× CLOSE

福井県大野市移住連載1/お坊さんと結婚してお寺暮らしがスタート vol.2

移住までの経緯をまとめたvol.1はこちら

福井県東部に位置する大野市は四方を山に囲まれた盆地で、特別豪雪地帯にも指定されている雪深い地域だ。雪解け水が豊富に湧き出すことから“水の町”として名高い。

そんな大野市に移住してきた斉藤アイさん(35歳)の移住物語。岡山県で生まれ育ち、高校を卒業し上京。ミュージカル女優として活動するかたわらヨガと出会い、ヨガインスタラクターの道へ。一時期、沖縄での生活を経験したあと、ふたたび東京で生活。2012年に大野市に移住してきた。

縁もゆかりもなかった福井県大野市

友達を訪ねてたまたま遊びに来た大野市。友達がボランティアをしていた宝慶寺の住職さんに「尼さんになりたい」と相談したところ、「尼さんもいいけど結婚する道もあるのでは?」と諭され、“いい人”をすすめられた。その”いい人”とはなんとお坊さん。

結婚を決め、大野市に移住してきたアイさんだが、縁もゆかりもない土地での生活はどうだったのだろうか。

「旦那さんは修行を終えて、宝慶寺で準役寮という役職についていたんです。彼も埼玉出身なので福井に縁は特にありませんでした。お坊さんになって福井で修行をしていたというだけ」

現在は宝慶寺と同じ大野市内にある光徳寺の住職をされている。

「今のお寺に縁があったわけではありません。光徳寺の前のご住職さんが倒れられて、跡継ぎがいなくて、跡継ぎを探していたようです。そのとき宝慶寺で修行していたのが旦那さん。修行経験も十分あって、年齢もちょうどよかったので、住職に推薦されたみたいです」

1

2 3 4 NEXT ≫

  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

関連記事

  1. 長崎・壱岐で”島おこし”人材募集中 年収1200万円はまさかの市…

  2. 自然×地方×婚活で絶景ウェディング!? いま地方ブライダルが話題…

  3. 非日常空間での企業合宿をするLocal Camp(ローカルキャン…

  4. 【長崎県平戸市 移住ライフvol.1】きっかけはUターンしていた…

  5. 福井県大野市移住連載1/尼さんになりたかったヨガインストラクター…

おすすめ記事

  1. 移住したばかりだからって、ひとりぼっちじゃない! 子育ても仕事も…

  2. 秋はアウトドアに最高の季節! だから知っておきたい日本気象協会「…

  3. 視覚的な盗難抑止効果と、自転車への優しさが向上したワイヤーロック…

  4. ランニングイベント×アウトドア映画祭!? 長野県白馬で「Runt…

  5. ブレードの長さ15cmのナイフに専用ケースをセットした『アウトド…

新着記事

PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.