× CLOSE

【長崎県平戸市移住】若者向けに音楽フェスを企画。いずれは自然も生かしたい/vol.3

移住後、カフェ開業までの経緯をまとめたvol.2の記事はこちら

20170313_tokoro_rikitake03_005

力武秀樹(りきたけ・ひでき)さんは、東京で映像ディレクターとして働いていたものの、東日本大震災をきっかけに働き方や暮らしを見直し、ふるさとである長崎県平戸市にUターン移住を決意。地域を元気にしたいという思いからの行動だった。それが、2012年4月のこと。現在はカフェを開き、平戸の若者たちが集うハブ的な場所としてにぎわいを見せはじめています。今回は、どういうコミュニティづくりをして行ったのか、街おこし活動を中心にお話を聞きました。

若者を中心とした街づくりをしようと音楽フェスを企画

ソーシャルビジネスやコミュニティビジネスに興味を持ち、地元を元気にしたいと平戸に戻って来た力武さん。漁師、情報サイト運営、格闘技教室など、カフェ開業に至るまでさまざまなビジネスにチャレンジした。奮闘するなかで、若者同士のつながりが薄く、そもそも集まれる場所もないことに気づき、それなら自分でやろうとカフェ『3rdBASEcafe』を2014年に開業した。

20170313_tokoro_rikitake03_014.jpeg

「若者を中心とした街づくりをしたいという目的で、このカフェをはじめました」と力武さんは語る。イベントを開催するなどして、コミュニティづくりを進めている。

20170313_tokoro_rikitake03_008

「『平戸一番音楽祭』という音楽フェスを主催しました。カフェを開いた年に初めてやったので、初回は2014年だったかな。はじめから、もう2デイズでやろうと決めて、このカフェでやりました。2015年は、平戸島の廃校になった小学校を舞台に1日、もう1日はカフェでやって、この年も2日間。2016年は2日間とも、その小学校でやりました」

20170313_tokoro_rikitake03_010

平戸一番音楽祭の舞台となった廃校での写真。体育館内には大漁旗が飾られた

出演者は、知り合いのツテだったり、自身でSNSなどから声をかけたりして集めた。また、音楽祭のスタッフは9割がたカフェのお客さんだった人を巻き込んでいる。ゆるやかにつながりが生まれてきている様子だ。

20170313_tokoro_rikitake03_009

平戸一番音楽祭のスタッフや出演者の方々。力武さんは前列左端

ちなみに、2016年開催の平戸一番音楽祭はアーティスト数が53組143名、観客動員数は約400名、チケットは2,500円だった。これに対して、スタッフは42名で対応し、プラス早福町の方々にも手伝ってもらったという。平戸ではかなり大きなイベントとなり、平戸の若者を中心に、市外からも注目を集めている。

1

2 3 NEXT ≫

  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

関連記事

  1. アウトドアアパレルブランドのパタゴニアが新しい食品ビジネスを展開…

  2. 石垣島でBBQしながら移住と婚活を実現?! ライフデザインパーテ…

  3. レオパレスなら、賃貸住宅のDIYが褒められる?!「賃貸でも諦めな…

  4. まちづくりに移住、いま地方が熱いことを感じさせる3つの出来ごと

  5. 室内がまるでアウトドア感覚!『賃貸でも諦めない!私のお部屋DIY…

おすすめ記事

  1. 高知県大豊町移住ライフ・宿泊施設<みどりの時計台>運営/野田さん…

  2. FOREST KITCHEN with Outdoor Livi…

  3. 高知県大豊町移住ライフ・宿泊施設<みどりの時計台>運営/野田さん…

  4. 高知県大豊町移住ライフ・宿泊施設<みどりの時計台>運営/野田さん…

  5. 高知県大豊町移住ライフ・宿泊施設<みどりの時計台>運営/野田さん…

新着記事

PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.