× CLOSE

「オレはコイツと旅に出る」をコスパよく叶える、自転車キャンプ専用設計「バックフリップバイシクルテント」発売!

愛車とともに眠れるツールームテント!

現在空前のキャンプブームが到来しています。それにともない、クルマで行くオートキャンプ、バイクで行くツーリングキャンプ(キャンプツーリング)と、移動手段に応じたアイテムが市場に多数展開されています。

自転車ブランド「DOPPELGANGER®️(ドッペルギャンガー)」からは、自転車キャンプに最適なツールームテント「バックフリップバイシクルテント」が発売さらました。

キャンプに行きたいサイクリストにも選択肢を!

キャンプブームにも関わらず、スポーツバイクで行く自転車キャンプにおいては、ギアの選択肢が格段に少ないのが実情です。

多数のサイクリストが存在するにもかかわらず、ギアのラインナップ充実が進まない理由は何か、DOPPELGANGERはその点に着目しました。

検討を進めるなかで、自転車の限られた積載能力に見合う軽量コンパクトなギアは、オーバースペックな登山用などで高価な場合が多く、「まずはやってみよう」とはいかないハードルの高さを認識。

「トライしたいが適切なギアがなくできない」という状況が、自転車キャンプ人口の増加を阻む要因の一つと分析しました。

それならば携行しやすくコストパフォーマンスに優れた自転車キャンプに最適なテントを作り、愛車とともに自分の足で自然へ向かい、対峙し満喫する魅力を知ってもらいたいと考え、「バックフリップバイシクルテント」を開発しました。

 

広々使えるのに設営簡単!

バックフリップバイシクルテント」は、現在のキャンプシーンで流行している前室つきの「ツールームテント」をソロキャンプ用にアレンジした構造です。

荷物だけでなく自転車も置けるほど広いリビングスペースと、ゆったり横になれる就寝スペースを1張で作り出せるようにしました。

自転車をテントの中に入れることで、盗難や夜露の対策が可能。

愛車と一緒に寝られるためサイクリストにとってはなにより安心が得られます。

居住空間が広々と確保できるサイズ設計ですが、一人で設営・撤収することを想定し、できるだけ手間のかからない構造を検討。

ポールをフライシートに通し、端から順にペグダウンしていくだけでテントが立ち上がります。



シーンに合わせて選べる装備!

「バックフリップバイシクルテント」は、季節や積載事情に合わせてテントの張り方が選択できるよう設計しています。

基本形は結露が起こりにくいダブルウォール構造で、多雨・多湿な日本の気候に対応。

インナーテントを使わない場合や荷物を削減したい場合、フライシートのみでの設営も可能です。

またポールすら持っていけない、破損・紛失したなどの場合には、逆さに置いた自転車をポール代わりにして設営できるようにもなっています(目安として、地面から自転車のタイヤの頂点までの高さを100cm以上に調整すれば設営可能)。

自転車に積むことを想定しているため、フルセットで1830g、インナーテントなしで1100g、インナーテントとポールなし(フライシートのみ)で900gと、いずれの場合も重量を抑制しました。

 

バラバラ収納で荷物を分散!

一般的なテントでは、全てをひとまとめに入れられるキャリーバッグが付属しています。

これはクルマで運搬する場合には便利ですが、自転車に積載する場合、大きくかさ張り重いテントを一箇所に積載すると、荷重バランスが悪くなり危険です。

そのため「バックフリップバイシクルテント」では、各パーツそれぞれにバッグを分け、自転車へ分散して積載できるようにしました。

 

製品スペック

バックフリップバイシクルテント

【型番:カラー】DBT438-DP:ブラック

【サイズ】展開時外寸:(約)W240×D180×H110cm/インナーテント:(約)W210×D90×H100cm

【重量(付属品含む)】(約)2.46kg

【セット内容】フライシート×1、インナーテント×1、ポール×1、ペグ×17、グラウンドシート×1、ストームロープ短×3、ストームロープ長×4、キャリーバッグ×1、フライシート用バッグ×1、ポール用バッグ×1、グラウンドシート用バッグ×1、ペグ用バッグ×1

【希望小売価格】17,000円(税別)

【製品ページ】http://www.doppelganger.jp/option/dbt438/

 


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • 宮崎で素敵な暮らし方を見つけました

    宮崎で素敵な暮らし方を見つけました
  • テント選びに迷ったらチェック!

    テント選びに迷ったらチェック!

関連記事

  1. テーマはグランピング商談! SUV LAND千葉はテントに入りな…

  2. くつろぎすぎ注意! ”人をダメにするクッション”にアウトドア仕様…

  3. 日本最大の“キャンピングカーショー” 「ジャパンキャンピングカー…

  4. まだ業界人しか知らないかも!? アウトドア最新情報「クリーンカン…

  5. 大人買いしたくなるコールマンの「アメリカン ヴィンテージ・シリー…

おすすめ記事

  1. 夏フェスグッズの代名詞コロンビアから、“雨フェス映え”ポンチョの…

  2. 【宮崎県小林市】東京とのデュアルライフ&カフェ運営を実践する夫婦…

  3. 都会の星空の下で行われる、新感覚のフェス型就活イベント『CAMP…

  4. チャリはスピーディに、それでいて楽して汗一滴かかず、さらりとカッ…

  5. アウトドアで人気のRENAULTとEDIFICEのコラボ!「RE…

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.