× CLOSE

福井県大野市移住 vol.3/移住で大事なのは仕事でなく、どういう生き方をするか

前回の記事はこちら>>

福井県大野市で『ホオズキ舎』という事務所を立ち上げ、デザイナー、映像作家として活動する「ホオズキ舎」長谷川和俊さん(33歳)。大野市で生まれ育ち、その後、福井市、カナダ、アメリカで生活した後に大野に戻ってきたUターン組だ。

郊外の拠点では食をテーマに活動したい

ふるさと大野市のために何かしたいと、大野での田舎暮らしをフィーチャーしたフリーペーパー『STOCK』や、コミュニティスペース『SONOU』の運営をしている。

「1日のスケジュールは、9時くらいに動き出して、何もなければ事務所に行きます。でもけっこう取材や撮影が多いので、いろんなところで動いています。大野に限らず、地域のPR映像や企業のPV、音楽のアーティストのミュージックビデオとか。クライアントはさまざまですね。映像の仕事は大野市にはあまりなくて、インターネットで過去の映像を見てもらって、問い合わせが来るケースが多いです」

フリーペーパー『STOCK』では昔ながらのライフスタイルや習慣が垣間見られる大野市のなかでも郊外の暮らしにスポットを当てている。

「そういったものを発信していくにあたって、やはり自分も経験しないとダメだなって思って、畑も借りました。自給自足の暮らしにも憧れがあるんです」

郊外の暮らしをより深く知り、発信するために、市街地にある事務所やコミュニティスペース以外に、郊外に拠点を作っているという。

「大野市の蕨生(わらびょう)地区に仲間と空き家を1軒借りました。まずリノベーションをしてきれいにしてからですが、そこでは食をメインにした活動をしていこうと計画しています。畑で野菜を作ったり、地元の人たちと一緒に何かをしたいなと。街と郊外をリンクさせる拠点を目指しています。食をテーマとすると言っても、レストランを開くというより、イベントを通じて地元を巻き込んでいきたいと考えています。地元のおばあちゃんの野菜を使って、料理できる人を呼んでみんなで料理するとか」

写真提供;長谷川さん

1

2 3 4 NEXT ≫

  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

関連記事

  1. 沖縄県宮古島移住ライフ・地域づくりコンサルタント/中村良三さん3…

  2. 【長崎県平戸市 移住ライフvol.1】きっかけはUターンしていた…

  3. 移住×婚活!「地方で暮らす」選択肢を提案する「ミライカレッジ 飛…

  4. 移住・半農生活と高いハードルを望む前に、まずは「DCMブランド …

  5. 空き店舗の目立つ商店街が復活! 一日限りの商店街「いっぴんいち」…

おすすめ記事

  1. 採れたて野菜食べ比べや大自然の中でのワークショップも! 『親子で…

  2. 都心にあるグランピング風の会場で夏フェス仲間を探そう! AMIP…

  3. アウトドアはもちろん家でもワクワクが止まらない、持ち運びラクラク…

  4. 水着で楽しめる夏フェス「りんくうビーチフェス2017」ならビーチ…

  5. これぞ原始的アウトドア! 長野の自然と縄文文化を体験できる親子イ…

新着記事

PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.