× CLOSE

【宮崎県小林市】宮崎牛に地鶏、野菜に果物……食材が豊かで安い/vol.3

前回の記事はこちら>>

前々回は水の街について、前回はアウトドアフィールドについてまとめたが、今回は小林市の食の豊かさについてまとめる。これまたポテンシャルを感じるのであった。

新鮮野菜が安く手に入る!

小林市の人口は4万5000人ほど。宮崎県全26市町村中、6位の規模だ。チェーンのスーパーやホームセンターなどもあり、買い物に不便は感じない。田舎すぎず、都会すぎず、いわゆる一般的な地方都市を思い浮かべていただきたい。しかし、行ってみていろいろな食材を見たが、どれもこれもレベルが高いのだ。

20170401_tokoro_kobayashi_001

街中にあったJAの直売所に行ってみた。

20170401_tokoro_kobayashi_002

新鮮な野菜が豊富だ。葉物、根菜、果菜がところ狭しと並んでいる。

20170331_tokoro_kobayashi_043

春の野菜、新玉ねぎを見つけた。この時期は大好きで東京(筆者の在住地)でもよく買うのだが値段に驚いた。葉付きの大ぶりな2玉で150円。思わず2袋も買ってしまった。ほかにも菜の花も片手で持てないような量が80円と野菜が安い。よく移住された方々から、「移住したら食費がグンと下がって、都会よりもずっとおいしいものを食べられるようなった」と聞いていたが、その通りだなと実感した。

20170331_tokoro_kobayashi_042

都会ではあまりお目にかからないご当地野菜に出会えるのも地方の魅力だ。こんなに立派な桜島大根を見つけたが、このサイズで120円と驚く安さだ。

20170331_tokoro_kobayashi_041

こちらは黄色いにんじん。初めて見たが、にんじんくささがなく、サラダなど生食に向いているとか。

20170331_tokoro_kobayashi_044

「アイコ」という種類のミニトマト。食べてみて、またまた驚いた。本当に甘い。「アイコ」は長卵形が特徴で、果肉がしっかりしていて、中のゼリーは少なめ、酸味が少なく甘みが強いトマトだそうだ。野菜というよりはフルーツを食べているような味わいだった。サラダにもいいし、ジャムなどにしてもおいしいと思う。

小林市の特産の野菜というと、ほかにはさといも、きゅうり、ビーマン、京いも(さといもの一種)が有名だ。果実も年中、いろいろな種類が出回っている。宮崎名物となった完熟マンゴーに始まり、メロン、梨、ぶどう、いちご、完熟きんかんなどがある。

IMG_5636

宮崎県はきんかん出荷量日本一。ブランド名は「たまたま」(!)。やっぱり攻める姿勢は宮崎県民の気質なのだろうか

次ページ:野菜や果実以外もおいしいものがいっぱい!

1

2 3 4 NEXT ≫

  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

関連記事

  1. 高知県大豊町移住ライフ・宿泊施設<みどりの時計台>運営/野田さん…

  2. 「いつかは葉山へ」 そんなキーワードがテーマとなったフォトフェス…

  3. アウトドア天国の高知県は移住相談者全国2位! まずは相談会へGO…

  4. 移住者数No.1を誇る静岡県小山町の謎に迫る! 富士の麓のミステ…

  5. 舞台は不思議の国、Takehaland(タケハランド)。広島県竹…

おすすめ記事

  1. VRでシーバス釣りを疑似体験! 360度に広がる東京湾の大海原で…

  2. いよいよ海のシーズン! HELLY HANSENとコラボした海の…

  3. 埼玉県初となるアウトドアフィットネスクラブ「cocoon ath…

  4. トレイルランニングなどアクティビティも充実! 長野オリンピック聖…

  5. 7月8、9日の期間限定コラボワークショップ「オリジナルブレンドで…

新着記事

PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.