× CLOSE

海近物件で外房サーファーをサポートする波乗不動産(後編)

前編はコチラ>>

外房で海があるライフスタイルに適した物件をプロデュース

関東のサーフポイントとして人気の高い千葉県一宮町で、サーファーを対象に不動産の提案を提案している波乗不動産。その代表取締役を務めるのが佐々木 真さんだ。後編では佐々木さんに東日本大震災以降の心境と仕事の変化について話を聞いた。

東日本大震災が転機 あらためてサーファーにフォーカスしたサービスを

現在、波乗不動産の1階はカフェになっているが、当時は1階をオフィスとして貸出し、2階でウェブクリエイターとともに仕事をしていたのだ。参考にしたいのは佐々木さんの働き方。ずっと2階の事務所で来客を待つのではなく、アポイント制にすることで、興味のあったフレックスな働き方に上手に移行したそうだ。

さらに、プロジェクトが舞い込むなか、佐々木さんはR不動産とともに立ち上げた房総R不動産の代表を3年務めていた。R不動産は、ウェブを通じてユニークな不動産を紹介することで知られており、東京を皮切りに日本各地にネットワークを広げている。

波乗不動産1階のコーヒーショップ。サーファー以外にも近所のお馴染みさんが、訪れるアットホームな雰囲気が魅力だ。

順風満帆に思えた矢先、東日本大震災が発生した。このとき、佐々木さんは雑誌『ソトコト』に取材されるなど、エコやサスティナブルといった時代のキーワードを切り口にした不動産事業に一宮エリアで取り組み始めたばかり。

「一宮で物件を探していたエコやサスティナブルなライフスタイルに関心が高い人たちは、みんなほかの地域へと流れていってしまいました。恐ろしい津波の映像を見たのですから、海沿いを避けるのも無理ありません。すでに外房エリアに移住していたエコに関心のある人たちの引っ越しもありましたね。震災直後の2~3か月はお客さんが来なくなるだけでなく、社員が辞めて他の地域へ引っ越すなど、いろいろなことがありました」

−大きな転換期ですね。

「震災で自分のベクトルが完全に変わりました。そんなときです。久しぶりにサーファーの方から物件を探していると問い合わせをもらいました。サーファーが戻ってきたのです。私はR不動産との取り組みを終了し、自分たちのプロジェクトとして『波乗不動産』を2012年に正式にスタートさせました。

プロジェクトが広がるなか、いろいろな方向に進みかけたものの、やはり自分に正直に生きたい。お客さんも自分もサーファーだと再認識しました。原点に立ち戻り、サーフィンが好きな人に向けた物件に絞ろうと決めました。やっぱり、私にとっては仲間意識もマインドもサーファーなんですよね」

1

2 3 NEXT ≫

  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

関連記事

  1. 石垣島でBBQしながら移住と婚活を実現?! ライフデザインパーテ…

  2. どう見ても通販番組でしょ? いいえ、えびの市の移住・定住促進WE…

  3. 明日、移住体験者から生の声が聞ける、秋田の“子育て”“仕事”“暮…

  4. 山梨県丹波山村/多摩川の源流丹波川のほとりのバンガローで延々と増…

  5. 夕張は倒れたままか!? 財政破綻から10年、再出発にかける北海道…

おすすめ記事

  1. アウトドアな旅にも携行したくなる、ハイレゾ対応のハイブリッドイヤ…

  2. 家族で過ごす時間がたくさんあって、自然を肌で感じられるので移住は…

  3. お見合いフェア『突撃!田舎にお嫁(お婿)に来ませんか!?』名古屋…

  4. ユネスコ無形文化遺産に登録されてから初めての「唐津くんち」開催!…

  5. 多機能×耐久性×デザインでオフィスからアウトドアまで活躍する「フ…

新着記事

PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.