたので、海にあまりなじみがありませんでした。だからより一層、平戸島の海に魅力を感じたのだと思います」(綾子さん)

もともと京都でネイチャーガイドをしていた佑介さんは、現在、シーカヤックのガイドをしている。

20170216_tokoro_yoshida02_image2

佑介さんは知人に紹介されてシーカヤックガイドに。 写真提供:山彦舎

「平戸島の千里ヶ浜で『平戸カヤックス』という団体があって、そこに所属しています。でも、実は京都のときはリバーカヤックだったので、シーカヤックはこっちに来るまでやったことはなかった。同じカヤックといっても、全然別モノですね。この仕事もまた友人がシーカヤックのガイドの手伝いをやっていて、オーナーをすぐに紹介してくれて始めました」

20170216_tokoro_yoshida02_009

1

2 3 4 NEXT ≫

関連記事

  1. 17020416caz

    有村架純さんがPR大使をつとめる、伊丹市のシティプロモーションコ…

  2. 16122112caz

    移住してみたくなる佐賀! 地域の魅力をスマホで読みやすい縦読みマ…

  3. 16112718caz3

    グランピングに超オススメ! 外はパリッと中はジューシーに仕上がる…

  4. evo-chan_2

    大阪屈指の規模を誇る「千島団地」にて、DIYフェス開催!

  5. 16113014caz

    アウトドア好きなら、いっそのことオートキャンプ場作っちゃう?「オ…

おすすめ記事

  1. 17022516caz

    廃棄野菜から新しい野菜が育つ「リサイクル型栽培キット」を0円で販…

  2. 17022512caz

    都心にほど近い飯能市の魅力が60秒に凝縮されたPR動画 “Mee…

  3. 20170216_tokoro_yoshida02_010

    【長崎県平戸市 移住ライフvol.4】本土と橋続きの平戸島はアウ…

  4. 17022416caz

    アウトドアを満喫しながら都市部で働ける理想の移住地「洲本」をVR…

  5. 17022412caz1

    ついにタケノコテントの全貌が明らかに!

新着記事

  1. 17022516caz
  2. 17022512caz
  3. 20170216_tokoro_yoshida02_010
  4. 17022416caz
  5. 17022412caz1
PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.