× CLOSE

肉厚パッド×分割構造の「耐衝撃輪行キャリングバッグミニ」がDOPPELGANGER®️より新発売!

サイクリストたるもの、自転車にも、人にも優しくありたい!

自転車ブランド「DOPPELGANGER®️(ドッペルギャンガー)」より、小径車向けパッド入り自転車収納用バッグ「耐衝撃輪行キャリングバッグミニ」を発売されました。

先行製品として、ロードバイクやクロスバイクなどの大径車に対応する「耐衝撃輪行キャリングバッグ」も好評販売中ですが、「耐衝撃輪行キャリングバッグミニ」は小径車に特化したパッド入り自転車収納用バッグなのです。

自転車にも人にも優しい肉厚クッションパッド

「耐衝撃輪行キャリングバッグミニ」はその名の通り、一般的な輪行袋と比較して耐衝撃の高さが特長です。

その理由は、製品全面に内蔵されたクッションパッド。

自転車に当たる内側には10mm厚のパッドを、その外側すなわち人に触れる側には、より柔らかい7mm厚のパッドを重ねた二重構造を採用しました。

これにより、「輪行して自転車を出してみたら故障・破損していた」という悲しい輪行あるあるを軽減するだけでなく、人にかかる衝撃をも吸収します。

収納時のサイクリストの不満を解消する構造&設計

上述の故障や破損の危険性に加え、「輪行は自転車の出し入れが煩わしく面倒だからしない、したことがない」というのも実情とDOPPELGANGERは分析。

そこで、サイクリストが感じる、収納時の不満を本製品で解消しようと考えました。

「耐衝撃輪行キャリングバッグミニ」では、上述のクッションパッドは分割して配備されているため、バッグの両端を折り返せば自立する仕組みになっています。

バッグを片手で押さえながら自転車を持ち上げて収納、という煩わしさはありません。

またバッグ内部のインナーポケットは、取り外したペダルや工具類の収納に最適です。

ポケット入り口のファスナーは、フレームを傷つけないようバッグ上部に配置しました。

大きくても持ち運べる機能付き

パッド入り輪行袋は、肉厚なだけにかさばるのが実質的なデメリットといえます。

しかし、「耐衝撃輪行キャリングバッグミニ」では、分割パッド構造を利用し折りたたんで巻き上げることが可能。

ベルトで固定すればコインロッカーに入るサイズになります。

付属のショルダーベルトでリュックのように背負うことも可能。

両手が自由に使え、自転車に乗車しながらの運搬も問題なくおこなえます。

 

耐衝撃輪行キャリングバッグミニ製品スペック

【型番:カラー】DCB401-DP:ブラック
【サイズ】展開時:W115×L(D)3×H95cm、収納時:W23×L(D)23×H58cm

【重量】1.95kg
【静止耐荷重】20kg
【材質】ポリエステル、ポリウレタン、ポリエチレン
【希望小売価格】9,900円(税別)
【製品ページ】http://www.doppelganger.jp/option/dcb333/


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • 外遊びにはやっぱりスニーカー

    外遊びにはやっぱりスニーカー
  • テント選びに迷ったらチェック!

    テント選びに迷ったらチェック!

関連記事

  1. ブレードの長さ15cmのナイフに専用ケースをセットした『アウトド…

  2. 日本の大自然をVRで体験! 360度バーチャル田舎テラピー「いや…

  3. 自転車キャンプで、カギが洗濯ロープ代わりに! カラビナが多用途に…

  4. 今年の夏は、離島でグランピング! 東京からも近い初島に、グランピ…

  5. 旅館の大部屋級の広さ!設営簡単な大型シェルター「ロクロクベース」…

おすすめ記事

  1. サイクリングが楽になる! 振動を吸収するショックアブソーバーRi…

  2. フェスの定番シューズ「メレル」カメレオンがニット素材にアップデー…

  3. もちろん今年も買いますよ! HOKA ONE ONE のリカバリ…

  4. UGG的アーバンアウトドアスタイル! バリスティックナイロン素材…

  5. DODから焚き火の側でも強い、一人用ツールームテント「カマボコテ…

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.