× CLOSE

東京育ちの会社員が移住して地方おこし協力隊になってみた/宮崎県小林市移住ライフvol.2

vol.1の記事はこちら>>

東京のサラリーマンが宮崎県小林市にやってきた

東京の1Kのマンションで都会生活を堪能していたサラリーマンの田地祐造さん(当時38歳)。移住を考え始めてから5年ほどで、宮崎県小林市へと地域おこし協力隊としてやってきた。前回の記事では移住するに至る経緯をまとめた。

今回の記事では、小林市の地域おこし協力隊になるまでと具体的な活動の様子、移住者としての暮らしについて、話をうかがった。

地域おこし協力隊に応募 田地さんの活動内容とは?

「小林市で地域おこし協力隊を募集しているのを知って応募しました。書類審査と面接審査があります。応募したのは2013年の6月くらいで、たしか7月末に面接があったと思います。そのあと、結果が出て、晴れて合格しました。協力隊の内定をいただいたので、退職を会社へ申し出ました」

隊員募集の時点で、移住する時期は決められているものなのだろうか。

「目安として9月スタートで募集があったのですが、僕の場合は、どうしようもなくて1カ月猶予をいただきました。でも、他の人たちはちゃんとスタートに間に合わせたみたいだったので、ズルいって感じでした。

このあたりからあんまりルールにとらわれなくなっていきました、きちんと自分の意見と相手側の意見を交換して双方に良い条件を見つける。そういうことを意識するようになりました」

2013年10月、ついに地域おこし協力隊として小林市に移住した。

「地域おこし協力隊になってからは、ひとまず毎日市役所に行って、農家さんや地域の人に声を掛けられるまま遊びに行って小林がどんなところなのかひたすら感じて理解する日々でした。

そんななか、市役所の方から『隣の市でイベントがあるので、出店しませんか?』と話をいただいて。それで、小林市の農産物とか工芸品とか、知り合ったばかりのいろんな人の品物を持って行ってイベントで販売しました。そうしたら、これけっこう面白いなと」

田地さんと同時期に隊員になったのは総勢4名。イベント出店は4人全員での参加だったのだろうか。

「いや、そういうわけではないですね。市役所で隣の席に座っていた隊員の人と出ました。結果的にその方と今は家族になったので運命だったとしか思えません」

隊員はもちろん協力して動くこともあるが、それぞれで活動することも多い。イベント出店を通して、「小林市の素材は売れる」という感触を田地さんは強くした。それと同時に、知り合いも増えていったという。

小林市名物の鶏刺し。小林市は和牛に始まり、 地鶏や黒豚など畜産業が盛ん

農家も多く、さまざまな特産物がある

1

2 3 NEXT ≫

  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

関連記事

  1. 【宮崎県小林市】移住したら子どもとソト遊びしたくなるプレイスポッ…

  2. 湘南発信のシェアハウスシリーズ 鎌倉市材木座「SUNNYSIDE…

  3. 長崎・五島列島移住/事故をきっかけに福岡から福江島へ vol.1…

  4. 緑あふれる御殿場市の山の梺、理想の暮らしを自らの手で創る渡邉さん…

  5. 冬でもサーフィン!移住者続々!「サーフィンと生きる町。ICHIN…

おすすめ記事

  1. 森の中での乗馬体験 ! デジタルから離れ、軽井沢の自然に触れる旅…

  2. インスタ映え×プロレスラー!? ”魅力度最下位”茨城県の人気観光…

  3. 木の魅力を再発見し、新木場の新たな魅力を創生する「新木場 海床(…

  4. BACH(バッハ)とアニエスベーがコラボ! アノラックジャケット…

  5. 「雲の上に乗ってみたい…!」70%以上の人が抱いた夢に49歳男性…

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.