× CLOSE

にぎわいを取り戻そうと「こばやしマルシェ」を立ち上げ/宮崎県小林市_青野さん VOL.2

【VOL.1】の記事はこちら

宮崎県小林市で地域おこし協力隊として活動する青野雄介さん(37歳)に、どんな移住ライフを送っているのかを取材した。VOL.2となる今回は、実行委員長を務める『こばやしマルシェ』について詳しく教えてもらった。もともと農業をしたかった青野さんがどうして地域マルシェを立ち上げることになったのだろうか。


地域おこし協力隊として「こばやしマルシェ」を実現

cazual編集部(以下、C) 現在では「こばやしマルシェ」を立ち上げて、農業というよりは地域商社的な、ローカルビジネスの可能性を探っていらっしゃいますよね。

青野さん(以下、) 農業は農業で、自分のできる範囲でやっていきたいと思っています。前から、困っている人や組織を自分がサポートしてよい状態に持っていくことに喜びは感じていたんです。勤めていた商社はまさにそういう仕事でしたから。

ただ、地域に入っていく当初はどんな地域かもよく知らないし、何に困っているのかも分からないんですよ。最初は、自分一人の力でなにかしら収入を得るイメージしかできなくて、そのなかで農業というキーワードが出てきました。でも実際に地域に入って、地元の方々をサポートしたり一緒に考えたりする仕事をやっていくとすごく楽しかった。そういう、本来自分がやりたかったことができそうだなと徐々に見えてきて、今はそのなかに農業が含まれているって感じです。

C 1年目は3:7の時間という話でしたが、具体的にどういう活動をされていましたか?

青 1年目は正直、そこまで具体的なミッションがなく、何をしたらいいのかわからない状態だったので、先輩について回っていました。あとは、面白そうなことがあればとりあえず首を突っ込ませてもらう。たとえば移住推進に向けての話を聞かせてもらったり、一緒に相談会をさせてもらったり。的は絞れていない状態でしたけど、とにかくいろいろなところに顔を出しました。そのなかで『こばやしマルシェ』の話も出てきて、最近は、ようやく活動が絞られてきたところです。

C いろいろな人と小林市の課題を話すうちにマルシェに行きついたわけですか?

青 『こばやしマルシェ』自体は前から計画されていたことなんです。僕が立ち上げたというより、構想はあったので実行委員長として中心に立って進めた形でした。でも、たしかにいろんな人からのヒアリングや実体験は活きています。

「これをやったら面白い」と思うことはたくさんあるけれど、地方だと人がいなくてできないことがあるんですよね。そもそも経験がなくてやり方がわからないというのもあります。そういう最後の惜しいところで進み切らない話も多いです、実際。協力隊の一番いいところは自由に動けることで、自由だからこそできることを手伝うと、その最後のステップを乗り越えられることも多いかなと思います。

1

2 3 4 5 NEXT ≫

  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

関連記事

  1. 移住と転職をセットで話が聞けるトークイベント! 「転職移住できる…

  2. 移住先の候補に、火星はいかがですか? 人類の火星移住計画を描く『…

  3. 【長崎県平戸市 移住ライフvol.3】移住者は自分が変えなきゃと…

  4. 【東京】奥多摩に移住したアートヤーン作家・森るるさんー羊毛を染め…

  5. 実際に富山に移住した先輩たちが企画&案内!「とやま移住旅行 Vo…

おすすめ記事

  1. DOPPELGANGER®︎からキャスター付き三脚型自転車スタン…

  2. 東京−大阪間のGW渋滞回避の決定版!「渋滞スイスイTV」では、渋…

  3. 六本木でプレミアムな手ぶらBBQ体験!ARK HILLS SOU…

  4. 高知県高岡郡越知町にスノーピークおち仁淀川キャンプフィールドがオ…

  5. アウトドアはもちろん家でも使えるダイニングテーブル「LOGOS …

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.