× CLOSE

アウトドアでも大活躍の予感! フレーム中央のカゴにA4サイズの荷物を入れられるミニベロ発売!

ボルダリング、ヨガ、カメラ、英会話・・・春こそ何かはじめたい!

自転車ブランド「DOPPELGANGER®️(ドッペルギャンガー)」から、フレーム中央にカゴスペースを持つ20インチミニベロ「330」シリーズのアップデートモデル「330-N RoadYacht(ロードヨット)」が発売。

長尺物やA4サイズの荷物が入れられる「330-N RoadYacht」。

この春からボルダリング教室やヨガなど「大人の習い事」を始めて自分の世界や可能性を広げたい人を応援します!

ヨガマットやA4サイズの荷物も入る、フレーム中央のカゴ

海上を滑るように進むヨットをイメージしたオリジナルフレーム「ウインド・トーク」の美しさが目印の「330」シリーズ。

その最大の特長は「ミッドキャビン(船室)」と呼ばれるフレーム中央のカゴスペースにあります。

アップデートモデル「330-N」では最大容量約16L、最大積載重量約10kgに設計。 ヨガマットやカメラの三脚といった長尺物から、A4サイズの教科書や書類まで、しっかりと荷物を入れられます。

前カゴと違ってすぐに荷物に手が届くため、貴重品やスマホなども容易に出し入れ可能。

キャビン後方が内側にシェイプするデザインを採用し、股下に荷物が位置してもスムーズにペダリングが行えるよう配慮。

荷物が多い方は別売りのハンドル取り付け型の前カゴと組み合わせて使用すれば、積載能力を増やしつつ、ミッドキャビンと前カゴに、それぞれ荷物を振り分けて収納することができます。

 

ふらつき、ひったくりの防止に寄与する低重心化

このミッドキャビン構造は、小径車としてのスマートなルックスを維持するとともに、自転車本体の低重心化にも寄与。

前カゴだと高い位置にあるため荷物の重みでハンドルがふらついたり、停車時に重心が定まらずバランスを崩して倒れたりしがちですが、フレーム中央にあるカゴは重心が低くなるため、こうしたアクシデントの可能性を低減します。

さらに荷物が股下に位置するので、ひったくり犯のターゲットにもなりにくく、雨天時にはポンチョを着れば荷物そのものが濡れにくいというメリットも生まれます。

ダウンサイジングで、より磨かれたデザインと機能に

2014年の発売以来、ルックスと機能性を併せ持つ次世代ママチャリとして、ユーザーから根強い支持を得てきた小径車「330」シリーズ。

そのポジションをさらに固めるべく、「330-N」では前モデルのスペックを踏襲するとともに全体的にややダウンサイジングしました。

小柄な方でも乗りやすくなったと同時に、荷物へのよりスムーズなアクセス、街乗りに適した小回りの良さを発揮するモデルに仕上がっています。

20インチ自転車 330-N RoadYacht(ロードヨット)製品スペック

【型番:カラー】

330-N-WH:サントリーニ(白)

330-N-RD:ロッソ・ヴィーノ(赤)

330-N-BK:シャ・ノワール(黒)

330-N-BL:アマルフィ(青)

330-N-GR:クレーヴェン(黄緑)

330-N-YL:リスボア(黄色)

 

【サイズ】全長:1480mm、タイヤサイズ:20×1.75インチ

サドル高:735-890mm、ハンドル高:900-980mm

【重量】16.8kg(※ペダル、保安部品を取り外した状態)

【材質】フレーム、フロントフォーク:スチール

【その他仕様】変速:シマノ7段変速、バルブ形式:英式(ウッズ)

フリーホイール:MIN14T×MAX28T、チェーンホイール:40T

ブレーキ:前後Vブレーキ

【価格】オープン価格(税別参考価格30,000円)

【製品ページ】http://www.doppelganger.jp/product/330n/

 

◯併用推奨製品(ワイドフォールディングバスケット)
【製品ページ】http://www.doppelganger.jp/option/dbk173/

 


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • 外遊びにはやっぱりスニーカー

    外遊びにはやっぱりスニーカー
  • テント選びに迷ったらチェック!

    テント選びに迷ったらチェック!

関連記事

  1. コールマンが安全にウォーターレクリエーションを楽しめるインフレー…

  2. この春に開催されるちょい早アウトドア情報! 富士の樹海で「魂を清…

  3. ちょっと珍しいスイス発「On」のトレランシューズ「クラウドベンチ…

  4. キャンプギア作りに部屋の模様替え、DIY好きに新たな見方となるピ…

  5. 人気スケートボードブランド「ELEMENT」が、スケートボードと…

おすすめ記事

  1. 自然の中でスケートキャンプ体験! スケートボードブランド「ELE…

  2. 9月の予約を今から確保!日本一ラグジュアリーな登山プログラム 「…

  3. キャンプ、川下り、わら焼き! 令和最初の夏はアウトドアざんまいの…

  4. ランタンとしても活躍! 人気のミリタリーっぽいポータブルLEDワ…

  5. 話題のE-BIKEに 新ブランド「evol」が登場! アウトドア…

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.