× CLOSE

福井県大野市移住連載1/尼さんになりたかったヨガインストラクター vol.1

”水の町”にやってきたヨガインストラクター

“水の町”として名高い福井県大野市。県内の市町で最大の面積を誇り、福井県東部に位置している。四方を山に囲まれた盆地で、特別豪雪地帯にも指定されている雪深い地域だ。

そんな大野市に移住してきた斉藤アイさん(35歳)。岡山県で生まれ育ち、高校を卒業し上京。ミュージカル女優として活動するかたわらヨガと出会い、ヨガインスタラクターの道へ。一時期、沖縄での生活を経験したあと、ふたたび東京で生活。2012年に結婚を機に福井県大野市に移住した。

「東京から沖縄に行ったり、福井に移住したり、変化が好き。たぶん変化しているほうが自分が安定するんだと思います。だから移住にしてもそれほど不安はありませんでした」

移住の経緯は? 尼さんになりたくて大野市を訪れた?

「大野市に友達が住んでいたので、初めはその子のところに遊びに来たんです。正直、福井って北陸のどこにあるのかもわかっていなかったくらい」

当時、東京でヨガインスタラクターとして多忙な日々を送っていたアイさん。休みが月に2日ほど。

「ありがたいことにヨガの仕事がものすごく入ってくるようになり、月に2日くらいしか休日がありませんでした。それで、その2日間をどういうふうに過ごそうかなって思ったときに、漠然と田舎に行きたい!って思うようになったんです。ヨガつながりで知り合った友達が福井にいるし、その子とは将来の話とか、深い話をする仲でもあったので、ちょっと行ってみようかなと」

移住なんてこれっぽっちも頭になかった。ただの気分転換のための旅行だった。沖縄時代に知り合った友達が大野市の方と結婚して暮らしていた。2011年9月、友達を訪ねて初めて大野市へ。

「当時はちょっと思い詰めている部分があったんです。東京とか人付き合いとか、少し疲れていて、現実逃避じゃないですけど、都会を離れたいと思う部分も出てきたんです。それで、当時は移住なんて本気で考えていなくて、とにかくヨガがしたかったんです。

一生ヨガを続けられる道は何かなって考えたときに、禅の道はヨガと通じるところあるなと思い至りました。それで、尼さんになったら毎日ヨガできると思い込んでしまったんです。冷静に思い返すと、尼さんでヨガやっている人っていないですけどね(笑)」

1

2 3 NEXT ≫

  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

関連記事

  1. オーガニック自然食品店の〈ナチュラルストア アサナ〉はブラウンズ…

  2. 「いつかは葉山へ」 そんなキーワードがテーマとなったフォトフェス…

  3. 鳥羽って真面目な人が多いんだろうなあって、薄々感づいちゃう移住応…

  4. 【長崎県平戸市移住】釣り好きの青年が3.11を機に地元を盛り上げ…

  5. 高知県黒潮町移住ライフ・サーフスクール/ブルース&潤・ディロンさ…

おすすめ記事

  1. 高知県大豊町移住ライフ・宿泊施設<みどりの時計台>運営/野田さん…

  2. FOREST KITCHEN with Outdoor Livi…

  3. 高知県大豊町移住ライフ・宿泊施設<みどりの時計台>運営/野田さん…

  4. 高知県大豊町移住ライフ・宿泊施設<みどりの時計台>運営/野田さん…

  5. 高知県大豊町移住ライフ・宿泊施設<みどりの時計台>運営/野田さん…

新着記事

PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.