× CLOSE

焚き火ファン必見! A4の雑誌よりもコンパクトに収納できるUCO焚き火台

2017年の発売と同時に好評を得たデイパックに入る焚火台「UCO フラットパックポータブルグリル&ファイヤーピット」から、さらに軽量コンパクトになった「ミニフラットパックポータブルグリル&ファイヤーピット」が登場。

収納時のサイズは27×18×3cmと、空前絶後のコンパクト&スリムなサイズとなっています。

え、サイズ感がよくわからないって?

身近な例を出すと、いわゆるA4サイズは29×21cm。つまりA4の雑誌よりも小さいんです!

専用のケースに収納した様子

そして重量は832gとこれまた軽量です。デイパックはおろかショルダーバッグにも入ってしまうサイズが魅力です。

大人数の焚き火には向きませんが、ソロや2、3人のキャンプならこれで十分かと。

デイパックにこのグリルと食材、炭を入れて散策気分でバーベキュー。これでいつでもどこでも気兼ねなく焚き火&グリルを楽しむことができますね。

焚き火好きにオススメのミニマムな焚き火台です!

 

ミニフラットパックポータブルグリル&ファイヤーピット 詳細

本体5,400円+税

サイズ:24.1×17.8×20.3㎝(使用時)  27×18×3cm(収納時)

重量:832g

材質:ステンレス

付属品:網用ハンドル、収納ケース


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • 宮崎で素敵な暮らし方を見つけました

    宮崎で素敵な暮らし方を見つけました
  • テント選びに迷ったらチェック!

    テント選びに迷ったらチェック!

関連記事

  1. 時代が追いついてこれないトートを誕生させたスプーンフル

  2. 海外利用者からも好評! 滋賀の大型グランピング施設「GLAMP …

  3. 「酒とたき火とパンダ」キャンプスナップ ナノさん、yudyさん

  4. 現代キャンプの必須アイテム、大容量ストレージバッテリー「KODI…

  5. 愛車にボトルを2つセットが可能に!ロングライド中の水分補給をサポ…

おすすめ記事

  1. 【宮崎県小林市】東京とのデュアルライフ&カフェ運営を実践する夫婦…

  2. 都会の星空の下で行われる、新感覚のフェス型就活イベント『CAMP…

  3. チャリはスピーディに、それでいて楽して汗一滴かかず、さらりとカッ…

  4. アウトドアで人気のRENAULTとEDIFICEのコラボ!「RE…

  5. まるで宇宙探査基地!? 新感覚のドームテントを使用した全12室…

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.