× CLOSE

地域おこし協力隊で成果をあげる人とは?/宮崎県小林市_青野さん VOL.3

【VOL.2】の記事はこちら

2016年に宮崎県小林市に移住して、地域おこし協力隊として活動する青野雄介さん(37歳)。最終回となる今回は、自身が感じた地方の課題や地域おこし協力隊としての心構えなどについて、話を聞いた。


地域の動きを外向けに発信することが重要

cazual編集部(以下、C) 地域おこし協力隊の任期2年目からは町の仕事と自分の起業準備の時間配分が5:5になりますけど、ご自分のプロジェクトとしてはどんなものを考えていますか?

青野さん(以下、) 結果論的なところが大きいのですが、マルシェ以外で言うと、これから『Kobayashi Organic』のプロジェクトの事務局に入らせてもらっています。小林市の有機農業生産者さんが団体になって、生産者部門と家庭菜園部門、消費者部門を作っています。生産者部門では生産者同士お互い学びあって、統一した基準を作ろうとしています。消費者部門には、それを買い支えてフィードバックをしていただく。

お金で応援していただく代わりに、生産者は野菜と一緒に持っている知識や体験を提供する。そうやって人同士がつながって、ギブ&テイクでぐるぐると回していけるコミュニティモデルを考えています。

生産者さんは生産に忙しいので、僕が事務局として外向けの発信を担う形で進めています。これはすでに地域の農家の方が立ち上げたプロジェクトに入る形ですけど、そういうふうにいくつかのプロジェクトに参加しています。情報発信やコーディネートを行うパターンが多いです。最終的にそれがうまくまとまって、地域発信に繋げていきたいと考えています。

C そうやって地域の課題と自分の思いに即した最終的なゴールを見つけていく、というのが地域おこし協力隊なんですかね。

 そうだと思います。

C 発信の仕方がすごく大事ですよね。地方をたくさん回って見ているクリエイターの方が、「地方にはこんなにたくさんの宝があるのに伝える能力がないのはもったいなすぎる」と言っていました。魅力発掘には、外からの目というのはあったほうがいいと思います。

C 小林市がまだ生かし切れていないと感じるポテンシャルはありますか?

青 外向けの営業やプロモーションですかね。一次産業はやっぱりすごく大変なことだし、本気でやればやるほど、ほかの余裕はなくなると思います。国は「農家もマーケティングしなきゃいけない」と言うけど、それもなかなかできることではありません。だからこそ、その部分を別の人間がお手伝いできれば面白いことになると思います。

C そういうことも、元々の興味である環境や仕組みを変えることにつながる?

青 農業は産業としても環境をつなげていくことに重要な役割を果たしているので、そこはいま一度盛り上げていきたいです。環境にもよいし、そういう部分に憧れて都市部の人も集まりますよね。都市に人口が集中するいびつな構造は、ひとつの問題だと思うので、都市の人が地方に来れば、そのバランスも少しずつ整えていけると思います。

1

2 3 4 NEXT ≫

  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

関連記事

  1. 【宮城県石巻市雄勝町】森と海と子どもが生み出す地方創生のつぼみ/…

  2. 実際に移住して、農業や京丹後地域の魅力を発信する「きょうと半農半…

  3. 石垣島でBBQしながら移住と婚活を実現?! ライフデザインパーテ…

  4. 高知県黒潮町移住ライフ・サーフスクール/ブルース&潤・ディロンさ…

  5. それは、やりすぎ? 佐渡の魅力を激唱するヘビメタ地方PR動画「S…

おすすめ記事

  1. 日本初のハイスペック電動アシスト⾃転⾞によるEBIKE フェステ…

  2. “星降る丘”のグランピング施設 『GRAND CHARIOT-北…

  3. ゆとり女子のためのシネマ野外フェス「地球とヒトが‘笑う’映画祭2…

  4. 宿泊・日帰り・街ぶら…スタイルに応じて自転車の積載力を自分好みに…

  5. ブラック・アンド・デッカーが18Vコードレスインパクトドライバー…

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.