× CLOSE

ビギナー必見! 雨のキャンプで役に立つテント&タープの設営テク

雨キャンプを快適にすごす方法とは?

たいていキャンプに行くと天気が荒れて、大雨でタープが倒れるなど、いつも大変な目にあいます。

雨男・・・・・・なんでしょうね。認めたくはないですが、これまで快晴のキャンプは2〜3回しかないので、認めざるを得なそうです。

つい先日も静岡県の朝霧高原にキャンプに行ったところ、麓の街までは晴れ間が見えていたのに、山のほうに上がって高原のキャンプ場に着くと大雨。

やはり雨男なようです。

そこで、雨キャンプのときに覚えておくと便利なテント&タープ設営時のポイントについて解説します。

同行したキャンプマスターに教えてもらったので、ぜひみなさんにもシェアしたいと思います。

 

雨天時のテント&タープ設営では水の逃げ道を作るべし!

今回は大型のドームテントを使って説明を進めます。

20160725_tokoro_raintent_001.jpeg

写真は入り口のシェード部分ですが、何もしないとこのように雨水が溜まってしまいます。うっかり油断していると、頭上から「ブシャ〜ッ!」っと溜まった雨水をかぶってしまうなんてことも。たるまないように生地をピンと張ってもどこかに溜まってしまうんですねぇ。この解決策は、ちゃんと逃げ道を作ってやること!

1

2 3 NEXT ≫

  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • 宮崎で素敵な暮らし方を見つけました

    宮崎で素敵な暮らし方を見つけました
  • テント選びに迷ったらチェック!

    テント選びに迷ったらチェック!

関連記事

  1. イデベンチャー半端ないって! 用水路めっちゃ下るもん、そんなんで…

  2. 風呂敷構造で簡単パッキング。出し入れ・長さ調整可能な「ラップハン…

  3. サイクリストの新常識! つば付きor折りたたみで選べるカスク2種…

  4. ROXY SNOW PARKオープンを記念して、2018年1月1…

  5. 焚き火台があれば、いつでもどこでもアウトドアキッチン

おすすめ記事

  1. アウトドア使用で必須の防水機能搭載!パナソニックデジタルカメラ …

  2. 行楽の秋! アウトドアレジャーにオススメなフランスチーズを使った…

  3. 冬の自然の中で自分と向き合う 星のや富士の「感覚を呼び覚ます 脱…

  4. 強度・耐久性に優れた繊維素材CORDURA®と日本ブランドプロダ…

  5. 世界女子トッププロが集まるサーフィン国際大会white buff…

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.