× CLOSE

愛媛県大三島の柑橘が届く「蜜柑市」。2月25日、26日に東京・自由が丘で開催!

採れたて蜜柑の量り売り&食べ比べセットを提供。蜜柑ジュースの試飲販売も

株式会社しまどは、愛媛県大三島(おおみしま)の蜜柑を販売する「蜜柑市」を、225日(土)、26日(日)に東京・自由が丘で開催します。

20170223_tokoro_minagawa_mikan_03

大三島の蜜柑が集まる「蜜柑市」とは?

愛媛県今治市大三島で栽培されている約30種類の蜜柑のなかから、数軒の提携農家が厳選した食べごろの品種のみを直送し、販売するイベント。

出品された蜜柑はすべて試食可能で、気に入った品種を好きなだけ購入できる量り売りのほか、全種類1つずつ入ったセット販売もあります。

会場は「katakana/カタカナ自由が丘店」で、同店での開催は今回で3年連続、11回目。これまで、地元客を中心に賑わいをみせてきました。

20170223_tokoro_minagawa_mikan_04

瀬戸内海のほぼ真ん中に浮かぶ、大三島

産地となる大三島は、広島県尾道市から愛媛県今治市をつなぐ芸予諸島最大の島。約70kmにもなる海の道「しまなみ海道」のほぼ中央に位置します。海の反射光で地温が上がること、もともと雨量が少ないうえに水はけのいい土壌であることから、甘くてコクのある蜜柑が生産されるのです。

mikan_matsumot

主催者である株式会社しまどの松本佳奈さん

主催は、東京からの移住者が立ち上げた「株式会社しまど」

「大三島の人たちと大三島を丸ごと伝えていく会社」をコンセプトに、大三島で栽培される蜜柑の魅力を、島の農家たちと一緒に伝える活動をしています。

代表を務める松本佳奈さんは、大三島の蜜柑に魅了され、8年間の東京生活にピリオドを打ち島へ移り住んだ移住者の一人。「初めて大三島の蜜柑(「はるみ」という品種)を食べたときの感動はいまでも忘れられません。この感動をより多くの人に伝えていきたい」と話します。

1

2 NEXT ≫

  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

関連記事

  1. 移住と転職をセットで話が聞けるトークイベント! 「転職移住できる…

  2. アウトドアの絶景が自宅で眺められる360Channel(サンロク…

  3. THE NORTH FACEのショップが沖縄県石垣島と福岡県博多…

  4. 【青森・八戸市】カオスすぎる朝市「館鼻岸壁朝市」 開催時間は”日…

  5. 移住するなら徳島と、真剣に考えたくなる「vs東京」

おすすめ記事

  1. VRでシーバス釣りを疑似体験! 360度に広がる東京湾の大海原で…

  2. いよいよ海のシーズン! HELLY HANSENとコラボした海の…

  3. 埼玉県初となるアウトドアフィットネスクラブ「cocoon ath…

  4. トレイルランニングなどアクティビティも充実! 長野オリンピック聖…

  5. 7月8、9日の期間限定コラボワークショップ「オリジナルブレンドで…

新着記事

PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.