× CLOSE

東京から移住してサラリーマンから養蜂家へと転身/宮崎県小林市移住ライフvol.3

vol.2の記事はこちら>>

2013年10月、宮崎県小林市に地域おこし協力隊として移住してきた田地祐造さん(42歳)。3年の任期を終えた現在も小林市に残り、養蜂家として活動している。今回の記事では、養蜂について聞いた。

ニホンミツバチの養蜂にチャレンジ

移住を意識しだした東京でのサラリーマン時代、地方でどんな仕事ができるのかと模索した。そのときに目をつけたのがハチミツ。養蜂家へのチャレンジだった。

「僕が飼っているニホンミツバチはもともと日本にいる在来種。自然に自生しているハチです。セイヨウミツバチは輸入されたもので 産業化されて技術も確立されています」

田地さんが飼っているニホンミツバチ 写真提供:田地さん

ニホンミツバチとセイヨウミツバチはどんな違いがあるのだろうか。

「ハチミツとしての大きな違いは、ニホンミツバチは百花蜜と呼ばれ、さまざまな花の花蜜がブレンドされます。セイヨウミツバチは1つの花から集中して蜜を集めるので『レンゲ』『アカシア』など特定の花の蜜が採れます。

これは蜜を貯める量の違いも関係していて、ニホンミツバチはあまりたくさんの蜜を貯めません。いかにも日本人と西洋人のような違いで、体の大きさもセイヨウミツバチのほうが大きいし、蜜を大量に集める性質です。それに対して、ニホンミツバチは、必要な量だけを慎ましく集める日本人のようなハチだと感じています」

生産効率ならセイヨウミツバチ、希少性ならニホンミツバチというわけだ。

「ニホンミツバチの場合、蜜を集める量が少ないのでだいたい収穫は年1回です。これは日本の気候によって性格づけられたのだと思いますが、四季があり年中、花がある日本ではあまりたくさん溜め込まなくても充分だったんでしょう。その為希少性があり、高価になります」

1

2 3 4 NEXT ≫

  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

関連記事

  1. 北九州市に住みたくなる!第6回北九州Lifeセミナーin東京開催…

  2. 「HIKE for HOME 家があるからこそ、アウトドアは楽し…

  3. 生まれ育った海と自然、生物と向き合うカニ漁師の蟹蔵さん:後編

  4. アウトドアに本物のくつろぎを提供するYOKAの新作!

  5. 福井県大野市移住vol.1/Uターンして地元で野外フェスを企画し…

おすすめ記事

  1. 森の中での乗馬体験 ! デジタルから離れ、軽井沢の自然に触れる旅…

  2. インスタ映え×プロレスラー!? ”魅力度最下位”茨城県の人気観光…

  3. 木の魅力を再発見し、新木場の新たな魅力を創生する「新木場 海床(…

  4. BACH(バッハ)とアニエスベーがコラボ! アノラックジャケット…

  5. 「雲の上に乗ってみたい…!」70%以上の人が抱いた夢に49歳男性…

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.