× CLOSE

移住してみたくなるほどステキな宮古島!ゆくる宮古島プロジェクト

宮古島はロードバイクの天国?

宮古島といえばトライアスロン大会が有名ですよね。トライアストンはスイム3km、バイク(自転車)157km、ラン42.195kmで行われるもっとも過酷な競技。

第33回宮古島トライアスロン大会は与那覇前浜をスイムでスタートし、バイクに乗り換え伊良部島、池間島、宮古島の南端である東平安名岬にある灯台を折り返し、与那覇前浜まで戻ってきたら自転車を起き、ランで宮古市を疾走します。

2017年の開催は4月23日(日)。その大会へ向けてトレーニングかもしれませんが、宮古島では競技用のロードバイクをたくさん見かけました。

人口5万人強の島なのでクルマも多くはありません。そして島民ののんびりした性格からなのか、法定速度40km/hとなっていても20〜30km/hほどのゆっくりしたスピードでクルマを走らせています。他県からトレーニングでやってきただろう自転車の方が早いくらい。ここはまさにロードバイクの天国でもあるのです。

宮古島と伊良部島を結ぶ伊良部大橋は、通行料を徴収しない橋として日本最長なのだそう。全長3.5kmの橋を自転車はクルマより早く駆け抜けていきます。

宮古島と伊良部島を結ぶ伊良部大橋は、通行料を徴収しない橋として日本最長なのだそう。全長3.5kmの橋を自転車はクルマより早く駆け抜けていきます。

 

「ゆくる宮古島プロジェクト」に潜入取材!

シュノーケリングにダイビング、サーフィンにシーカヤックと夏に大人気のアウトドアアクティビティが盛んな宮古島。本州よりシーズンは早く到来しますが、3月の宮古島は本州ほどではないけれどまだ肌寒く「海にでも入ろうぜ!」という気分には、正直なれません。

でも島民に言わせれば、そんな時期こそ空いていて宮古を訪れるには最高の季節なのだそう。

「のんびりとピクニックをするもよし。橋でつながる島々へサイクリングするもよし。食やものづくりで島の文化を知るもよし。より難易度の増したサトウキビ畑で迷うもよし。」と「ゆくる宮古島プロジェクト」は謳っています。

っくりと、らすように旅す宮古島を掲げたプロジェクトなのです。

「ゆくる宮古島プロジェクト」は2017年1月20日から3月24日まで、島を楽しむためのアイデアや体験、企画が宮古島全域に散りばめられています。そんなプロジェクトのいくつかに潜入してみました。

17030912caz5

ヤギのペースで進む島内さんぽ

「ゆくる宮古島プロジェクト」で訪れるなり、行った先が宮古島の南西1.5kmに浮かぶ来間島。1995年に来間大橋が完成するまでは船でしか渡ることのできない離島でした。

その島で体験したのが「けんちゃんと行く! 来間島ヤギさんぽ」です! 島ではヤギを飼っている人が多いけど、いくらのんびりした島だからといって、ヤギを散歩させているのは「けんちゃん」だけだそうです。

「竹富島では水牛と散歩するツアーが人気らしいから、唯一のヤギ使いであるけんちゃんが来間島でヤギを散歩させたらどうか」とプロジェクトが立ち上がったそうです。

水牛の散歩はのんびりした観光を絵に描いたようですが、ヤギの散歩はさらに牧歌的!

アルプスの少女ハイジなら、ペーター気分になれるといった感じでしょうか。散歩はヤギのペースで進んで行きます。

17030912caz4

「ヤギの食べる草は、人間が食べても美味しい」byけんちゃん

先祖代々受け継ぐ「ユービンヤー」という屋号のついた「けんちゃん」の家を出発して、来間島を散歩します。コースは天候を加味した「けんちゃん」のその日の気分によって変わるそうですが、ペースの主導権はヤギが握っています。

「けんちゃん」の進む方にヤギはついて行くのですが、そこらに生えている草をヤギは手当たり次第啄んで、のんびりペースを守ります。これぞまさに「道草を食う」といった感じ。

「けんちゃん」はただ無言でお散歩の先導をしているのではなく、ヤギが食べている草について解説してくれるのです。「この草は天ぷらにするとおいしい」「これは薬になる」と、その植物博士ばりな知識に驚かされます。

ヤギはひとつの草をずっと食べてるんじゃなく、ちょっとずつたくさんの種類を食べるんだそう。そうやって栄養のバランスを摂っているのです。けんちゃんいわく、「ヤギの食べる草は、人間が食べても美味しい」とのこと。来間島に住めば、その草を食する機会が訪れるのでしょうか。いつか、ぜひとも食してみたいもんです。ちなみに「けんちゃん」は生まれも育ちも来間島ですが、奥さまは他県からの移住者とのことです。

1

2 NEXT ≫

  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • 宮崎で素敵な暮らし方を見つけました

    宮崎で素敵な暮らし方を見つけました
  • テント選びに迷ったらチェック!

    テント選びに迷ったらチェック!

関連記事

  1. 早くもウインターアウトドアの聖地から飛び込んで来たニュース! 「…

  2. 日立駅でペットボトルセッション?!大海原を眺めながら心と体で感じ…

  3. 元モー娘。高橋愛も参加 日本一長い吊り橋「三島スカイウォーク」で…

  4. 手ぶらでBBQが楽しめるBBQタクシーが運行する奥多摩は、紅葉シ…

  5. 今が行きどき! 広島の絶景”穴場&王道”紅葉スポット3選

おすすめ記事

  1. ミルスペック準拠のINSTINCTがBEAMSによってオシャレに…

  2. 今が行きどき! 広島の絶景”穴場&王道”紅葉スポット3選

  3. 製品の世界観を表現した「THE NORTH FACE SUMMI…

  4. アウトドアウォッチを買うなら、やっぱガーミンの最新モデルInst…

  5. クラークス×ランドローバー!ゴアテックス搭載の話題コレクション登…

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.