× CLOSE

20170401_tokoro_kobayashi_015

【宮崎県小林市】移住したら子どもとソト遊びしたくなるプレイスポット/vol.4

前回の記事はこちら>>

vol.1では水の街について、vol.2ではアウトドアフィールドについて、vol.3では食の豊かさについてまとめたが、今回は子どもが喜ぶソト遊びスポットを紹介する。公園や無料の施設など、子どもと遊ぶ場所には困らないのが小林市なのだ。

無料で1日遊べる小林市の遊園地「のじりこぴあ」

20170331_tokoro_kobayashi_057

小林市の野尻地区にあるのが「のじりこぴあ」だ。「子どもをのびのびした環境で育てたい」と移住をする人は多いが、「のじりこぴあ」は持ってこいの施設といえる。

20170331_tokoro_kobayashi_063

無料で遊べる遊具が豊富なのが最大の魅力だ。すべり台やシーソーといった遊具から、巨大なアスレチック遊具に、ターザンロープ、竹馬、輪投げ、ストラックアウトなど、さまざまな遊具や遊戯施設があり、市内だけでなく、市外からも多くの子ども連れが集まってくる。

園内中央のアスレチック。ジャングルジムやローラーすべり台など、さまざまな要素が組み合わさった遊具だ。

20170331_tokoro_kobayashi_069

手作り感あふれるストラックアウト。園内(と言っても囲われているわけではない)の遊具はけっこうDIY感が強い。

20170331_tokoro_kobayashi_067

バスケットもできる。

20170331_tokoro_kobayashi_066

普通のゴールより、随分と高い位置に設置されていた。ダンクするのはおそらく不可能だ

遊具はかなりの種類が設置されている。

20170331_tokoro_kobayashi_064

ぶ、豚さんかな? 緑色が斬新だ

足つぼを刺激する遊具を発見。「のじりこぴあ」、なんでもありだ。恐るべし。

20170331_tokoro_kobayashi_061

子どもは痛がるのだろうか。体が疲れている大人向けの遊具かな?

ほかにも、昔の遊びコーナーがあって、コマや竹馬なども楽しめる。

次ページ:「のじりこぴあ」はまだまだ魅力いっぱい

1

2 3 4 NEXT ≫
  • 20170401_tokoro_kobayashi_015
  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

関連記事

  1. 伝統的な漁船「サバニ」でカニ漁に出る。

    生まれ育った海と自然、生物と向き合うカニ漁師の蟹蔵さん:後編

  2. 090899cd56d2ecc7d7edea88620806af

    アウトドアで密かな人気の木製のぐい飲みを作れるワークショップ開催…

  3. 14033015caz

    移住者の声がリアルすぎる日光市の移住定住促進ムービー

  4. 20170313_tokoro_rikitake02_005

    【長崎県平戸市移住】若者が集まるハブを目指して海沿いにカフェをオ…

  5. 16120422caz1

    緑多いアウトドア生活、海ではサーフィンと多くを望むなら湘南へ移住…

おすすめ記事

  1. 17042818caz

    昨夏3万人以上が来場したアウトドアプールが早くもオープン!

  2. 17042815caz5

    今年のBBQはラテンスタイルがトレンド!

  3. 17042812caz1

    コールマンが提案する、外はもちろん部屋でも活躍のオシャレなキャン…

  4. 17042718caz1

    BBQ付き! 田植え体験を大分で開催!

  5. 17042618caz

    フェスを楽しんだ上に、アウトドア料理のアイデアもいただき! 肉フ…

新着記事

  1. 17042818caz
  2. 17042815caz5
  3. 17042812caz1
  4. 20170426_tokoro_takao_022
  5. 17042718caz1
PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.