× CLOSE

福井県大野市移住連載1/尼さんになりたかったヨガインストラクター vol.1

”水の町”にやってきたヨガインストラクター

“水の町”として名高い福井県大野市。県内の市町で最大の面積を誇り、福井県東部に位置している。四方を山に囲まれた盆地で、特別豪雪地帯にも指定されている雪深い地域だ。

そんな大野市に移住してきた斉藤アイさん(35歳)。岡山県で生まれ育ち、高校を卒業し上京。ミュージカル女優として活動するかたわらヨガと出会い、ヨガインスタラクターの道へ。一時期、沖縄での生活を経験したあと、ふたたび東京で生活。2012年に結婚を機に福井県大野市に移住した。

「東京から沖縄に行ったり、福井に移住したり、変化が好き。たぶん変化しているほうが自分が安定するんだと思います。だから移住にしてもそれほど不安はありませんでした」

移住の経緯は? 尼さんになりたくて大野市を訪れた?

「大野市に友達が住んでいたので、初めはその子のところに遊びに来たんです。正直、福井って北陸のどこにあるのかもわかっていなかったくらい」

当時、東京でヨガインスタラクターとして多忙な日々を送っていたアイさん。休みが月に2日ほど。

「ありがたいことにヨガの仕事がものすごく入ってくるようになり、月に2日くらいしか休日がありませんでした。それで、その2日間をどういうふうに過ごそうかなって思ったときに、漠然と田舎に行きたい!って思うようになったんです。ヨガつながりで知り合った友達が福井にいるし、その子とは将来の話とか、深い話をする仲でもあったので、ちょっと行ってみようかなと」

移住なんてこれっぽっちも頭になかった。ただの気分転換のための旅行だった。沖縄時代に知り合った友達が大野市の方と結婚して暮らしていた。2011年9月、友達を訪ねて初めて大野市へ。

「当時はちょっと思い詰めている部分があったんです。東京とか人付き合いとか、少し疲れていて、現実逃避じゃないですけど、都会を離れたいと思う部分も出てきたんです。それで、当時は移住なんて本気で考えていなくて、とにかくヨガがしたかったんです。

一生ヨガを続けられる道は何かなって考えたときに、禅の道はヨガと通じるところあるなと思い至りました。それで、尼さんになったら毎日ヨガできると思い込んでしまったんです。冷静に思い返すと、尼さんでヨガやっている人っていないですけどね(笑)」

1

2 3 NEXT ≫

  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

関連記事

  1. アウトドア好きならきっと就きたい森林の仕事。集まれ!森林男子。森…

  2. 走ったら住みたくなる!? 魅力ある町を走り抜く富山マラソンエン…

  3. キャンピングカーで移住先探しができるってよ in 長崎県 軽キャ…

  4. 長崎・壱岐で”島おこし”人材募集中 年収1200万円はまさかの市…

  5. オーガニック自然食品店の〈ナチュラルストア アサナ〉はブラウンズ…

おすすめ記事

  1. 採れたて野菜食べ比べや大自然の中でのワークショップも! 『親子で…

  2. 都心にあるグランピング風の会場で夏フェス仲間を探そう! AMIP…

  3. アウトドアはもちろん家でもワクワクが止まらない、持ち運びラクラク…

  4. 水着で楽しめる夏フェス「りんくうビーチフェス2017」ならビーチ…

  5. これぞ原始的アウトドア! 長野の自然と縄文文化を体験できる親子イ…

新着記事

PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.