× CLOSE

【宮崎県小林市】移住したら子どもとソト遊びしたくなるプレイスポット/vol.4

前回の記事はこちら>>

vol.1では水の街について、vol.2ではアウトドアフィールドについて、vol.3では食の豊かさについてまとめたが、今回は子どもが喜ぶソト遊びスポットを紹介する。公園や無料の施設など、子どもと遊ぶ場所には困らないのが小林市なのだ。

無料で1日遊べる小林市の遊園地「のじりこぴあ」

20170331_tokoro_kobayashi_057

小林市の野尻地区にあるのが「のじりこぴあ」だ。「子どもをのびのびした環境で育てたい」と移住をする人は多いが、「のじりこぴあ」は持ってこいの施設といえる。

20170331_tokoro_kobayashi_063

無料で遊べる遊具が豊富なのが最大の魅力だ。すべり台やシーソーといった遊具から、巨大なアスレチック遊具に、ターザンロープ、竹馬、輪投げ、ストラックアウトなど、さまざまな遊具や遊戯施設があり、市内だけでなく、市外からも多くの子ども連れが集まってくる。

園内中央のアスレチック。ジャングルジムやローラーすべり台など、さまざまな要素が組み合わさった遊具だ。

20170331_tokoro_kobayashi_069

手作り感あふれるストラックアウト。園内(と言っても囲われているわけではない)の遊具はけっこうDIY感が強い。

20170331_tokoro_kobayashi_067

バスケットもできる。

20170331_tokoro_kobayashi_066

普通のゴールより、随分と高い位置に設置されていた。ダンクするのはおそらく不可能だ

遊具はかなりの種類が設置されている。

20170331_tokoro_kobayashi_064

ぶ、豚さんかな? 緑色が斬新だ

足つぼを刺激する遊具を発見。「のじりこぴあ」、なんでもありだ。恐るべし。

20170331_tokoro_kobayashi_061

子どもは痛がるのだろうか。体が疲れている大人向けの遊具かな?

ほかにも、昔の遊びコーナーがあって、コマや竹馬なども楽しめる。

次ページ:「のじりこぴあ」はまだまだ魅力いっぱい

1

2 3 4 NEXT ≫

  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

関連記事

  1. 高知県大豊町移住ライフ・宿泊施設<みどりの時計台>運営/野田さん…

  2. 自然×地方×婚活で絶景ウェディング!? いま地方ブライダルが話題…

  3. 餃子で仕事作り! 熊本県錦町×肉汁餃子製作所ダンダダン酒場の地方…

  4. 沖縄県宮古島移住ライフ・ヨガインストラクター/三嶋梨乃さん3

  5. Uターン者、I ターン者続々! 移住定住希望者を惹きつける高知の…

おすすめ記事

  1. VRでシーバス釣りを疑似体験! 360度に広がる東京湾の大海原で…

  2. いよいよ海のシーズン! HELLY HANSENとコラボした海の…

  3. 埼玉県初となるアウトドアフィットネスクラブ「cocoon ath…

  4. トレイルランニングなどアクティビティも充実! 長野オリンピック聖…

  5. 7月8、9日の期間限定コラボワークショップ「オリジナルブレンドで…

新着記事

PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.