× CLOSE

【長崎県平戸市 移住ライフvol.3】移住者は自分が変えなきゃと強く思いすぎないこと

平戸での仕事についてまとめたvol.2はこちらから

20170216_tokoro_yoshida02_010

2015年秋、京都から長崎県平戸市に移住をしてきた吉田佑介さん、綾子さん夫婦。過去2回の記事では、移住のきっかけ(vol.1の記事参照)、平戸での仕事(vol.2の記事参照)についてお聞きしました。今回は、平戸の住まいや地域コミュニティとのかかわりについて迫ります。

壁に穴や崩れた天井 ボロボロの空き家を改修

吉田さん夫婦は2歳のお子さんの子育てをしながら、佑介さんはシーカヤックのガイドやわな猟によるイノシシの駆除、農家の手伝いなどをしている。そして、春先のゲストハウス開業に向けて、離れの改築や宿のHP作成など、ふたりで準備に奮闘中だ。

さて、ふたりはどんな家に住んでいるのだろうか。移住した直後は、平戸にUターンした友人の実家の隣家を借りていたが、現在の住まいは、平戸市の空き家バンクに登録されていた物件に引っ越して住んでいる。

20170216_tokoro_yoshida03_ba005

長らく空き家だったので傷みがひどかった 写真提供:山彦舎

「今の家は壁に穴があったり、天井が崩れていたり、空き家になって長かったため、かなりボロボロの状態でした。外の壁に隙間があって、部屋の中からキラキラと陽の光が見えたんです。そのなかで彼はテントを張って、改築を進めながらひとりで生活していました。
私は子どもがまだ小さかったので、間借りしている家で冬は過ごしていました。彼はもともとひとりで雪山に行っちゃうような人ですから、そんな生活も楽しかったみたい」(綾子さん)

雪山と比べれば屋根も壁もあるし快適だったと佑介さんは笑いながら振り返る。

20170216_tokoro_yoshida03_ba003

改修中の佑介さんの寝床。家の中に張ったテントで生活 写真提供:山彦舎

「少しずつ修繕を進めて、いちばん寒い時期に外壁の張り替えをしたのですが、びょうびょうと風がすごくて。平戸に前代未聞の大寒波が来て、雪が降ったんです。わたしたち、京都の美山(編注:京都府南丹市美山町)という雪国から来て、せっかく南国に来たと思ったのに、そんなありさまで(笑)」(綾子さん)

20170216_tokoro_yoshida03_ba002

少しずつ手を加え、3年程度で一通り改修が終わる見込みだ 写真提供:山彦舎

外壁を張り替えたり、天井を繕ったり、壁を塗ったり、働きながら少しずつ進めているので、家の修繕は3年くらいかかる見込みだ。ちなみに物件は、5LDKの母屋に、離れ、納屋、駐車場。畑がついて、家賃は月額1万円(!)。

「都会で考えたら、こんなに広い家に住むのは夢のまた夢」と佑介さん。これも地方ならではの魅力。土間に置かれた薪ストーブからパチパチと木がはぜる音が聞こえてくる。柔らかい暖かさに、犬や猫も近くに寄ってきて、リラックスした表情を見せていた。

20170216_tokoro_yoshida03_004

20170216_tokoro_yoshida03_003

畳を張り替えたり、建具を変えたり、1年ちょっとでようやくここまで来た。

20170216_tokoro_yoshida03_002

セルフビルドで少しずつ改築を進めている母屋。こちらはリビング。

1

2 3 4 NEXT ≫
  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

関連記事

  1. ロバート馬場ちゃんが駅弁で熊本の復興支援! 南阿蘇鉄道駅弁プロジ…

  2. 長崎・壱岐で”島おこし”人材募集中 年収1200万円はまさかの市…

  3. 毎日アウトドア気分に浸りながら暮らせる賃貸ルーム『COLUMBI…

  4. アウトドア天国の高知県は移住相談者全国2位! まずは相談会へGO…

  5. 長崎・五島列島移住/地域とかかわるうえで正義の押しつけはNG v…

おすすめ記事

  1. 高知県高知市移住Uターンライフ・鉄のクラフトデザイナー/宇田津 …

  2. 日本初開催となるアウトドア最強の障害物競技「リーボックスパルタン…

  3. 『フットサル』×『アウトドア』でソトアソビイベント開催@代々木

  4. サイクリストやバイカーだって、キャンプではキンキンに冷えたビール…

  5. 初夏に雪あそび!? 立山黒部アルペンルートで、涼しむ夏のアウトド…

新着記事

PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.