× CLOSE

城、寺、峡谷! 和歌山で紅葉見るならココで決まり

秋が深まりを感じられる今日このごろ。本格的に紅葉シーズンの到来です! 秋にしか楽しめないものは食をはじめいろいろありますが、景色という点ではやっぱり紅葉が一番のスタンダード。モミジやイチョウなど、さまざまな色に染まる山を見て目で秋を楽しみに行きましょう! 和歌山県内でおすすめの紅葉スポットをまとめました。

江戸時代に作られた名園で紅葉を愛でよう! 紅葉渓庭園

紅葉渓庭園(もみじだにていえん)は、和歌山県を代表する史跡・和歌山城内にある庭園のことです。和歌山城西之丸庭園というのが本当の名前ですが、現在はその美しい景色から紅葉渓庭園という通称で呼ばれることが多いんです。

和歌山城の歴史は、古くは秀吉が紀州を平定したころにまでさかのぼります。雑賀衆と呼ばれる地縁的共同体が自治を行っていたために戦国武将がいなかった和歌山県では、戦国時代には城が築かれることはありませんでした。関ヶ原の戦いの後、現在の本丸や二の丸、西の丸などに屋敷が造営されました。その後、何度かの火事や落雷、戦災による焼失を乗り越え、そのたびに再建され今の姿にいたります。

紅葉渓庭園こと和歌山城西之丸庭園は、江戸時代の初期、紀州藩の藩主であった徳川頼宣が造らせたものです。庭園内には”紅葉渓”の名前のとおり、たくさんのモミジの木が植えられていて、紅葉シーズンには真っ赤に染まった景色を楽しむことができます。

江戸時代初期に作られ、名園と名高かったそうですが、明治維新後は残念ながらしばらく放置され、荒廃していた時期も長くありました。ですが、城郭内に作られた庭園で、今も現存しているものはとても貴重ということで、1970年代から調査と復元・整備がスタート。2006年には御橋廊下も復元され、名園とうたわれていた往時の美しい姿を取り戻しました。

紅葉渓庭園は、紅葉の美しさもさることながら、歴史を感じられる庭園との調和も大きな魅力となっています。紅松庵という茶室ではお茶もいただけますので、庭園の景色を楽しみながら、そして和歌山城の歴史に思いを馳せながらのんびり過ごしてみるのはいかがでしょうか?

見頃は11月中旬から12月上旬ごろ。

INFO

和歌山県和歌山市一番丁3

【電車】南海電鉄和歌山市駅から徒歩10分、またはバスに乗り市役所前下車すぐ。JR和歌山駅からバスに乗り約10分、市役所前下車徒歩すぐ

【車】阪和自動車道和歌山ICから約20分

紅葉渓庭園の情報はこちら>>http://www.wakayamakanko.com/sightseeing/history3.html

1

2 3 NEXT ≫

  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • 外遊びにはやっぱりスニーカー

    外遊びにはやっぱりスニーカー
  • テント選びに迷ったらチェック!

    テント選びに迷ったらチェック!

関連記事

  1. アウトドアを満喫しながら都市部で働ける理想の移住地「洲本」をVR…

  2. 日本最大の“キャンピングカーショー” 「ジャパンキャンピングカー…

  3. ミヤマキリシマを訪ねる早朝トレッキングなど、ご当地の春を感じる「…

  4. JALカード厳選18種類の旅プランから選べる!最大6名までのグル…

  5. 自然共生型アウトドアパーク『フォレストアドベンチャー・三島スカイ…

おすすめ記事

  1. 自分で運転するバギーで貸し切りの山を駆け抜ける「トマムドロドロラ…

  2. 炎が虹色に変化! SNSで映えすぎる最新焚き火グッズ

  3. 防汚&撥水機能、通気性、耐久性に優れた多機能アドベンチャーハーフ…

  4. 保温・保冷力は折り紙つき! アウトドアに最適なサーモスの新シリー…

  5. ひとり野外フェスが楽しめる! ギターに取り付けるポータブル・ギタ…

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.