× CLOSE

海近物件で外房サーファーをサポートする波乗不動産(前編)

サーフィン好きのライフスタイルをサポートする不動産業者

関東のサーファーの聖地のひとつが、千葉県の外房エリアだ。なかでも人気の高い長生郡一宮町にサーファーを対象に事業を行うユニークな不動産業者がある。その名も波乗不動産。

代表取締役を務める佐々木 真さんはメディアに登場したり、森田健作・千葉県知事とラジオ番組で対談をしたりしている人物である。今回は佐々木さんに地域、サーフィン、事業のかかわりについて取材をした。

Profile 佐々木 真さん

埼玉生まれの東京育ち。19歳で都心のディベロッパーに就職。在職中、会社の先輩からサーフィンの面白さを教わったのをきっかけに、サーフィンにのめり込む。22歳で退社し、都心と千葉を行き来するほか、各地のサーフタウンを巡る。2007年、千葉県一宮町に波乗不動産を運営するバンブリックを創業し、2012年に波乗不動産をスタートする。

現在、波乗不動産では、賃貸から売買、設計・施工、さらにはバケーションレンタルまで、“海や自然の中での住まい”をサポートしている。

波乗不動産ホームページ http://www.naminori-jpn.com/

−波乗不動産というだけあって、ご自身もサーファーなんですね。サーフ歴は長いんですか?

「高校生くらいのころに少し取り組みましたが、そのときはあまりハマらず、むしろスケボーやサッカーに夢中でした。その後、19歳で就職した会社にサーファーの先輩がいて、面白さを教えてもらいました。20歳くらいのころだったと思います。大人になって都会で働いていて疲れる毎日でしたから、休日の海がとても心地よかったですね。サーフィンがとても楽しいと思えました。なにしろ、当時の仕事は営業で、お酒の場も多くてストレスで胃潰瘍になってしまいましたから」

−最初から九十九里界隈でサーフィンを?

「当時は湘南です。自分がステップアップしていくと、いろいろなことが見えてきました。湘南だと波の当たりはずれもあり、21歳のころに千葉のこのエリアへ来るようになったのです」

国道128号線沿いに建つ波乗不動産。一階はコーヒーショップになっている。

1

2 3 NEXT ≫

  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

関連記事

  1. Uターン者、I ターン者続々! 移住定住希望者を惹きつける高知の…

  2. 広島へ移住を考えている人に朗報な広島限定空き家情報!

  3. 離島やへき地で暮らしやすくなる?! ハイブリッド無人物流システム…

  4. オーガニック自然食品店の〈ナチュラルストア アサナ〉はブラウンズ…

  5. 福井県大野市移住連載1/ヨガと大野の自然はすごく合っている vo…

おすすめ記事

  1. この秋は、馬に乗ってトレッキングがしたい! 「絶景紅葉乗馬」をリ…

  2. ビールとヨガなんて一番縁遠い存在でしょ(笑)!日本初、ビアガーデ…

  3. 日常生活から離れ、新しい場所で、新しい体験をするTRUE NAT…

  4. 富士山のパワーをあびて心と体、自然のリズムを取り戻す“ライズ 健…

  5. インスタ映え間違いなしのビッグイベント!「肉フェス TOKYO …

新着記事

PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.