× CLOSE

福井県大野市移住vol.2/郊外の土着的な暮らしぶりを守っていきたい

前回の記事はこちら>>

福井県大野市にUターン移住をして、現在はデザイナー・映像作家として活動をしている「ホオズキ舎」長谷川和俊さん(33歳)。今回は、仕事のこと、大野市の持つポテンシャルのこと、大野市の自然について話を聞いた。

大野市でデザインで食べていこうと決意

フェスカルチャーやアウトドアが好きだったことから、地元・大野で野外フェスを企画。2010年、2011年と開催し、2回目では1万人以上の動員を集めた。野外フェスの企画をしている合間にも、細々とではあるがデザインの仕事は引き受けていた長谷川さん。フェスの企画立案、運営まで必死で活動した結果、フェスへのモチベーションは燃え尽きてしまった。しかし、“大野市のために何かしたい!”という思いは消えずに持ち続けていた。

そこで27歳のとき、「大野市でデザインで食べていこう」と決意し、フェスで培った人脈から仕事をもらい、デザイナーとして活動を本格化させた。デザインとひと口に言っても仕事は多岐に渡る。映像とデザインが主だが、フリーペーパーの発行、コミュニティスペースの運営、大野市のドキュメンタリー映像やイベント映像、結婚式のプロデュースなども行っている。

デザインの力で隠れた魅力にスポットライトを当てる

そして29歳のときに事務所「ホオズキ舎」を立ち上げた。大野市のUターン促進プロジェクトのひとつであるウェブサイト『大野大人図鑑』で事務所名の由来を次のように語っている。

「ホオズキは英語で“lantern plant”。明かりを灯す、暗闇を照らすランタン。僕にとってのデザインは“照らす”ことです。すぐそこに素敵なものがあるのに、闇にまぎれて誰も気づかない。自分のデザインやアイデアの力で、そんなものたちにスポットライトを当てられるような存在になろう。そして人の心にも、ポッとあたたかい光を灯していこう。そんな想いで、この名前にしました」

事務所も自身の手でリノベーションした。元は喫茶店だったそうだが、空き家となり選挙事務所などでも使われていた物件だという。

写真提供:長谷川さん

「半年間ほど物件を探していて、人づてに紹介してもらいました。ここを見た瞬間に『ここだ!』と決めました。作りが変わっていて面白かったんです。梁はそのままですが、床やカウンターは全部手作り。改装は大変で、全部自分たちだけでやったので半年くらいかかりました」

事務所の棚にはお酒のボトルがズラリと並ぶ。

「お酒好きなんです。『こんなところで仕事できるんか?』ってよく言われますね(笑)。たまに友達が来て、バーみたいになることも」

1

2 3 4 5 NEXT ≫

  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

関連記事

  1. 【北海道幌加内町】まるで北欧!? 日本一寒い朱鞠内湖でワカサギ釣…

  2. 海近物件で外房サーファーをサポートする波乗不動産(前編)

  3. 地方移住のための情報が集まる“移住カフェ”「temusubi」っ…

  4. 長崎・五島列島移住/僕らがやることに初年度があったっていいやん …

  5. アウトドア気分になれる間伐材の丸太、角材、板をそのまま使う家具 …

おすすめ記事

  1. 採れたて野菜食べ比べや大自然の中でのワークショップも! 『親子で…

  2. 都心にあるグランピング風の会場で夏フェス仲間を探そう! AMIP…

  3. アウトドアはもちろん家でもワクワクが止まらない、持ち運びラクラク…

  4. 水着で楽しめる夏フェス「りんくうビーチフェス2017」ならビーチ…

  5. これぞ原始的アウトドア! 長野の自然と縄文文化を体験できる親子イ…

新着記事

PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.