× CLOSE

【長崎県平戸市移住】釣り好きの青年が3.11を機に地元を盛り上げたいとUターン/vol.1

地元・平戸を盛り上げたいとUターン移住

DSC08795

長崎県の北西部にある平戸市。古くから海洋交易で栄えた街だが、現在は日本全国の地方自治体の例にもれず、人口減少の問題を抱えている。現在の平戸市の人口はおよそ33,000人。10年前に比べると、6,000人ほど減っているという。今回は、そんな街を盛り上げたいと東京からUターン移住をした若者、力武秀樹(りきたけ・ひでき)さんの物語。

20170313_tokoro_rikitake01

長崎・平戸ってどんなところ?

さて、本題に入る前に、移住の舞台となる平戸島について解説を少し。長崎県平戸市は、県の北西部にある平戸島、生月島(いきつきしま)、度島(たくしま)、的山大島(あづちおおしま)、平戸島の対岸の九州本土の北松浦半島北西端の一部が行政区域としている。島の大きさは、南北に32km、東西の最大幅約10kmとなっている。島ならではの豊かな自然が残っていて、シーカヤックなどマリンアクティビティも盛んだ。

20170222_tokoro_hirado_yoshida04_IMG_0610

写真提供:山彦舎

力武さんは平戸島の出身だが、現在は九州本土側の田平地区でカフェを開業。33歳の青年は、どんな思いでUターン移住をしたのだろうか。

1

2 3 NEXT ≫

  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

関連記事

  1. 九州の移住情報が集結!「移住×起業・就農フォーラム in FUK…

  2. 廃館を改装したオシャレな店舗、移住者スタッフも多い「キャピタル(…

  3. いまアウトドアでも見直される“風呂敷”それをバッグとして使う、そ…

  4. 【長崎県平戸市移住】移住者だけではなく地元も一緒に盛り上がるのが…

  5. 沖縄県宮古島移住ライフ・地域づくりコンサルタント/中村良三さん3…

おすすめ記事

  1. VRでシーバス釣りを疑似体験! 360度に広がる東京湾の大海原で…

  2. いよいよ海のシーズン! HELLY HANSENとコラボした海の…

  3. 埼玉県初となるアウトドアフィットネスクラブ「cocoon ath…

  4. トレイルランニングなどアクティビティも充実! 長野オリンピック聖…

  5. 7月8、9日の期間限定コラボワークショップ「オリジナルブレンドで…

新着記事

PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.