× CLOSE

【宮崎県小林市】荻窪配属が転機!? 自然を求めて移住し「ばっちりハマった」/地域おこし協力隊 平山遼太郎

【SPONSORED】

cazualチームは宮崎県小林市で2週間のプチ移住生活をして、さまざまな取材活動を行なった。そんなプチ移住体験で出会った素敵な人や体験したアクティビティ、実際に住んでみてわかった小林市の暮らし心地をレポートしていく。この夏、不定期で記事をアップしていく予定だ。

小林市をさまざまな角度から掘り下げるシリーズ記事の記念すべき第1回に登場する移住者は、宮崎県小林市で地域おこし協力隊として活動する平山遼太郎さん(21歳)。

宮崎県小林市のほかのシリーズ記事はこちら。
宮崎県小林市シリーズ記事一覧

本題に入る前に地域おこし協力隊とはどういう制度か、おさらいしよう。 

「地域おこし協力隊とは、都市地域から過疎地域等の条件不利地域に住民票を移動し、生活の拠点を移した者を、地方公共団体が「地域おこし協力隊員」として委嘱。隊員は、一定期間、地域に居住して、地域ブランドや地場産品の開発・販売・PR等の地域おこしの支援や、 農林水産業への従事、住民の生活支援などの「地域協力活動」を行いながら、その地域への定住・定着を図る取組」(出典「総務省:地域おこし協力隊の概要」より)

平山さんが前職を辞めた理由は、決して仕事内容が嫌いだったわけではない。勤務地である都会での暮らしが肌に合わないと、東京からこの小林市へと移住。そして小林市の大自然を生かした事業で、新たな展開を模索しているところだ。

東京は自然が少なくて僕が住むところではないと思った

cazual編集部(以下、) 平山さんは、いつから小林市で活動をはじめたんですか?

平山さん(以下、) 2017年の7月から地域おこし協力隊として、移住してきてからです。

 移住してくる以前は、何をしていましたか?

 東京で消防士をやっていました。

 なぜ東京を離れようと?

 もともと宮崎県出身なんですけど、高校を卒業して東京へ出て、実際に暮らしてみたら都会は肌に合わないと感じて。

 東京で暮らしていたときは、どこに住んでいましたか?

 杉並区の荻窪です。

 荻窪なんて、大都会ですね! 荻窪は便利そうですが、どんなところが肌に合わなかったのですか?

 なんでもそろってて、ちょっと遊びに行くにはいい場所だなあって思いますけど、自然がないので僕が住むところではないかなと。自然がないことで、精神的にもまいっちゃって。

 東京で荻窪を選んだ経緯は?

 自分から率先して荻窪を選んだのではなく、配属になったからです。

消防学校が渋谷にあったんですけど、そこで寮生活をしているときから、大都会での暮らしは自分には無理がある気がしていたんです。なので、配属希望地は奥多摩にしたんです。

誰もが希望するような配属先は人気があって、希望どおりには配属されないって話でした。でも奥多摩を志願する人は、なかなかいないんじゃないかって思ってたんですけどね。

 奥多摩を志願したのは自然が多いから?

 もちろんそうです。でも僕は荻窪に配属になって。奥多摩に配属になった人が「奥多摩かあ」って、ちょっと残念そうな声をあげてたので、交代してほしいほどでした(笑)。

 もし奥多摩に配属になってたら?

 消防の仕事が嫌いだったわけではないので続けていたと思うし、そしたらまったく違った人生になっていたと思います。

1

2 3 4 NEXT ≫

  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

関連記事

  1. 1,300年の歴史と日常が共存する「暮らし」を奈良で体感!!TU…

  2. 移住の近道は結婚?! お坊さん主催の婚活「吉縁会」って何?

  3. 沖縄へUIターンしたいITエンジニアのための『沖縄移住フェス!』…

  4. 【北海道幌加内町】魚へんに鬼と書くイトウ釣りに挑戦 朱鞠内湖に棲…

  5. 旅したい季節に太っ腹企画、民泊10%OFFクーポンキャンペーン開…

おすすめ記事

  1. 火の粉で穴があきにくい、ポリコットン製大型「オクラタープ」がDO…

  2. 90年代と傑作「99X」シリーズをフィーチャーしたニューバランス…

  3. 農業王国茨城県で注目のブランド梨”下妻甘熟梨”をイオンが応援!

  4. アウトドアでもあらゆるデバイスに給電可能万能なモバイルバッテリー…

  5. アウトドアで大活躍!360度カメラ『ダクション 360』専用防滴…

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.