× CLOSE

住んでよし訪ねてよし、高知はやっぱり城がヤバかった!

城のある街って、あらためていいなあ・・・

1601年(慶長6年)初代土佐藩・藩主である山内一豊によって築城着工に取りかかった高知城。

現在残っているのは、1747年に再建された城です。

1871年(明治4年)に廃城となり、その後しばらくは県庁としての機能を果たしました。

17032018cazs4

まずは追手門(おってもん)から入場。

城全域は、現在公園として無料開放されています。

実は高知城、戦う城。

この追手門、三方を壁に覆われています。街と通じる一方からやってくると、必ず行き止まりとなり、そこには弓や銃が待ち構えているという算段。

追手を阻む門、ということで追手門とのこと。

城内に入ってからも、戦うためのギミックが随所に隠されています。

17032018cazs2

平面ではない石垣

石垣は一直線で構成されず、カウカクと角があります。これは侵入してきた敵陣が石垣を登ってきた際、真上からだけでなく横からも攻撃できるように考えられ、設計されたそうです。

石垣って、何度となく見たことありましたが、マジマジと見たのははじめてのこと。

ところどころに飛び込み台のようなモノがついているのに気づきました。

17032018cazs5

これも、戦うために作られていたのだと勘違い。

この上に立って矢を射れば、石垣をよじ登ってくる敵陣を簡単に倒せると思ったのですが、考えてみれば、その台に乗ろうとしたとき、敵陣の集中砲火を浴びそうです。

三ノ丸に登って飛び込み台の正体を知る

緩やかで長い階段を登って行くと三ノ丸に到着。

ここでは飛び込み台を上から覗き込むことができます。そしてその正体も理解。

17032018cazs1

実は飛び込み台ではなく、それは雨樋だったのです。

石垣そもそもの構造を理解していなかったのですが、石垣はまさに石を組んで作った壁。

城の土台全部が石でできているわけもなく、地面は土です。その高く盛った土が崩壊しないように固められた擁壁が石垣なのです。

まあ、ここまでは誰でも知っていることでしょうが・・・。

実は!

1

2 NEXT ≫

  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

関連記事

  1. 今年の夏は家族で楽しめる新感覚「海の家」でグランピングを体験!「…

  2. アウトドア好きならきっと就きたい森林の仕事。集まれ!森林男子。森…

  3. 2017年2月6日(月)よりadidas『TOKYO EDITI…

  4. ”秋田”柳葉敏郎さんや”佐賀”武田真治さんまで登場! 地方移住P…

  5. 【新潟】PUFFY、織田哲郎、Negicco出演!音楽と夕日を楽…

おすすめ記事

  1. 採れたて野菜食べ比べや大自然の中でのワークショップも! 『親子で…

  2. 都心にあるグランピング風の会場で夏フェス仲間を探そう! AMIP…

  3. アウトドアはもちろん家でもワクワクが止まらない、持ち運びラクラク…

  4. 水着で楽しめる夏フェス「りんくうビーチフェス2017」ならビーチ…

  5. これぞ原始的アウトドア! 長野の自然と縄文文化を体験できる親子イ…

新着記事

PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.