× CLOSE

高知県黒潮町移住ライフ・サーフスクール/ブルース&潤・ディロンさん 夫妻 4

>>前回の記事はこちら

いままでやってなかったことで、移住してからはじめたことってありますか?

「ブリズベンのシティボーイだったから、田舎の暮らしはあまり知らなかった。こっち来て、畑をするのも当たり前になった。最初からはやってないけど・・・。

この辺に住んでる友だちは、みんな畑を作るから。

自分で作らなきゃ、ハラペーニョとかもないし」

17041018caz6

画像提供:幡多サーフ道場

日本人にとって醤油は欠かせないように、ブルースさんにとって刺激のある辛さのもととなるハラペーニョは、食卓必需品だったようだ。

「オーガニックでハラペーニョを育てて、それでピクルスを作って、瓶詰めにして『ハタペーニョ』って名前で、ちょっとだけ売ってるんです」

そう言って潤さんがボトルを手渡してくれた。

1

2 3 NEXT ≫

  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

関連記事

  1. 【長崎県平戸市移住】若者が集まるハブを目指して海沿いにカフェをオ…

  2. 移住して結婚したくなる街、奈良県生駒市! 新婚気分がずっと続くか…

  3. オーガニック自然食品店の〈ナチュラルストア アサナ〉はブラウンズ…

  4. スノーピーク×住宅会社 屋上アウトドアキッチンで”ソトメシ”ライ…

  5. 「いつかは葉山へ」 そんなキーワードがテーマとなったフォトフェス…

おすすめ記事

  1. VRでシーバス釣りを疑似体験! 360度に広がる東京湾の大海原で…

  2. いよいよ海のシーズン! HELLY HANSENとコラボした海の…

  3. 埼玉県初となるアウトドアフィットネスクラブ「cocoon ath…

  4. トレイルランニングなどアクティビティも充実! 長野オリンピック聖…

  5. 7月8、9日の期間限定コラボワークショップ「オリジナルブレンドで…

新着記事

PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.