× CLOSE

早くもウインターアウトドアの聖地から飛び込んで来たニュース! 「ファーストキャビン ニセコ」今冬開業決定!

世界が注目する雪質を誇る北海道スキーリゾート「ファーストキャビン ニセコ」がオープン!

大和ハウス工業株式会社と株式会社ファーストキャビンは、飛行機のファーストクラスをイメージしたキャビンスタイルホテル「ファーストキャビン ニセコ」を2018年11月に開業することを決定しました。

大和ハウス工業によるファーストキャビンの開業は、20188月開業予定の「ファーストキャビン 金沢百万石通」に続き2施設目となります。

両社で取り組むことにより、地方でもスピーディなホテル開発が可能となり、観光立国を目指す日本の地域活性化に貢献。

 

最大5名利用も可能なプレミアムクラスでファミリーニーズにも対応!

ファーストキャビンは現在、都内や関西の都市部を中心に全国18施設を展開していますが、リゾート地への出店を拡大すべく、その第一弾として外国人にも人気の高い北海道のスキーリゾート地、ニセコ地区に開業します。

近年ニセコ地区では外資系高級ホテルや富裕層向けコンドミニアム(1)が次々と開発され、新幹線の延伸や高速道路の開通計画、オリンピック誘致も期待されるなど、注目度の高いエリアです。

※1 キッチンや洗濯機など生活用具が備え付けられた宿泊施設のこと。

施設ではカプセルタイプのファーストクラス・ビジネスクラスに加え、最大定員5名のプレミアムクラス(2)を導入するほか、大型レストランの併設や湯上りラウンジなども設置し、グループや乳幼児と一緒のファミリーニーズにも対応します。

2 プレミアムクラス以外は12歳以下のお子様の利用を遠慮いただいています。

また、ニセコ地区にあるスキー場の中でも最大規模のゲレンデ「ニセコグラン・ヒラフ」まで直通送迎バスを運行します。

「ファーストキャビン ニセコ」から約12分で世界中のスキーヤーが注目するパウダースノーを楽しめます。

そもそも「ファーストキャビン」とは?

「コンパクト&ラグジュアリー」をコンセプトに、飛行機のファーストクラスをイメージしたキャビンスタイルホテル(3)です。

滞在空間としてご利用いただく“キャビン”は、コンパクトながらも十分におくつろぎいただける機能を完備したスタイリッシュな空間です。

旅館業法上「簡易宿所」となるため、キャビンの出入口に施錠することができません。プレミアムクラスは施錠可能です。

「ファーストキャビン ニセコ」概要

充実の共用施設
ラウンジスペース、大浴場、全館無料Wi-Fiも完備。女性目線で厳選されたアメニティも人気。

全キャビンセーフティボックス完備
キャビン内に設置された施錠可能なセーフティボックスで貴重品の保管も安心です。

男女別エリアで女性も安心
館内はセキュリティーゲートを設け、男性専用・女性専用エリアに分かれておりますので、異性の目を気にすることなくリラックスしてお過ごしいただけます。

開業
2018
11月(予定)

所在地
北海道虻田郡倶知安町南11条西1丁目46-1

キャビン数
169
キャビン(最大収容人数353名)

内訳
・ファーストクラス 112キャビン
(男性専用78 キャビン 女性専用34キャビン)
・プレミアムクラス
ハリウッドツインタイプ 44キャビン(定員4名)
2
段ベッドファミリータイプ 13キャビン(定員5名)

利用料金
未定

利用時間
チェックイン 15:00  チェックアウト10:00

設備
シングル専用キャビン、個室タイプキャビン、大浴場、ラウンジ、飲食施設、ロッカー 他

面積
4,597.40m
²/ 1,390

規模
地上2

アクセス
JR
「倶知安駅」から路線バス・送迎バスで約5
JR「倶知安駅」までJR「新千歳空港駅」から約2.5時間、JR「札幌」駅から約2時間)
「ニセコグラン・ヒラフ」から送迎バス約12
(「ニセコグラン・ヒラフ」まで「新千歳空港」からバスで約3.5時間、JR「札幌駅」からバスで約3時間)

事業形態
運営受託(株式会社ファーストキャビン)

事業主
大和ハウス工業株式会社

 

 


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • 宮崎で素敵な暮らし方を見つけました

    宮崎で素敵な暮らし方を見つけました
  • テント選びに迷ったらチェック!

    テント選びに迷ったらチェック!

関連記事

  1. 上質なレンタルサービスを提供するベース(BASE:基地)「フィッ…

  2. 暑さを吹き飛ばすか!? 真冬のアウトドアアクティビティの雄、バー…

  3. 全国各地の魅力ある街を巡り、その地の人々とともに開催する「Cre…

  4. 住んでよし訪ねてよし、高知はやっぱり町並みが渋かった!後編

  5. 小豆島暮らしの生の情報を、移住経験者が伝える現地セミナーの開催決…

おすすめ記事

  1. 「なんでもあるけど、すべてが足りない」地方都市の中心部を離れ、山…

  2. ギュッと握りしめるだけで泳げる水中フィットネスマシーン! WHI…

  3. 地方都市の中心部から、山奥へ移住。田舎を拠点に世界へ発信するTH…

  4. DODから、スマートな旅を演出するペットボトル1本分のテント「サ…

  5. 日本最大級のスポーツ自転車フェスティバル「CYCLE MODE …

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.