× CLOSE

ビギナー必見! 雨のキャンプで役に立つテント&タープの設営テク

雨キャンプを快適にすごす方法とは?

たいていキャンプに行くと天気が荒れて、大雨でタープが倒れるなど、いつも大変な目にあいます。

雨男・・・・・・なんでしょうね。認めたくはないですが、これまで快晴のキャンプは2〜3回しかないので、認めざるを得なそうです。

つい先日も静岡県の朝霧高原にキャンプに行ったところ、麓の街までは晴れ間が見えていたのに、山のほうに上がって高原のキャンプ場に着くと大雨。

やはり雨男なようです。

そこで、雨キャンプのときに覚えておくと便利なテント&タープ設営時のポイントについて解説します。

同行したキャンプマスターに教えてもらったので、ぜひみなさんにもシェアしたいと思います。

 

雨天時のテント&タープ設営では水の逃げ道を作るべし!

今回は大型のドームテントを使って説明を進めます。

20160725_tokoro_raintent_001.jpeg

写真は入り口のシェード部分ですが、何もしないとこのように雨水が溜まってしまいます。うっかり油断していると、頭上から「ブシャ〜ッ!」っと溜まった雨水をかぶってしまうなんてことも。たるまないように生地をピンと張ってもどこかに溜まってしまうんですねぇ。この解決策は、ちゃんと逃げ道を作ってやること!

1

2 3 NEXT ≫

  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • 宮崎で素敵な暮らし方を見つけました

    宮崎で素敵な暮らし方を見つけました
  • テント選びに迷ったらチェック!

    テント選びに迷ったらチェック!

関連記事

  1. 冬でもアクティブにバイクラン! 女性専用・暗闇バイクエクササイズ…

  2. アウトドアアクティビティでリフレッシュ!おトクに周遊し放題できる…

  3. 氷上ワカサギ釣りの季節到来! 氷の上でも立てやすい、釣り用大型ワ…

  4. アウトドアで活躍するエクストリームコミュニケーションギアBONX…

  5. そろそろ水辺が恋しくなってきた?! MERRELL独自の新テク…

おすすめ記事

  1. 楽しいキャンプの行き帰り。クルマのタイヤは大丈夫ですか? 空気圧…

  2. アルミフレームで最軽量約8.8kgを実現! ルノーの16インチ変…

  3. ミルスペック準拠のINSTINCTがBEAMSによってオシャレに…

  4. 今が行きどき! 広島の絶景”穴場&王道”紅葉スポット3選

  5. 製品の世界観を表現した「THE NORTH FACE SUMMI…

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.