× CLOSE

福井県大野市移住連載1/お坊さんと結婚してお寺暮らしがスタート vol.2

移住までの経緯をまとめたvol.1はこちら

福井県東部に位置する大野市は四方を山に囲まれた盆地で、特別豪雪地帯にも指定されている雪深い地域だ。雪解け水が豊富に湧き出すことから“水の町”として名高い。

そんな大野市に移住してきた斉藤アイさん(35歳)の移住物語。岡山県で生まれ育ち、高校を卒業し上京。ミュージカル女優として活動するかたわらヨガと出会い、ヨガインスタラクターの道へ。一時期、沖縄での生活を経験したあと、ふたたび東京で生活。2012年に大野市に移住してきた。

縁もゆかりもなかった福井県大野市

友達を訪ねてたまたま遊びに来た大野市。友達がボランティアをしていた宝慶寺の住職さんに「尼さんになりたい」と相談したところ、「尼さんもいいけど結婚する道もあるのでは?」と諭され、“いい人”をすすめられた。その”いい人”とはなんとお坊さん。

結婚を決め、大野市に移住してきたアイさんだが、縁もゆかりもない土地での生活はどうだったのだろうか。

「旦那さんは修行を終えて、宝慶寺で準役寮という役職についていたんです。彼も埼玉出身なので福井に縁は特にありませんでした。お坊さんになって福井で修行をしていたというだけ」

現在は宝慶寺と同じ大野市内にある光徳寺の住職をされている。

「今のお寺に縁があったわけではありません。光徳寺の前のご住職さんが倒れられて、跡継ぎがいなくて、跡継ぎを探していたようです。そのとき宝慶寺で修行していたのが旦那さん。修行経験も十分あって、年齢もちょうどよかったので、住職に推薦されたみたいです」

1

2 3 4 NEXT ≫

  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • 外遊びにはやっぱりスニーカー

    外遊びにはやっぱりスニーカー
  • テント選びに迷ったらチェック!

    テント選びに迷ったらチェック!

関連記事

  1. 長崎・壱岐で”島おこし”人材募集中 年収1200万円はまさかの市…

  2. 移住への近道! 現地を体感!「第1回おかやま移住候補地体感ツアー…

  3. 【長崎県平戸市移住】釣り好きの青年が3.11を機に地元を盛り上げ…

  4. 高知県大豊町移住ライフ・宿泊施設<みどりの時計台>運営/野田さん…

  5. 「アウトドアを楽しみながら、チームで仕事をしたい」「自然の中で1…

おすすめ記事

  1. ロードバイクも小径車も直立収納できる「バイシクルハンガー」にシッ…

  2. アウトドアリゾート「THE CHIKURA UMI BASE C…

  3. 2019年5月開催の「第3回Aso Round Trail」が1…

  4. ちょっと珍しいスイス発「On」のトレランシューズ「クラウドベンチ…

  5. 日本一のローカルスキー場「カムイスキーリンクス」が12月8日に、…

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.