× CLOSE

1,300年の歴史と日常が共存する「暮らし」を奈良で体感!!TURNS×UR移住・交流体験ツアー

奈良で暮らすように過ごす2日間

全国74万戸の賃貸住宅を管理する独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)は、地方で暮らすことをテーマに雑誌やSNS等で発信を続ける「ターンズ」とタイアップし、2017年10月21日(土)~22日(日)の1泊2日で、平城京への遷都から1,300年を数える歴史をもつ奈良への移住・交流体験ツアーを実施します。

近年、都会から地方へ移住する若年層、子育てファミリー層が増え、首都圏では移住に関するイベントを目にする機会も多くなっています。

そのため、UR都市機構では、地方への移住ツアー等の企画、様々な情報発信などを行っている「ターンズ」と協力し、この「高の原エリア」を首都圏在住の古都「奈良」に移住を考える方々に紹介し、将来的にそこで暮らしていただくきっかけとすることを目的に、ツアーを実施。

このツアーの舞台となる奈良県奈良市と京都府木津川市にまたがる「高の原エリア」は、奈良市の中心部から約5㎞、平城宮跡から約3㎞に位置し、東大寺、春日大社といった観光地にも比較的近く、古都奈良を堪能できるニュータウンです。

エリア内には、大型商業施設や総合病院、図書館の他、学校や保育園といった教育施設が充実した住みやすい環境が整い、日常の生活において利便性が高く、さらに、自治体による、子育て支援制度も充実しています。

2017年10月21日(土)~22日(日)に開催!

1泊2日のツアーでは、首都圏やその他エリアにお住まいの方に、古都「奈良」の歴史・文化に触れていただくのと同時に、「高の原エリア」ならではの住みやすさを体感。

さらに、地元住民の方々と交流してもらうなど、通常の観光ツアーとは一味異なる、「暮らすように過ごす」体験をします。

また、UR都市機構では、移住と二拠点居住時の住宅選びの際、首都圏と比べ家賃がリーズナブルで、快適な住環境のUR賃貸住宅をご紹介し、この「高の原エリア」で暮らしていただく人を増やすことにより、地域の活性化に貢献。

ツアースケジュール(予定)

10月21日(土)

=1日目=

AM

JR京都駅集合

御霊神社にて木津神輿祭り前の様子を見学

木津川市情報発信基地「キチキチ」で昼食

 

PM

里山活動体験(自然観察会、おやこ森のKichi見学)

小学校分校跡地のカフェで鳥笛づくり

エコ住宅の見学

地元の方との座談会、ケータリング

 

10月22日(日)

=2日目=

AM

UR賃貸住宅の住戸見学

人気のギャラリーカフェで昼食

 

PM

UR賃貸住宅の住戸見学

解散(解散場所は近鉄高の原駅又はJR京都駅から選択)

 

主なツアー内容について

エコ住宅の見学

ニュータウン内で土壁と草屋根の家に暮らしながら、自給自足生活を送られているご家族を訪問し、お家の見学や心豊かな暮らし方などについてお話を聞きます。

URリノベーション住戸の見学

昭和40年代の団地を現在のライフスタイルに合わせた住戸にリノベーション。

昔ながらの屋外環境の豊かさと使い勝手の良い生活環境とが共存。

里山活動を体感

自然の恵みを引き出しつつ、永年放置された里山の手入れとして生物多様性を高め、人間と自然の共生を目指す活動に取組み中の鹿背山元気プロジェクトの活動フィールド(当日は子育てサークルによるイベント開催中)を見学。

自然観察プログラムも実施。

 

小学校分校跡地のカフェで鳥笛づくりを体験

市立小学校の分校跡を、ものづくりの教室や地元産品の販売、観光PRの拠点に改修した「うめだにカフェ」。

カフェ運営の方にコミュニティ参加等のお話をお聞きするとともに、「鳥と会話ができちゃうバードコール~鳥笛~づくり」に挑戦します。

TURNS×UR 奈良移住・交流体験ツアー概要

ツアーは、奈良市と京都府木津川市にまたがる「高の原エリア」の地に、1泊2日のスケジュールで実施します。

古都「奈良」の歴史・文化に触れていただくのと同時に、「高の原エリア」の住みやすさを参加者に体感いただく「体験型ツアー」です。

ツアー行程には、「高の原エリア」にお住いの方との交流を予定し、また里山での自然観察やおやこ森のKichi、活動の見学、アートスクールなど、お子さまにも楽しんでいただける内容を盛り込んでいます。通常の観光ツアーとは一味異なる、“暮らすように過ごす”体験が可能です。

ツアーの舞台である高の原エリアは、古都「奈良」の中心部から約5㎞、平城宮跡から約3㎞に位置し、東大寺、春日大社といった観光地にも比較的近く、古都「奈良」を堪能できるニュータウンです。

JR・近鉄の奈良駅はもとより、京都や大阪へもアクセスがよく、エリア内には大型ショッピングモールの他、総合病院、図書館、金融機関、学校や保育園といった教育施設が充実した住みやすい環境が整い、日常の生活において利便性が高い街のひとつです。

そして、奈良市と木津川市は、子育て支援の取組みに積極的で、様々な制度が充実しています。

また、このエリアが位置する『けいはんな学研都市』は、国立国会図書館関西館や民間企業の研究所などの立地施設数が130を超え、産官学が盛んに連携することで、知的で文化的な交流が創出される学研都市らしいスタイルも生まれつつあります。

(1)開催日等

開催日:平成29年10月21日(土)及び22日(日)の1泊2日

宿泊先:奈良ロイヤルホテル

参加費:大人1人6,000円、4歳~小学生1人3,000円、3歳以下無料

(1泊2日の旅行行程に係る食費・宿泊等に係る費用一式。

集合場所のJR京都駅までの往復交通費は参加者負担。)

定 員:15名(上限人数)

 

(2)ツアー企画内容

①見学

御霊(ゴリョウ)神社、おやこ森のKichi、エコ住宅、UR賃貸住宅

②体験

里山体験、アートスクール、地元の方との座談会

③食べる

地元の隠れた名店等を紹介(食事)

※ 当ツアーの紹介サイト(TURNSウェブサイト)  https://www.turns.jp/start/12893

 

高の原エリア(平城・相楽ニュータウン)について

近鉄京都線高の原駅を中心とする奈良県奈良市、京都府木津川市・相楽郡精華町にまたがるエリア。

「けいはんな学研都市」のクラスターの一つであり、UR都市機構が平成6年までに整備。

主に高の原駅の徒歩圏にUR賃貸住宅を10団地管理。

【エリア内のUR賃貸住宅】 ※[ ]内は管理戸数

奈良市  平城第1[500戸]、平城第2[1,513戸]、平城右京[366戸]、高の原駅前[338戸]、平城左京[490戸]

木津川市 高の原駅西[741戸]、高の原駅西第2[120戸]、高の原駅東[160戸]、

高の原駅東第2[200戸]、コンフォールかぶと台[404戸]

合計 10団地 4,832戸

奈良市、京都府木津川市の子育て応援サイト

奈良市:子育て@なら http://www.naracity-kosodate.jp/torikumi/05_shien/index.html

京都府木津川市:きづがわいいhttp://www.city.kizugawa.lg.jp/kosodate/interview_kaneko.html

 

 

 

 


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

関連記事

  1. 都会でも自然を大切にしたい!「GOOD SUNDAY MARKE…

  2. 4月12日より新潟市内を自転車で巡る「2017新潟シティライド」…

  3. 移住定住政策をすすめる伊那市公式プロモーション動画がスゴイ!

  4. 地方移住や二地域居住、田舎暮らしに関心がある方へ 、JOIN移住…

  5. 自然大好き派が移住するなら、やっぱり宮崎県日向市でしょ!移住相談…

おすすめ記事

  1. アウトドア進化型ウインタースポーツ!? 日産、WEBムービー「X…

  2. 「サーモス」からゼリー飲料を”着け運び”できるウェアラブル保冷バ…

  3. アウトドアを照らす世界中で200万個以上売れているソーラーランプ…

  4. いよいよ今週開幕! 東京マラソンを楽しむための“A to Z”を…

  5. アウトドアの定番! L.L.Beanのトートバッグとスヌーピーキ…

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.