× CLOSE

日本初登場!折り畳み可能な近未来型コンパクト電動スクーター Airwheel Z 先行販売開始!

折りたたみキックボード+電動スクーター「 Airwheel Z5」

株式会社UNITSは、UNITS運営のTeamPMBとしてAirwheel l(エアウィール)Z5を車道上で原付スクーターとして走れるよう日本初のアレンジを加え、自社販売サイトよりも一足早く、クラウドファンディングサービス【CAMPFIRE】にて2017年8月9日水曜日より先行発売しました。

【CAMPFIREプロジェクトページURL】

http://camp-fire.jp/projects/view/39326?token=cf9skcz2 

15秒で簡単コンパクトに折りたためる「 Airwheel Z5」

コンパクトに折りたたむ事が出来る電動キックボードZ5。

軽量ながらコンパクトに折りたためる機能に目をつけ、日本の車道でも原付きスクーターとして走れるよう車両ナンバープレートを付けるプレートホルダーやバックミラーなど公安基準に則した装具を一式取り付けるよう、製造元であるAirwheel(エアウィール)社に業務提携を呼びかけ、今回のお披露目となりました。

さらに関係者から、「駅より目的地までへのバスやタクシーを待つ事なく行けるよう、公共交通機関に持込める安全でおしゃれなキャリーケースも欲しい」という強い要望があったのでキャリーケース作製。

Airwheel Z5の重量は13kg。これはエンジン式の原付スクーターが70kg程なのでこれの約1/5にあたります。

折りたたむと85×20×40cmとコンパクトに収まります。

付属のキャリーケースでラクラク持ち運び可能。

100%電動エネルギーを動力としているので、とても静かで排気ガスも出ないクリーンなスクーターなのです。

1

2 NEXT ≫

  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

関連記事

  1. 2017年はレトロ調がトレンド! 春に履きたいアウトドアサンダル…

  2. アウトドアコーヒー潭訪VOL.5<薄暮期>「イタリアの傑作! ナ…

  3. クラウドファンディングで創るアウトドアウェア、Ga-Mant

  4. 2017年アウトドア道具チラ見せ特集 その9/SMITH(スミス…

  5. シャッターチャンスを逃さない! リュックの側面からカメラを取り出…

おすすめ記事

  1. この秋は、馬に乗ってトレッキングがしたい! 「絶景紅葉乗馬」をリ…

  2. ビールとヨガなんて一番縁遠い存在でしょ(笑)!日本初、ビアガーデ…

  3. 日常生活から離れ、新しい場所で、新しい体験をするTRUE NAT…

  4. 富士山のパワーをあびて心と体、自然のリズムを取り戻す“ライズ 健…

  5. インスタ映え間違いなしのビッグイベント!「肉フェス TOKYO …

新着記事

PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.