× CLOSE

長崎・五島列島移住/僕らがやることに初年度があったっていいやん vol.4

福江島での暮らしぶり、地域コミュニティへの入り方についてまとめたvol.3はこちらから

隈本耕一郎さんは2015年5月に福岡から夫婦で長崎県五島市の福江島に移住してきました。仕事はアウトドアガイドとタコスの移動販売がメインで、冬になると久留米に酒造りに出かけます。4回目となる今回は、福江島を盛り上げるためのアイデアについて聞きしました。


福江島の杜氏集団を復活させたい

20170420_goto_tokoro_013

カヌーやSUPなどアウトドアのガイドとタコスの移動販売をして、冬になると久留米の酒蔵へ3〜4ヶ月間へ働きにいっている隈本さん。自身の移住スタイルについて「”腰掛けIターン”のような感じ」と言う。しかし、そんな隈本さんだからこそひらめいたアイデアもある。

「働いている久留米の酒蔵の人に聞いたんですけど、昔、五島列島には杜氏集団がいたみたい。農閑期で漁にも出られない地区の長が杜氏となって、島の若手を10人くらい連れて酒蔵に行っていたそうです。これを、ゆくゆく復活できたら面白いと思ったんです」

将来の展望について話す隈本さんはワクワクしっぱなしだ。

ほかにもアイデアは次々と出てくる。移住を検討している人には自身の“腰掛けIターン”スタイルをすすめる。

「働き方は人それぞれだけど、例えば2か月だけ五島にいるという形でもいいんじゃないかな。役所の認可が降りるかは別として、受け入れる側としては、田舎には空き家はいっぱいあるのでそこを貸せばいいと思うんですよ。実際には、荷物を置いてあるから貸し出せないとか、事情はあるみたいですけど、それなら荷物を預けるトランクルームみたいなものを作って荷物はそこに移してしまえばいい」

家は人がいなくなると急に荒れ出すともいう。住宅のメンテナンスという意味でも有効なアイデアに思える。

1

2 3 4 NEXT ≫

  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

関連記事

  1. 自然×地方×婚活で絶景ウェディング!? いま地方ブライダルが話題…

  2. 移住メンバーが京都・和束町に新規オープンしたカフェで、サイクリス…

  3. 移住してみたくなる素敵な街「四街道」のドラマチックなプロジェクト…

  4. 移住への近道! 現地を体感!「第1回おかやま移住候補地体感ツアー…

  5. ワークショップ感覚で楽しむ食のDIY!  国産果実で作る果実酒や…

おすすめ記事

  1. 採れたて野菜食べ比べや大自然の中でのワークショップも! 『親子で…

  2. 都心にあるグランピング風の会場で夏フェス仲間を探そう! AMIP…

  3. アウトドアはもちろん家でもワクワクが止まらない、持ち運びラクラク…

  4. 水着で楽しめる夏フェス「りんくうビーチフェス2017」ならビーチ…

  5. これぞ原始的アウトドア! 長野の自然と縄文文化を体験できる親子イ…

新着記事

PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.