× CLOSE

長崎・五島列島移住/地域とかかわるうえで正義の押しつけはNG vol.3

移住後の仕事についてまとめたvol.2はこちらから

福岡でサラリーマンをしていた隈本耕一郎さん。2015年5月に長崎県五島市の福江島に移住してきてアウトドアガイドとタコスの移動販売をしています。3回目となる今回は、福江島での日々の暮らしぶりや、地域の方達との交流について聞きしました。


僕の暮らしは“腰掛けIターン”

20170420_goto_tokoro_012

福岡から五島列島の福江島にやってきて、ふだんはアウトドアガイドやタコスの移動販売、ときどき農家の手伝いをして、冬になると福岡の久留米へ酒造りに行く生活サイクル。このように、隈本さんには縁のある地域が複数ある。

「僕の場合は、ガッツリIターンというより、言い方は悪いですけど“腰掛けIターン”という感じ。夏場は海で仕事して、冬場は酒蔵に行ってという働き方。こういうのもひとつの生き方としていいのかなと思います」

隈本さんのように、移住するからといって、移住先の土地だけに留まらなくてもいいのかもしれない。複数の地域に拠点を持って、自由に動きながら暮らすのも面白そうだ。

福岡に比べて大きささはないけど、福江島にはモノがない楽しさがある

以前、暮らしていた福岡市は日本のなかでも指折りの大都会。島に移住して来て、街のよかったところ、悪かったところを感じることはあるのだろうか。

「大きい差はありません。正直、福江島じゃないといけないこともない。福岡にも自然はあるし、便利。でも唯一、福江島のほうがモノがないので、モノがない楽しさがあります。すべてが貨幣でのやり取りではないです。福岡という街は東京ほどではないけど、そこそこ人も多いから、たとえ人間関係でぎくしゃくしても次にいける。でも、ここはそういうわけにはいかない。『この人、もういいよ』って思っても、その相手にはグループがあって、必ずどこかでかかわっていかなければいけないんです。そこは面倒くさい反面、つながりがあれば、食べ物のようにもらいものもある」

20170420_goto_sumimoto_004

1

2 3 4 5 NEXT ≫

  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

関連記事

  1. 旅好きならご存知のエアビーアンドビーのような、移住がもっと身近に…

  2. DIYエントリークラス最短・最軽量水準の「ブラック・アンド・デッ…

  3. 【静岡県川根本町vol.3】トレラン、渓流、お茶、ゆず…豊かな自…

  4. 長崎県佐々町と岐阜県白川町が主役! 移住・定住を促進する動画とド…

  5. アウトドアで密かな人気の木製のぐい飲みを作れるワークショップ開催…

おすすめ記事

  1. 採れたて野菜食べ比べや大自然の中でのワークショップも! 『親子で…

  2. 都心にあるグランピング風の会場で夏フェス仲間を探そう! AMIP…

  3. アウトドアはもちろん家でもワクワクが止まらない、持ち運びラクラク…

  4. 水着で楽しめる夏フェス「りんくうビーチフェス2017」ならビーチ…

  5. これぞ原始的アウトドア! 長野の自然と縄文文化を体験できる親子イ…

新着記事

PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.