× CLOSE

【長崎県平戸市移住】若者向けに音楽フェスを企画。いずれは自然も生かしたい/vol.3

移住後、カフェ開業までの経緯をまとめたvol.2の記事はこちら 力武秀樹(りきたけ・ひでき)さんは、東京で映像ディレクターとして働いていたものの、東日本大震災をきっかけに働き方や暮らしを見直し、ふるさとである長崎県平戸市にUターン移住を決意。地域を元気にしたいという思いからの行動だった。それが、2012年4月のこと。現在はカフェを開き、平戸の若...

関連記事

  1. まちづくりに移住、いま地方が熱いことを感じさせる3つの出来ごと

  2. 【静岡県川根本町vol.3】トレラン、渓流、お茶、ゆず…豊かな自…

  3. 大阪屈指の規模を誇る「千島団地」にて、DIYフェス開催!

  4. 鳥取への移住で体力年齢が1.8歳若返る! 鳥取市へ「義兄弟の契り…

  5. 長崎・五島列島移住/事故をきっかけに福岡から福江島へ vol.1…

おすすめ記事

  1. 『初心者対象のキッズ向けボルダリング大会』&『キッズボルダリング…

  2. 簡単3ステップ!ドッペルギャンガーがコンパクトに収納できる折りた…

  3. 「ルアーマガジンソルト」✕「グローブライド(DAIWA)」✕ 釣…

  4. 緑あふれる御殿場市の山の梺、理想の暮らしを自らの手で創る渡邉さん…

  5. 「MOON PARKA®」改良試作品のテスト検証をゴールドウイン…

新着記事

PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.