× CLOSE

【北海道幌加内町】魚へんに鬼と書くイトウ釣りに挑戦 朱鞠内湖に棲む幻の魚とは?

朱鞠内湖レポート第1弾はこちら>>

日本一寒くて、日本一広い朱鞠内湖に行ってみた

北海道幌加内町にある朱鞠内湖。幌加内町は日本最寒記録(-41.2度‼︎)を持つ、日本一寒い場所だ。そして朱鞠内湖は、東京ディズニーランド30個分の広さを誇る日本一広い人造湖(ダム湖)なのだ。しかも人口密度が2.05人/平方kmという日本一人口密度が低い町でもある。冬の大自然を満喫するには、ここ以上に最適な場所ってある? というほどに最適な場所だろう。

ひょんな縁で、今後の観光振興に向けて、冬のアウトドアコンテンツを体験できるお試しツアーに参加できることになったので、さっそく行ってみた(取材は1月末に実施)。

ツアー滞在1日目前半の記事はこちら>>
【北海道幌加内町】まるで北欧!? 日本一寒い朱鞠内湖でワカサギ釣りをしてきたよ

−30度対応のウェアについての記事はこちら>>
【上半身編】タオルも凍る−30度の北海道ってどんな服装? アウトドアウェアの基礎知識
【下半身編】超極寒−30度の北海道ってどんな服装なら大丈夫? とにかく足先を死守!

朱鞠内湖に生息する”幻の魚”イトウ

20170314_tokoro_syumari_003

魚に鬼と書いて”イトウ”。

朱鞠内湖は、幻の魚と言われるイトウの生息地としても有名。イトウは環境省のレッドリストにも載っていて、近い将来、絶滅の危険性が高い魚だ。

日本最大の淡水魚として知られているイトウは、長命の魚で15〜20年かけて体長は大きいものでは1.5〜2mにも達するそうだ。昔は東北地方にも生息していたとみられるが、現在は北海道にしか生息していないと考えられている。

朱鞠内湖は夏になると北海道はおろか、日本全国から釣りファンたちが訪れる、知る人ぞ知る釣りスポットなのだ。昨年、『情熱大陸』でもイトウを狙う釣り師が取り上げられていたので、見た方も多いのでは? 自然豊かな北海道でも限られた水系でしか見られない、文字どおり”幻の魚”だ。

1

2 3 4 NEXT ≫

  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

関連記事

  1. 『LA LA LAND』オマージュ!『シンゴジラ』助監督が制作し…

  2. 住んでよし訪ねてよし、高知はやっぱりポジティブが満載だった!

  3. 京都/井田さん夫婦のBESS暮らし その2 グリーン、音楽、DI…

  4. 憧れの湘南ライフを実現 『湘南移住計画』なら仕事も家もバックアッ…

  5. 廃館を改装したオシャレな店舗、移住者スタッフも多い「キャピタル(…

おすすめ記事

  1. 【宮崎県小林市】町も協力隊制度も何も知らずに移住したけどマッチし…

  2. アウトドアファッションの新定番!PUMAの最新セーフティシューズ…

  3. バーベキューに関する意識調査2018! 焼かないBBQが拡大中!…

  4. USB出力ポートも付いた多機能ランタン「LUNAR(ルナー)」発…

  5. 夏はDIYに最適の季節! ブラック・アンド・デッカーからDIYを…

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.