× CLOSE

焚き火ファン必見! A4の雑誌よりもコンパクトに収納できるUCO焚き火台

2017年の発売と同時に好評を得たデイパックに入る焚火台「UCO フラットパックポータブルグリル&ファイヤーピット」から、さらに軽量コンパクトになった「ミニフラットパックポータブルグリル&ファイヤーピット」が登場。

収納時のサイズは27×18×3cmと、空前絶後のコンパクト&スリムなサイズとなっています。

え、サイズ感がよくわからないって?

身近な例を出すと、いわゆるA4サイズは29×21cm。つまりA4の雑誌よりも小さいんです!

専用のケースに収納した様子

そして重量は832gとこれまた軽量です。デイパックはおろかショルダーバッグにも入ってしまうサイズが魅力です。

大人数の焚き火には向きませんが、ソロや2、3人のキャンプならこれで十分かと。

デイパックにこのグリルと食材、炭を入れて散策気分でバーベキュー。これでいつでもどこでも気兼ねなく焚き火&グリルを楽しむことができますね。

焚き火好きにオススメのミニマムな焚き火台です!

 

ミニフラットパックポータブルグリル&ファイヤーピット 詳細

本体5,400円+税

サイズ:24.1×17.8×20.3㎝(使用時)  27×18×3cm(収納時)

重量:832g

材質:ステンレス

付属品:網用ハンドル、収納ケース


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

関連記事

  1. 続報!「ADVENTURE IS OUT THERE!(アドベン…

  2. アウトドアはもちろん家でもワクワクが止まらない、持ち運びラクラク…

  3. 風の吹き込みや火の粉の飛び散りを防ぐ「カベテント」

  4. 2018年の干支である犬をデザインした限定マルチツール「ハントマ…

  5. 電車やバスでキャンプに行くってアリだよね。キャンパー用スーツケー…

おすすめ記事

  1. 可動式チェストベルト採用でしっかり体にフィットするサイクリングバ…

  2. 都心から約50km! 豊かな自然に恵まれた飯能市はアウトドア 好…

  3. 全国初!「琵琶湖&しまなみ海道」の広域連携スタンプラリーを開催!…

  4. あえて雨を楽しむ! 奥入瀬渓流の「雨さんぽ」を「星野リゾート 奥…

  5. 四季折々の眺望が楽しめる「八海山ロープウェー」の観光営業を開始!…

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.