× CLOSE

焚き火ファン必見! A4の雑誌よりもコンパクトに収納できるUCO焚き火台

2017年の発売と同時に好評を得たデイパックに入る焚火台「UCO フラットパックポータブルグリル&ファイヤーピット」から、さらに軽量コンパクトになった「ミニフラットパックポータブルグリル&ファイヤーピット」が登場。

収納時のサイズは27×18×3cmと、空前絶後のコンパクト&スリムなサイズとなっています。

え、サイズ感がよくわからないって?

身近な例を出すと、いわゆるA4サイズは29×21cm。つまりA4の雑誌よりも小さいんです!

専用のケースに収納した様子

そして重量は832gとこれまた軽量です。デイパックはおろかショルダーバッグにも入ってしまうサイズが魅力です。

大人数の焚き火には向きませんが、ソロや2、3人のキャンプならこれで十分かと。

デイパックにこのグリルと食材、炭を入れて散策気分でバーベキュー。これでいつでもどこでも気兼ねなく焚き火&グリルを楽しむことができますね。

焚き火好きにオススメのミニマムな焚き火台です!

 

ミニフラットパックポータブルグリル&ファイヤーピット 詳細

本体5,400円+税

サイズ:24.1×17.8×20.3㎝(使用時)  27×18×3cm(収納時)

重量:832g

材質:ステンレス

付属品:網用ハンドル、収納ケース


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • 宮崎で素敵な暮らし方を見つけました

    宮崎で素敵な暮らし方を見つけました
  • テント選びに迷ったらチェック!

    テント選びに迷ったらチェック!

関連記事

  1. 注目ブランド「DOD」から、スタイルを問わない落ち着いた色味に仕…

  2. イスにもなる最新素材の背負子 PACK RABBITより、「PA…

  3. まだ業界人しか知らないかも!? アウトドア最新情報「スタンレー」…

  4. LOGOSが焼き面が宙に浮かんでいるような新感覚のBBQグリル「…

  5. サイクリストやバイカーだって、キャンプではキンキンに冷えたビール…

おすすめ記事

  1. キャンプ中でもソーラーパネルで電源確保! Omnicharge …

  2. 箱根&鎌倉は紅葉も最高! 天狗寺ってどこ? 神奈川の定番&穴場紅…

  3. 冬のグランピングにブームの兆し! 星のや富士が顧客満足度調査!

  4. “ワイルドキャンプ”に行きたくなる動画をコロンビアスポーツウェア…

  5. キーワードは富士山×紅葉 山梨県の人気紅葉狩りスポット3選

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.