× CLOSE

【長崎県平戸市移住】若者が集まるハブを目指して海沿いにカフェをオープン/vol.2

移住までの経緯をまとめたvol.1の記事はこちら

20170313_tokoro_rikitake02_007

東京で映像ディレクターをしていた力武秀樹(りきたけ・ひでき)さん。東日本大震災をきっかけに、働き方を見直し、また親しい友人たちが東京を離れていったこともあり、自身も移住を決意。はじめは趣味の釣りを軸に移住先を考えていたものの、ソーシャルビジネスやコミュニティビジネスを学んで地域を元気にするというテーマに興味を持ったことで、故郷である長崎県平戸市に2012年4月にUターン移住。今回の記事では、移住後の仕事を中心に話をうかがいました。

漁師、情報サイト運営、格闘技教室……平戸に戻ってさまざまな仕事にチャレンジ

「映像ディレクターの仕事を辞めたあと、東京で起業家を養成する講座に半年通い、そこで有名な社会起業家の方たちとひととおり会えた。そのなかで、僕は地域を元気にするっていうテーマにすごく惹かれたんです。どうせやるんだったら知らない土地よりも自分の地元でやろうと」(以下すべて力武さん)

今でこそ、カフェを開いてコミュニティづくりをしているものの、平戸にUターンで戻ってきた時点では具体的なプランがあったわけではない。

「帰ってきてすぐのときは漁師のバイトを週の半分やって、もう半分は起業のことを考えたり準備したりする時間にしようと思っていました。今のカフェに至るまで、仕事は3つくらいやったかな」

平戸の魅力を発信する情報サイトを作ったり、格闘技教室をやったり、試行錯誤の日々だった。

「18歳で高校を卒業して上京したんですけど、もともと格闘家を目指してたんです。20歳でプロになれたものの、すぐに眼をケガしてしまって引退。それから映像業界で働いていました。その経験があったので平戸でも格闘技の教室をやりました」

新しい仕事にチャレンジしたものの、Uターンでもともと縁があるとはいえ、一から立ち上げて仕事を軌道に乗せるのは生半可なものではなかった。

「特にサイトは収益化まで持ってくのがむずかしかった。あと、僕は高校生までしか地元にいなくて、帰ってきてすぐ、人や街とのつながりがないまま始めてしまったのもよくなかった。なかなかサイトも大きくならないし、収益も出せず、平戸で仕事をするには仲間が必要だと思うようになりました。僕自身、平戸市内で精力的に動いたんですけど、ひとりでは限界があるなと途中で感じたんです。特に若い人のつながりが薄かったし、そういった世代が集まる場所もありませんでした」

平戸の若者たちがつながる場所がない じゃあ自分で作ろう

仲間を見つけようといろいろと奮闘するなかで力武さんは気づいた。若者同士がつながるハブのような場所が無いことに。そこで、「無いなら自分で作ってしまおう」と、若い世代が集まれるカフェを開くことを決意。2014年3月、「3rdBASEcafe」をオープンさせた。

20170313_tokoro_rikitake02_005

おだやかな海が店の目の前に広がるオーシャンビューの古民家カフェだ。カフェの周りには人家や商店もなく、市街地からのアクセスはお世辞にもよいとは言えない。

「店を出すに当たって、唯一の条件は海沿いであること。目の前で釣りができるのもよかった(笑)。店に関しては、僕が実際にやっていくうえで苦じゃない場所でやりたいなという希望がありました。そりゃ収益だけを考えれば、商店街でやったほうがいいんでしょうけど、田舎に来てまで無理して働きたくなかったというのが正直あった。こっちでは、“やりたいことをやって飯が食えればいいや”くらいのスタンスでやっていこうと思っていたので、自分が満足する場所でやりたかったんです」

20170313_tokoro_rikitake02_003

カフェの前に広がるオーシャンビュー。気軽に釣りもできる環境が力武さんのお気に入り

平戸に帰ってきたころは毎日、釣りに行っていたものの、カフェを開いてからはさすがに頻度が下がった。最近、カフェの運営も落ち着いてきたので、客がいない隙を縫って、ひょいと釣りに行くことも。すると、ある釣り具メーカーからルアーのテスターをやる話が舞い込んできたという。何がどうつながるかわからないから人生は面白いのだろう。

20170313_tokoro_rikitake02_002

1

2 3 NEXT ≫

  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

関連記事

  1. 高知県大豊町移住ライフ・宿泊施設<みどりの時計台>運営/野田さん…

  2. 貸農園としては日本初! 認証「JGAP」を取得した「THE FA…

  3. 【熊本支援】各界の著名人が参加するトートバッグ・チャリティー作品…

  4. PRパワーがハンパない!「YES!高須クリニック!」とコラボの高…

  5. 移住するなら三重へ! それはナゼって? 知りたければ「つづきは三…

おすすめ記事

  1. アウトドアブランド・パタゴニア日本支社が長崎県民対象の世論調査を…

  2. スタジオに星空のプロジェクションマッピング投影! 星が瞬く幻想…

  3. 「世界有数の山岳リゾート」北海道・ニセコで『U-30℃ PREM…

  4. 野外フェスやアウトドアシーンで大活躍! 太陽光で充電する携帯型「…

  5. ありそうでなかった! ほどよいプライバシーと距離感を保てる2人用…

新着記事

PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.