× CLOSE

転勤で九州に惚れこみ移住し、地域おこし協力隊に/宮崎県小林市_青野さん VOL.1

今回ご紹介する移住者は、宮崎県小林市で地域おこし協力隊として活動する青野雄介さん(37歳)。2016年5月に移住し、“新たな賑わいの場やコミュニティの場を生み出すまちづくり型マルシェ”として誕生した『こばやしマルシェ』の実行委員長をつとめている。

いったいどんな物語があるのか、青野さんに経緯や思いを聞いた。


転勤生活で九州に惚れてしまった

cazual編集部(以下、C) 青野さんのご出身は千葉だとうかがいましたが、移住までの経緯を教えてください。

青野さん(以下、) 就活を東京でやって、専門商社に入ったんですけど、配属先が福岡でした。そこから3年半、宮崎、鹿児島と転勤で九州をまわりました。

C 宮崎にご縁はあったんですね。では、そのときから移住は考えたんですか?

青 当時は社会人になったばかりで、移住は考えていませんでした。そのころ知り合った会社の同期が今の奥さんなんですけど、移住とまではいかなくても、3年半で九州に惚れてしまったというのはあります。

C 奥さんは九州の方?

青 佐賀県出身で、同じ職場でした。

C 九州で3年半過ごされたあとは?

青 大阪の本社に転勤になって、奈良に住みながら会社に通っていました。

C 移住を考え始めたのは?

青 最初は移住というより転職を考えていたんです。大阪に行って6、7年経ったころですかね。32、33歳くらいかな。

C 商社の仕事をやっていくなかで働き方を変えたくなったんですか? それとも、何か新しいビジネスを見つけたとか?

青 小6くらいからずっと環境問題を解決したいと思っていました。将来の夢にも書いたくらいで。大卒時の就活ではそういう会社が全然なかったんですけど、就職した商社には環境チームのような部署があったんです。

実際、僕も仕事の中で、LEDを販売したり、多少環境に関わることもできていました。でも消費するのが前提の今の社会でそういうことをしていても、のれんに腕押しをしているような感覚が生まれてきて……。そもそもの社会の流れを変えていかないと難しいのかなと思ったのがきっかけですね。それから出社前に毎朝30分くらいカフェに行って、自分は何がしたいのか探し始めました。

1

2 3 NEXT ≫

  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

関連記事

  1. 東京・奥多摩の自然を感じる、「エミケン」のオリジナルアウトドアギ…

  2. 高知県大豊町移住ライフ・宿泊施設<みどりの時計台>運営/野田さん…

  3. 岐阜県多治見市の移住・定住促進プロモーション動画「たじみしがすき…

  4. 住む人が主役を成田市で実践する川辺さんご一家 その4

  5. Uターン者、I ターン者続々! 移住定住希望者を惹きつける高知の…

おすすめ記事

  1. “懐かしさ”と“新しさ”を融合させた新感覚の体験型リゾート「Si…

  2. 軽量45g・防水仕様のUSB 充電式小型LED ランタン「HEL…

  3. 旅館の大部屋級の広さ!設営簡単な大型シェルター「ロクロクベース」…

  4. 海外利用者からも好評! 滋賀の大型グランピング施設「GLAMP …

  5. L.A.発・新感覚の波乗りエクササイズが関西初上陸!“Surf …

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.