× CLOSE

ogawa2018新作テント紹介 夏涼しく冬暖かいハイブリットテント「ロッジシェルターT/C」

ogawaの2018新作テント『Lodge Shelter T/C(ロッジシェルター T/C)

日本の老舗ブランド「ogawa」で『ピルツ』と並ぶ人気テントが『ロッジシェルター』。2018年の新作として、T/C生地を採用した『ロッジシェルター T/C』が登場します。ファンが多いロッジシェルターのT/C版となれば、早くもバカ売れの予感です。

T/C生地ってどんな特徴があるの?

『ロッジシェルター T/C』最大の特徴は、屋根部分をポリエステル、サイドをT/C生地にしたハイブリッドなテントということ。

テントの解説に入る前に、「T/C」がどういう生地なのか、おさらいしましょう。「T/C」とはポリエステルとコットンを混ぜた素材で、ポリコットンやテクニカルコットンとも呼ばれています。

コットン素材の特徴として吸湿性が高く通気性もあるため夏は涼しく、また繊維内に空洞があり放熱しにくいため冬は暖かさをキープするというものがあります。さらにポリエステルとは違い、燃えにくいので焚き火の火の粉に強いというメリットも。逆にデメリットとしては空洞があるため水が抜けにくく、濡れると乾くのに時間がかかります。一方、ポリエステルはタフさ、吸湿性の低さ、高い耐水性が特徴です。

これらの混紡素材のポリコットンは、「夏は涼しく、冬は暖かい」「水と汚れに強い」「通気性が高く結露しにくい」「火の粉に強い」という、まさにいいとこ取りの生地なのです。

1

2 3 NEXT ≫

  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • 宮崎で素敵な暮らし方を見つけました

    宮崎で素敵な暮らし方を見つけました
  • テント選びに迷ったらチェック!

    テント選びに迷ったらチェック!

関連記事

  1. おフランスなアウトドア日本初上陸! 夏の外遊びにぴったり、フラン…

  2. パタゴニア全直営店で洗濯中のマイクロファイバーの流出を大幅に削減…

  3. 炊飯や調理、焚き火もこれ一台でOK! 焚き火台一体型トライポッド…

  4. HELLY HANSENと「ほぼ日」がコラボレーション!「Bea…

  5. 12月9日(金)に『L-Breath powered by Sn…

おすすめ記事

  1. トレイルランのために開発したボリュームスニーカーがメレルから登場…

  2. ライトバックパッカー向けブランド ZEROGRAMから「 El …

  3. 盗難防止ロック付防水バックパック「フラックサックスポーツ」米国か…

  4. 1分で果肉たっぷりのサングリアが完成! 速さとおいしさの秘密はフ…

  5. 中村アン、ローラ、世界的モデルがミューズ! おしゃれなフィットネ…

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.