× CLOSE

そこまでやる!? ゴアテックス プロダクトの徹底した品質管理

前回の記事はこちら>(ゴアテックス プロダクトっていったい何!? 素朴な疑問をメーカーに直撃!

取材して納得! ゴアテックス ウェアの価格の背景とは?

THE NORTH FACE、HAGLÖFS、patagonia、MERRELLなど、さまざまなアウトドアブランドのウェアやシューズでゴアテックス ファブリクスは使われている。アウトドア好きであれば、さまざまなショップでゴアテックス プロダクトのタグやラベルを目にしているだろう。

店頭でゴアテックス プロダクトのロゴを見る機会が多いが、そもそもゴア社は素材提供元であり、最終製品の販売は行なっていない。それなのにどうして、ここまでゴアテックス プロダクトのタグやラベルが明示されているのか。

少々お高めなアイテムが多いが、その背景を探ると製品への責任感と確固たるプライドがあり、価格に見合った十分すぎる価値があることがわかった。

素材メーカーでありながら製品をすべてチェック!

「ゴアテックス プロダクトのタグやラベルがついている製品は、すべてゴア社で品質チェックをしています」

そう話すのは、日本ゴア社でゴアテックス プロダクト マーケティングを担当する平井康博さん。

生地を提供して終わりではなく、プロダクトに落とし込まれた最終形態までチェックすることで、ゴアテックス テクノロジーの機能性を担保しているのだ。その証がタグであり、ラベルだ。

「生地に防水透湿性があったとしても、適切な形で最終製品にならないと意味がありません。そこで、ゴア社とブランド、生産工場の三者でお互いに品質を維持して高め合っていく枠組みをつくりました」

その枠組みが「ライセンシープログラム」だ。

「商品を作るブランドさんとのトレードマークライセンスという契約を結んでいます。これを結ばないと生地の販売はできないですし、商品を作ることも、タグをつけることもできません。さらに、ウェアやシューズの生産工場もゴア社の基準を満たすところのみと契約を結び、ゴアテックス プロダクトの生産と品質の維持に取り組んでいます」

適切な作り方や気をつけるべきポイントなどのアドバイスをしてバックアップする技術のコンサルタントがゴア社にはいるという。

そして、もちろん生産工場だけでなく、仕上がってきた製品へのチェックも怠らない。ゴア社では、市場に流通する前に新しいスタイルやデザインの製品の防水性と透湿性をチェックをするため、スタイル認定というものを行っている。

1

2 3 NEXT ≫

  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • 宮崎で素敵な暮らし方を見つけました

    宮崎で素敵な暮らし方を見つけました
  • テント選びに迷ったらチェック!

    テント選びに迷ったらチェック!

関連記事

  1. トレランシューズのDNAを持つ「574」、ブランドを象徴する色&…

  2. スイッチひとつで温度調整ができる夢のヒーター付き防寒ウェア「PO…

  3. ジャックアンドマリー横浜ベイクォーター 2018年3月16日 い…

  4. ニューバランスの人気モデルに直営店限定カラーが登場!

  5. ゴールドウインからスティーブン アラン限定カラーのマウンテンパー…

おすすめ記事

  1. 行楽の秋! アウトドアレジャーにオススメなフランスチーズを使った…

  2. 冬の自然の中で自分と向き合う 星のや富士の「感覚を呼び覚ます 脱…

  3. 強度・耐久性に優れた繊維素材CORDURA®と日本ブランドプロダ…

  4. 世界女子トッププロが集まるサーフィン国際大会white buff…

  5. ビジネススーツでアウトドアアドベンチャーに挑む! 佐田社長の動画…

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.