× CLOSE

愛媛県大三島の柑橘が届く「蜜柑市」。2月25日、26日に東京・自由が丘で開催!

採れたて蜜柑の量り売り&食べ比べセットを提供。蜜柑ジュースの試飲販売も

株式会社しまどは、愛媛県大三島(おおみしま)の蜜柑を販売する「蜜柑市」を、225日(土)、26日(日)に東京・自由が丘で開催します。

20170223_tokoro_minagawa_mikan_03

大三島の蜜柑が集まる「蜜柑市」とは?

愛媛県今治市大三島で栽培されている約30種類の蜜柑のなかから、数軒の提携農家が厳選した食べごろの品種のみを直送し、販売するイベント。

出品された蜜柑はすべて試食可能で、気に入った品種を好きなだけ購入できる量り売りのほか、全種類1つずつ入ったセット販売もあります。

会場は「katakana/カタカナ自由が丘店」で、同店での開催は今回で3年連続、11回目。これまで、地元客を中心に賑わいをみせてきました。

20170223_tokoro_minagawa_mikan_04

瀬戸内海のほぼ真ん中に浮かぶ、大三島

産地となる大三島は、広島県尾道市から愛媛県今治市をつなぐ芸予諸島最大の島。約70kmにもなる海の道「しまなみ海道」のほぼ中央に位置します。海の反射光で地温が上がること、もともと雨量が少ないうえに水はけのいい土壌であることから、甘くてコクのある蜜柑が生産されるのです。

mikan_matsumot

主催者である株式会社しまどの松本佳奈さん

主催は、東京からの移住者が立ち上げた「株式会社しまど」

「大三島の人たちと大三島を丸ごと伝えていく会社」をコンセプトに、大三島で栽培される蜜柑の魅力を、島の農家たちと一緒に伝える活動をしています。

代表を務める松本佳奈さんは、大三島の蜜柑に魅了され、8年間の東京生活にピリオドを打ち島へ移り住んだ移住者の一人。「初めて大三島の蜜柑(「はるみ」という品種)を食べたときの感動はいまでも忘れられません。この感動をより多くの人に伝えていきたい」と話します。

1

2 NEXT ≫
  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

関連記事

  1. 高尾山は麓で遊ぶまでが高尾山 無料のTAKAO599ミュージアム…

  2. 【兵庫県神戸】冬休みは六甲山スノーパークで子供と雪遊び!

  3. 日本最大級のSnow Peak Storeがスーパースポーツゼビ…

  4. クリスマスには野外フェス! しかも野菜を堪能する京野菜フェスティ…

  5. 福岡の中心地でキャンプが楽しめる! FUKUOKA MACHI …

おすすめ記事

  1. 高知県高知市移住Uターンライフ・鉄のクラフトデザイナー/宇田津 …

  2. 日本初開催となるアウトドア最強の障害物競技「リーボックスパルタン…

  3. 『フットサル』×『アウトドア』でソトアソビイベント開催@代々木

  4. サイクリストやバイカーだって、キャンプではキンキンに冷えたビール…

  5. 初夏に雪あそび!? 立山黒部アルペンルートで、涼しむ夏のアウトド…

新着記事

PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.