× CLOSE

無印良品キャンプ場の原動力はなんだ? 担当者インタビュー(前編)

実は20年以上もキャンプ場を運営している無印良品

1995年の誕生以来、人気の高さで知られるのが無印良品キャンプ場だ。一般的なキャンプ場とはかなり異なるアプローチをしているのは、”感じ良いくらし”を提案する「無印良品」ブランドの一部だからであろう。無印良品キャンプ場のほかにない理念について、キャンプ場事業をマネジメントしている担当の石川雅人さんに話を聞いた。

画像:無印良品

画像:無印良品

プロフィール:石川雅人さん/良品計画 広報
1970年生まれ。神奈川県出身 (株)良品計画キャンプ担当所属。無印良品キャンプ場の企画・開発・運営および各種アウトドアイベントの企画営業を主に担当している。シーズンを問わず津南、南乗鞍、嬬恋と3つのキャンプ場に出没中。

無印良品のミニマリズムは世界でも評価

無印良品。1980年に日本で生まれたこのブランドはいまでは世界各地で展開されるミニマリズムを象徴する存在になっている。

生活雑貨、食品、衣料、家具、住宅と非常に多岐にわたるジャンルを網羅し、成功したブランドは世界的にも稀有と言えるだろう。

彼らの原則は「素材の選択」「工程の見直し」「包装の簡略化」の3つ。製品はとてもシンプルで、ホームページによれば「『空っぽの器』のようなもの。

単純であり空白であるからこそ、あらゆる人々の思いを受け入れられる究極の自在性がそこに生まれます」と書かれてある。

キャンプブームが徐々に縮小する中で

muji_minaminorikura

南乗鞍キャンプ場の様子 画像:無印良品

無印良品キャンプ場は、1995年津南(新潟県)、次いで1996年に南乗鞍(岐阜県)が開業。ともにオートキャンプブーム真っただ中に開業されたキャンプ場である。石川さんの入社は1996年。南乗鞍のオープニングスタッフとしての採用だった。

「開業当時、衣食住を提案した無印良品が、次に人には余暇が必要であろうと考えたようです。余暇を無印良品の視点で解釈すると自然が対象となって、キャンプに結びついたのだと思います」(以下、すべて石川さん)

キャンプ場の料金は当時も今も1区画に対して設定されているのが普通だが、無印良品は一人いくらの利用料設定を打ち出した。

つまり、1人で来場しても、5人で来場しても一人当たりの料金は同じなのだ。

「誰にでも公平な料金設定ですが、おそらく創業時のキャンプビジネスに対するアンチテーゼだったのではないでしょうか。キャンプは少人数でも大人数でも楽しめるべきもので、キャンプ場の楽しみ方は使う人の自由。無印良品キャンプ場の考え方なら人数に関係なく同じ料金で使用いただけます」

開業から20年以上を経たが基本姿勢は変わらずに、時代とともによりよい方向を目指し続けている。そんな無印良品キャンプ場が発行しているのがリーフレット『外あそび』だ。

muji02

『外あそび』はリーフレットのほか、無印良品キャンプ場のHP上でも公開されている https://www.muji.net/camp/sotoasobi/

『外あそび』は年に二回発行され、特集を組んで4つのコラムを掲載する30数ページの小冊子。誌面はさまざまな外での時間の過ごし方を、幅広いジャンルの人たちへの取材を基に構成されている。無印良品キャンプ場を担当する石川雅人さんに『外あそび』誕生の経緯から聞いてみた。

「開業からほどなく2000年に向かうころ、キャンプ業界全体が下降線を辿りました※1。そこで私たちはキーワードとして『アウトドア』は敷居が高いと考え始めたのです。キャンプは家族総出の一大プロジェクトであり、一年に一度行ければよいというイメージでしたから」

※1 オートキャンプ参加人口は1996年の1580万人をピークに、2008年の705万人で底を打つまで減少を続けた。出典:オートキャンプ白書(日本オートキャンプ協会 発行)

1

2 3 NEXT ≫

  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

関連記事

  1. 知ってるようで知らない寝袋のこと、世界一と名高いNANGAに聞い…

  2. 知ってるようで知らない寝袋のこと、世界一と名高いNANGAに聞い…

  3. 無印良品キャンプ場の原動力はなんだ? 担当者インタビュー(後編)…

  4. 高知県大豊町移住ライフ・宿泊施設<みどりの時計台>運営/野田さん…

  5. 高知県大豊町移住ライフ・宿泊施設<みどりの時計台>運営/野田さん…

おすすめ記事

  1. 知ってるようで知らない寝袋のこと、世界一と名高いNANGAに聞い…

  2. 移住への近道!現地を体感!「第2回おかやま移住候補地体感ツアー」…

  3. ジビエを通して行う大人のための食育「命と食を学ぶ狩猟体験ツアー」…

  4. 知ってるようで知らない寝袋のこと、世界一と名高いNANGAに聞い…

  5. 夏と言ったらサマーフェス? いいえ、やっぱり夏祭りでしょう! …

新着記事

PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.