× CLOSE

家族で過ごす時間がたくさんあって、自然を肌で感じられるので移住は大満足/宮崎県小林市移住ライフvol.4

vol.3の記事はこちら>>

田地祐造さん(42歳)は東京でのサラリーマン生活を経て、地域おこし協力隊として宮崎県小林市に移住し、任期終了後は養蜂業にチャレンジしている。今回の記事では、小林市での暮らしについて話をうかがった。

小林市で暮らす魅力は?

「小林市は風景がいい。山が近くて、空気が澄んでいてとてもきれいです。晴れた日は山の稜線どころか木々までくっきり見えるくらいです。特に雨が降った次の日はすごい。また雪の降ったときの山も素晴らしいです。あと、住んでいる者としては、観光客が少ないのも僕はいいなと思います。市からしたら悪いことかもしれないですけど」

自然環境のよさを強く感じているという。アウトドア的な楽しみも見つけた。

「庭でバーベキューは日常的にやるようになりました。近所のみなさんを集めたりもするし、子どもたちとお昼を外で食べることもあります」

水の町でもある小林市は湖や河川があり、さらに霧島連山に囲まれているので山登りも楽しめる。もっと自然と遊ばなきゃと思わせてくれる環境だ。ただ、アウトドアガイドをする方がいないため、ビギナーが気軽にアクティビティをできるところまでは至っていない。自然環境は申し分なし。自然を、どのように魅力的なコンテンツにしていくかが今後の課題だろう。

また、生活という面では、田舎すぎず、都会すぎず、小林市は非常に暮らしやすいという。

「自然も残されているんだけど、スーパーとかコンビニとか暮らすうえでのインフラがちゃんとまとまっている。これって移住者から見るとすごくよいところだと思います」

ただ、地方都市ならではの悩みもある。医療問題だ。現在、小林市には分娩できる環境がなく、出産する際には都城市など市外まで出なくてはいけない。住んでいる地域で出産ができないのは、移住を検討する若い世代にとってはマイナスポイントかもしれない。こうした医療問題は、地方自治体だけでどうにかなる問題ではない。国として制度をあらためないと解決は難しいだろう。医者の移住促進を推し進めるのも面白いかもしれない。

1

2 3 4 NEXT ≫

  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

関連記事

  1. 地域おこし協力隊で成果をあげる人とは?/宮崎県小林市_青野さん …

  2. 生まれ育った海と自然、生物と向き合うカニ漁師の蟹蔵さん:後編

  3. 締め切り直前! 迷っているなら参加しよう! 踏みだそう移住へのそ…

  4. 世界的なプラントハンター西畠清順さん監修の「世界を旅する植物館」…

  5. 【長崎県平戸市 移住ライフvol.3】移住者は自分が変えなきゃと…

おすすめ記事

  1. ライフセーバー体験ができる人気の子ども向けプログラム「SHIPS…

  2. 地域の魅力をアピールする”Natural &…

  3. インスタ映え抜群! 大塚 愛、田口 淳之介が登場する「大阪七夕ス…

  4. AWAODORI CAMP2018 阿波踊りの街に期間限定キャン…

  5. 冒険の夏! スマートに輪行できる自転車カバー4タイプが発売!

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.