× CLOSE

LOGOSから、圧倒的な軽さと耐水性に優れた素材を採用した「グランベーシック カーボントップテーブル」シリーズ新発売

高さ調節ができるので、用途に応じて使い分け可能!

アウトドアブランドの「LOGOS」は、「グランベーシック カーボントップテーブル」シリーズを2018年より発売。

「LOGOS GLAMBASIC(ロゴス グランベーシック)」は、LOGOS史上最高の質感とデザイン性にこだわり、“ゆったりとした時間”と“特別な非日常空間”を演出する、ワンランク上の「LOGOS PREMIUM LINE」に属するシリーズです。

天板とフレームに、軽くて 耐水性に優れた素材を使用。

「グランベーシック カーボントップテーブル」シリーズは、プレミアムシリーズで展開していた「カーボントップシリーズ」をヴィンテージデザインへと一新した全2種類のテーブル。

天板は、カーボンハイブリッド素材、フレームはアルミを採用し、圧倒的な軽さと優れた耐水性を実現いたしました。また、持ち運びに便利な収納バッグ付きです。

グランベーシックシリーズで揃えれば、 高級感のあるコーディネートが行えます。

LOGOS GLAMBASIC」シリーズとは

今まで展開していた「LOGOS PREMIUM」シリーズが、LOGOS史上最高級の素材と機能にこだわったシリーズに対し、「LOGOS GLAMBASIC(ロゴス グランベーシック)」シリーズは、LOGOS史上最高の質感とデザイン性にこだわりました。

オフホワイトのカラーリングで美しいフォルムのテント、タープは優雅さを醸し出します。

周りを彩るファニチャーは落ち着いたブラウンを基調とし、テントサイトを高級感あるトータルコーディネートが行えます。

また、シリーズ専用のチェアカバーもあり、まるでリビングのような居心地の良さを味わうことができます。

素材にもこだわった本シリーズは、テント・タープには丈夫なポリエステルオックス生地を採用。

テーブルは水に強いフェノール樹脂とステンレスパーツを使用し丸洗いが行えるものや、カーボンハイブリッドを採用することで圧倒的な軽さを実現したものなど、いつでも清潔に保てることに加え、デザイン性はもちろんのこと、実用性も兼ね備えています。

天板は4~6枚のボードで構成。

「グランベーシック カーボントップテーブル」は2つの選択肢!

「グランベーシック カーボントップカウンター15060」は、立食やカウンターとして使える高さ100cmとチェアと合わせてダイニングテーブルになる66cmの2段階調節可能なハイテーブルです。

フレームは折り畳み式で コンパクトな収納が可能。

天板は6枚のボードで構成され、フレームは折りたたんでコンパクトに収納できます。

「グランベーシック カーボントップカウンター 15060」

テーブルの高さは、2段階調節可能。 100cmは立食に、66cmはチェアと合わせてダイニングテーブルに。

グランベーシック カーボントップカウンター15060
http://www.logos.ne.jp/products/info/3737

 

「グランベーシック カーボントップテーブル10060」は、チェアと合わせやすい66cm60cmと、ロースタイルが楽しめる40cmの高さ3段階調節可能な使い勝手抜群のダイニングテーブルです。

天板は、4枚のボードで構成され、フレームは折りたたんでコンパクトに収納ができます。

「グランベーシック カーボントップテーブル 10060」

テーブルの高さは、3段階調節可能。 チェアと合わせやすい66cm・60cmと、ロースタイルが楽しめる40cm。

グランベーシック カーボントップテーブル10060
http://www.logos.ne.jp/products/info/3738

「グランベーシック カーボントップカウンター 15060」、「グランベーシック カーボントップテーブル10060」、ともに持ち運びに便利な 収納バッグ付き。

 

最高の質感とデザイン性にこだわった「LOGOS GLAMBASIC」シリーズから、高さ調節可能で用途に応じて使い分けができる「グランベーシック カーボントップテーブル」シリーズを、普段使いやアウトドアライフでぜひともご活用ください。

 

アウトドアブランド LOGOS

LOGOS公式アプリ ios版 https://goo.gl/mra2VG

Android版 https://goo.gl/qupA9f

アウトドアのLOGOS http://www.logos.ne.jp

全国キャンプ場空き情報 http://www.campjo.com

LOGOS公式チャンネル https://www.youtube.com/user/outdoorlogos

 

 


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

関連記事

  1. ヴィンテージカー&ギアに包まれたキャンプサイト探訪「COCサマー…

  2. 「コールマン アウトドアリゾートパーク2018」が明治神宮外苑 …

  3. コールマンが安全にウォーターレクリエーションを楽しめるインフレー…

  4. ロードバイクでも諦めないで! 10cmのスキマがあれば装着できる…

  5. くつろぎすぎ注意! ”人をダメにするクッション”にアウトドア仕様…

おすすめ記事

  1. 夏本番を迎える前に、心と体を整える ビーチヨガイベントを今井浜海…

  2. ボトルケージを好きな場所に好きなだけセットできる「どこでもダボ穴…

  3. 野菜が生まれた場所に埋まりに行く泥フェス
「Mud Land F…

  4. いきものがかり山下穂尊がスペシャルナビゲーター! 音楽×食×花火…

  5. 海外ならではのセンス抜群!インテリアに取り入れたいアウトドアファ…

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.