× CLOSE

福井県大野市移住vol.1/Uターンして地元で野外フェスを企画し1万人を動員 

福井県大野市で地域に根ざして活動するデザイナー

水の街として知られている福井県大野市で、デザイナー・映像作家として活躍する「ホオズキ舎」長谷川和俊さん(33歳)。大野市で生まれ育ったあと、同じ県内の福井市、カナダ、アメリカで生活を経験し、現在はUターンで大野市に戻ってきて暮らしている。

今回の移住物語は、大野市をデザインの力で盛り上げようと奮闘している若者が主人公だ。

アメリカで受けた大きな刺激

長谷川さんは高校卒業後、父親が経営する会社に就職したものの、もっと外の世界を見たいと3年後に退職して大野市を出た。福井市であらためて就職して2年間働いたあと、カナダへ。帰国後は福井市のウェブ制作会社に入り、ウェブの勉強に励んだ。

その後、退職してアメリカへ渡り、ステイ先のフォトグラファーやデザイナーから大いに刺激を受ける。デザインや写真で楽しく自由に暮らす様子を見て、こんな暮らしもアリなんだとうれしくなったという。

大野市のポテンシャルに魅せられてUターン移住

「大野にはいいところがたくさんある。僕が大野にいる理由でいちばん大きいのは、素材が面白いから。デザイナー目線で大野市を見てみると、デザインされていないものがたくさんあります。デザインって言っても広い意味なのですが、ちょっとスポットライト当てれば、光るものがたくさんあるので、やりがいがあるし、伸びしろがめちゃくちゃあると思うんです。『次、何やろう』と日々考えているのが楽しいです」

帰国後、自身の拠点をどこにするか考えたところ、「大野以外は考えられなかった」という。

写真提供:長谷川さん

1

2 3 4 NEXT ≫

  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

関連記事

  1. 廃館を改装したオシャレな店舗、移住者スタッフも多い「キャピタル(…

  2. 都会でも自然を大切にしたい!「GOOD SUNDAY MARKE…

  3. 山で働く!馬と働く!「人馬が共に働く新たな里山づくり」

  4. DIYでこだわりとのギアといったら、ライカでしょ!『Leica …

  5. 石垣島でBBQしながら移住と婚活を実現?! ライフデザインパーテ…

おすすめ記事

  1. 採れたて野菜食べ比べや大自然の中でのワークショップも! 『親子で…

  2. 都心にあるグランピング風の会場で夏フェス仲間を探そう! AMIP…

  3. アウトドアはもちろん家でもワクワクが止まらない、持ち運びラクラク…

  4. 水着で楽しめる夏フェス「りんくうビーチフェス2017」ならビーチ…

  5. これぞ原始的アウトドア! 長野の自然と縄文文化を体験できる親子イ…

新着記事

PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.