× CLOSE

野営派ソロキャンパー向け「さすらいタープ」発売!

気の向くままに昼寝して、日が暮れたら焚き火を見つめて・・・

キャンプそのものを「野営」と呼ぶこともありますが、狭義では「テントを使わずに寝泊まりすること」を指します。

特に人気なのが、タープだけを張って過ごすワイルドなスタイル。 タープの前で焚き火を起こしたりバーナーで簡単な調理をしたりし、タープの下でコットなどを使って眠れば、「非日常感」がより高まります。

皆でワイワイと食事や団欒を楽しむファミリーやグループでのキャンプとはまた違った趣で、自然や自分自身と向き合う時間を持てることが野営の醍醐味です。

 

野営派ソロキャンパー向け「さすらいタープ」は設営動画も配信!

DOPPELGANGER OUTDOORⓇ(ドッペルギャンガーアウトドア)」から2017年5月15日に発売となった「さすらいタープ TT1-483」。

テントを使わずタープだけを張って寝泊まりをする「野営」派のソロキャンパー向けタープなのです。

そんな「さすらいタープ」の設営動画も配信されています。

「さすらいタープ」の特徴

「さすらいタープ」は、野営派キャンパーに向けたアイテム。 さすらいの旅人の行動を想定した特長を持っています。

1.気の向くままに昼寝

一人分のコットが収まるサイズ設計で、野営に対応。 生地はUVカットUPF50+と耐水圧1000mmを兼ね備え、厳しい日差しや万が一の降雨にも耐えうる仕様です。 素材はポリコットンで濃い影を作り出せるため、日中の昼寝にも最適です。

1

2 3 NEXT ≫

  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

関連記事

  1. 焚き火台にワンタッチテントが活躍 キャンプはグループ派? それと…

  2. 手軽すぎる!「Petromax(ペトロマックス)」ポータブル薪ス…

  3. SOTOレギュレーターストーブを男前にするアシストセットを試して…

  4. アウトドアギアを「触って」「試せる」イベントOutdoor Ge…

  5. 2017年アウトドア道具チラ見せ特集 その14/イワタニプリムス…

おすすめ記事

  1. 高知県大豊町移住ライフ・宿泊施設<みどりの時計台>運営/野田さん…

  2. FOREST KITCHEN with Outdoor Livi…

  3. 高知県大豊町移住ライフ・宿泊施設<みどりの時計台>運営/野田さん…

  4. 高知県大豊町移住ライフ・宿泊施設<みどりの時計台>運営/野田さん…

  5. 高知県大豊町移住ライフ・宿泊施設<みどりの時計台>運営/野田さん…

新着記事

PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.