× CLOSE

焚き火ファン必見! A4の雑誌よりもコンパクトに収納できるUCO焚き火台

2017年の発売と同時に好評を得たデイパックに入る焚火台「UCO フラットパックポータブルグリル&ファイヤーピット」から、さらに軽量コンパクトになった「ミニフラットパックポータブルグリル&ファイヤーピット」が登場。

収納時のサイズは27×18×3cmと、空前絶後のコンパクト&スリムなサイズとなっています。

え、サイズ感がよくわからないって?

身近な例を出すと、いわゆるA4サイズは29×21cm。つまりA4の雑誌よりも小さいんです!

専用のケースに収納した様子

そして重量は832gとこれまた軽量です。デイパックはおろかショルダーバッグにも入ってしまうサイズが魅力です。

大人数の焚き火には向きませんが、ソロや2、3人のキャンプならこれで十分かと。

デイパックにこのグリルと食材、炭を入れて散策気分でバーベキュー。これでいつでもどこでも気兼ねなく焚き火&グリルを楽しむことができますね。

焚き火好きにオススメのミニマムな焚き火台です!

 

ミニフラットパックポータブルグリル&ファイヤーピット 詳細

本体5,400円+税

サイズ:24.1×17.8×20.3㎝(使用時)  27×18×3cm(収納時)

重量:832g

材質:ステンレス

付属品:網用ハンドル、収納ケース


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

関連記事

  1. 業界初、アウトドア用品専門のショッピングモール型ECサイト「mo…

  2. ヴィンテージギアが魅力的なアベテツさんのキャンプサイト

  3. 「コールマン広島T-SITEショップ」がグランドオープン!

  4. 「コールマン」ガソリンランタンメンテナンス講座 その1

  5. アメリカのクラウドファンディングで合計4,000万円以上を集めた…

おすすめ記事

  1. 沖縄県石垣市が世界一位を獲得! 口コミでの評価や注目度が特に上昇…

  2. 春の野外を満喫! 東洋一の長さを誇る「海中道路」を快適に走る「第…

  3. ogawa2018新作テント紹介 広々前室が魅力の小型ロッジドー…

  4. 老舗自転車メーカー「ミズタニ自転車」のオリジナルブランド「Ser…

  5. 森の中での乗馬体験 ! デジタルから離れ、軽井沢の自然に触れる旅…

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.