× CLOSE

ビギナー必見! 雨のキャンプで役に立つテント&タープの設営テク

雨キャンプを快適にすごす方法とは?

たいていキャンプに行くと天気が荒れて、大雨でタープが倒れるなど、いつも大変な目にあいます。

雨男・・・・・・なんでしょうね。認めたくはないですが、これまで快晴のキャンプは2〜3回しかないので、認めざるを得なそうです。

つい先日も静岡県の朝霧高原にキャンプに行ったところ、麓の街までは晴れ間が見えていたのに、山のほうに上がって高原のキャンプ場に着くと大雨。

やはり雨男なようです。

そこで、雨キャンプのときに覚えておくと便利なテント&タープ設営時のポイントについて解説します。

同行したキャンプマスターに教えてもらったので、ぜひみなさんにもシェアしたいと思います。

 

雨天時のテント&タープ設営では水の逃げ道を作るべし!

今回は大型のドームテントを使って説明を進めます。

20160725_tokoro_raintent_001.jpeg

写真は入り口のシェード部分ですが、何もしないとこのように雨水が溜まってしまいます。うっかり油断していると、頭上から「ブシャ〜ッ!」っと溜まった雨水をかぶってしまうなんてことも。たるまないように生地をピンと張ってもどこかに溜まってしまうんですねぇ。この解決策は、ちゃんと逃げ道を作ってやること!

1

2 3 NEXT ≫

  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • 外遊びにはやっぱりスニーカー

    外遊びにはやっぱりスニーカー
  • テント選びに迷ったらチェック!

    テント選びに迷ったらチェック!

関連記事

  1. 都会の喧騒を離れ、アウトドアへと誘うルノー カジャー 発売!

  2. 「adidas TERREX × White Mountaine…

  3. こんな動きがエクササイズに!? 本格的キャンプシーズンがオフのあ…

  4. 農業でメンタルケア 自然を通じて癒される「田んぼセラピー」に注目…

  5. やっぱり面倒! ケルヒャーが「夏のアウトドアレジャー片付け事情」…

おすすめ記事

  1. 人気ランニングシューズ「ホカ オネオネ」からロード向けの新モデル…

  2. プラスチックごみ問題を考える「ポート・ジャーニー・プロジェクト …

  3. パタゴニアWorn Wearツアーついに日本上陸。1月26日から…

  4. ほぼほぼサバイバ?! アウトドア的体験プログラム「田舎でホワイト…

  5. MERRELLからベアフット構造を取り入れた「TRAIL GLO…

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.