× CLOSE

17032018cazs3

住んでよし訪ねてよし、高知はやっぱり城がヤバかった!

城のある街って、あらためていいなあ・・・

1601年(慶長6年)初代土佐藩・藩主である山内一豊によって築城着工に取りかかった高知城。

現在残っているのは、1747年に再建された城です。

1871年(明治4年)に廃城となり、その後しばらくは県庁としての機能を果たしました。

17032018cazs4

まずは追手門(おってもん)から入場。

城全域は、現在公園として無料開放されています。

実は高知城、戦う城。

この追手門、三方を壁に覆われています。街と通じる一方からやってくると、必ず行き止まりとなり、そこには弓や銃が待ち構えているという算段。

追手を阻む門、ということで追手門とのこと。

城内に入ってからも、戦うためのギミックが随所に隠されています。

17032018cazs2

平面ではない石垣

石垣は一直線で構成されず、カウカクと角があります。これは侵入してきた敵陣が石垣を登ってきた際、真上からだけでなく横からも攻撃できるように考えられ、設計されたそうです。

石垣って、何度となく見たことありましたが、マジマジと見たのははじめてのこと。

ところどころに飛び込み台のようなモノがついているのに気づきました。

17032018cazs5

これも、戦うために作られていたのだと勘違い。

この上に立って矢を射れば、石垣をよじ登ってくる敵陣を簡単に倒せると思ったのですが、考えてみれば、その台に乗ろうとしたとき、敵陣の集中砲火を浴びそうです。

三ノ丸に登って飛び込み台の正体を知る

緩やかで長い階段を登って行くと三ノ丸に到着。

ここでは飛び込み台を上から覗き込むことができます。そしてその正体も理解。

17032018cazs1

実は飛び込み台ではなく、それは雨樋だったのです。

石垣そもそもの構造を理解していなかったのですが、石垣はまさに石を組んで作った壁。

城の土台全部が石でできているわけもなく、地面は土です。その高く盛った土が崩壊しないように固められた擁壁が石垣なのです。

まあ、ここまでは誰でも知っていることでしょうが・・・。

実は!

1

2 NEXT ≫

関連記事

  1. 芸術性すら感じさせる蓮根スイーツ?! 蓮根あずき秋柚子の香りと共に(六雁)イベント販売価格/300円 *写真はイメージです

    実りの秋に旬を野外で味わう2つのグルメフェス「カレーフェスティバ…

  2. img_119777_4

    インスタジェニックな冬の絶景”氷柱白糸イルミネーション”@軽井沢…

  3. 17020416caz

    有村架純さんがPR大使をつとめる、伊丹市のシティプロモーションコ…

  4. 17011212caz3

    アウトドア好きの心をくすぐる雄大な自然に囲まれた兵庫県養父市が、…

  5. ~おかげ様で50周年~

    【兵庫県神戸】冬休みは六甲山スノーパークで子供と雪遊び!

おすすめ記事

  1. 20170328_tokoro_run_008

    マラソンの春! 軽量&ヒザ負担軽減に特化したランニングシューズ登…

  2. 伝統的な漁船「サバニ」でカニ漁に出る。

    生まれ育った海と自然、生物と向き合うカニ漁師の蟹蔵さん:後編

  3. 17032915caz3

    それは、やりすぎ? 佐渡の魅力を激唱するヘビメタ地方PR動画「S…

  4. 17032912caz4

    部屋の改装、キャンプテーブル作り、春はDIYの季節?

  5. 20170328_tokoro_fukui_shiro_050

    【福井県大野市】”天空の城”越前大野城が最高すぎる 早朝登山して…

新着記事

  1. 20170328_tokoro_run_008
  2. 伝統的な漁船「サバニ」でカニ漁に出る。
  3. 17032915caz3
  4. 17032912caz4
  5. 20170328_tokoro_fukui_shiro_050
PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.