× CLOSE

東京から移住してサラリーマンから養蜂家へと転身/宮崎県小林市移住ライフvol.3

vol.2の記事はこちら>>

2013年10月、宮崎県小林市に地域おこし協力隊として移住してきた田地祐造さん(42歳)。3年の任期を終えた現在も小林市に残り、養蜂家として活動している。今回の記事では、養蜂について聞いた。

ニホンミツバチの養蜂にチャレンジ

移住を意識しだした東京でのサラリーマン時代、地方でどんな仕事ができるのかと模索した。そのときに目をつけたのがハチミツ。養蜂家へのチャレンジだった。

「僕が飼っているニホンミツバチはもともと日本にいる在来種。自然に自生しているハチです。セイヨウミツバチは輸入されたもので 産業化されて技術も確立されています」

田地さんが飼っているニホンミツバチ 写真提供:田地さん

ニホンミツバチとセイヨウミツバチはどんな違いがあるのだろうか。

「ハチミツとしての大きな違いは、ニホンミツバチは百花蜜と呼ばれ、さまざまな花の花蜜がブレンドされます。セイヨウミツバチは1つの花から集中して蜜を集めるので『レンゲ』『アカシア』など特定の花の蜜が採れます。

これは蜜を貯める量の違いも関係していて、ニホンミツバチはあまりたくさんの蜜を貯めません。いかにも日本人と西洋人のような違いで、体の大きさもセイヨウミツバチのほうが大きいし、蜜を大量に集める性質です。それに対して、ニホンミツバチは、必要な量だけを慎ましく集める日本人のようなハチだと感じています」

生産効率ならセイヨウミツバチ、希少性ならニホンミツバチというわけだ。

「ニホンミツバチの場合、蜜を集める量が少ないのでだいたい収穫は年1回です。これは日本の気候によって性格づけられたのだと思いますが、四季があり年中、花がある日本ではあまりたくさん溜め込まなくても充分だったんでしょう。その為希少性があり、高価になります」

1

2 3 4 NEXT ≫

  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

関連記事

  1. 移住促進セミナー「HIROBIRO.ひろしまinトーキョー “農…

  2. 餃子で仕事作り! 熊本県錦町×肉汁餃子製作所ダンダダン酒場の地方…

  3. 約400年前、2度の大地震のあと宮本武蔵は熊本へ移住していた!

  4. 移住への近道! 現地を体感!「第1回おかやま移住候補地体感ツアー…

  5. 家族で過ごす時間がたくさんあって、自然を肌で感じられるので移住は…

おすすめ記事

  1. ライフセーバー体験ができる人気の子ども向けプログラム「SHIPS…

  2. 地域の魅力をアピールする”Natural &…

  3. インスタ映え抜群! 大塚 愛、田口 淳之介が登場する「大阪七夕ス…

  4. AWAODORI CAMP2018 阿波踊りの街に期間限定キャン…

  5. 冒険の夏! スマートに輪行できる自転車カバー4タイプが発売!

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.