× CLOSE

秋冬のオートキャンプで揃えたい5アイテム

エイアンドエフカントリー昭島アウトドアビレッジ・水野顕真さんが紹介してくれた5選!

真冬でも軽井沢や富士五湖周辺にキャンプに行くことが多い根っからのキャンプ好きな水野顕真さんが、秋のオートキャンプで揃えたいアイテムを選んでくれました。

 

秋冬のオートキャンプアイテム1

Helinox(ヘリノックス)/タクティカルコットコンバーチブル

「コットというのはキャンプ用のベッド。コットにはハイコットとローコットがある。ローコットは基本的に寝るときにしか使えないけど、パーツは小さいので収納するとコンパクトになる。

ハイコットだとパーツが大きく重くなるし、収納してもコンパクトになりづらいけど、寝るだけでなくベンチ代わりにも使える。

寝るだけでなく日中も使えることから、オートキャンプにはハイコットをオススメするんですけど、

このタクティカルコットコンバーチブルだとハイコット・ローコットどちらにも使えるんです。別売りのコットレッグを装着すればハイコットになって、高さが38cmになります。

タクティカルコットコンバーチブルの何がすごいかって、設営がすごく簡単で早いんです。

収納しても、通常のハイコット半分くらいの大きさ。重さにいたっては、4分の1くらいかもしれない。むちゃくちゃ軽いんです。

軽いからオートキャンプでなくとも電車で行くキャンプでも持っていく気になる。

この軽さで、耐久性が145kgもあるから、日帰りのデイキャンプでもベンチとして活躍してくれます。」

Helinox(ヘリノックス)/タクティカルコットコンバーチブル

使用時サイズ:幅190cm×奥行き68cm×高さ16cm
収納時サイズ:幅54cm×奥行き16.5cm
本体重量:2365g
総重量:2540g
耐荷重:145kg
フレーム素材:金属(アルミニウム合金)、樹脂、ヒンジ
先端部素材:ナイロン
表面加工:フレーム(アルマイト)
シート材質:ポリエステル
付属品:収納袋

価格:4万7520円

タクティカルコットコンバーチブル
https://www.aandfstore.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000005536&search=%A5%BF%A5%AF%A5%C6%A5%A3%A5%AB%A5%EB%A5%B3%A5%C3%A5%C8&sort=

Helinox(ヘリノックス)/タクティカルコットコンバーチブル(コットンレッグ使用時)

コットレッグ
https://www.aandfstore.com/shopdetail/000000005569/

 価格:1万800円

 

秋冬のオートキャンプアイテム2

PENDLETON(ペンドルトン)/プリンテッド ラウンドタオル

「2018年の新商品なんですけど、最近のキャンプの流行でテントの中に敷物を置くっていう傾向があります。

デザイン的にはもちろんですが、暖かさも敷物があるとないでは全然違ってきます。なんにもないと秋冬のキャンプなんかでは、地面の冷たさを特に感じると思います。

これまでペンドルトンというと四角いタイプばかりだったんですが、今回新しくラウンドタイプが出たんです。これはコットン100%のタオル素材なのでお手入れも簡単。大きい敷物なのに洗濯機で洗うことができて、ご自宅でも使える汎用性の高さが魅力です。」

PENDLETON(ペンドルトン)/プリンテッド ラウンドタオル

サイズ:150φcm
素材:コットン100%

価格:1万4040円

https://www.aandfstore.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000012526&search=%A5%E9%A5%A6%A5%F3%A5%C9%A5%BF%A5%AA%A5%EB&sort=

 

秋冬のオートキャンプアイテム3

PENDLETON(ペンドルトン)/チーフジョセフ クリフブランケット

「このブランケットは100%ウールではなく18%のコットンを入れた混紡なんです。

ペンドルトンのブランケットは模様がキレイですけど、これは飾りではなく実際に使う道具なんですね。使うと当然磨耗するんですけど、その耐久性を持たせるために、あえて18%だけコットンを入れて、強度を増してるんです。

ウールは保温力があって、それをコットンではマネできない。

ウールのいいところと、コットンのいいところをちょうど狙ったブレンド比率がウール82%、コットン18%だったということです。

ひざ掛けにしても、肩にかけてもいいサイズ感です。

ベースはウールだから難燃素材。秋冬のキャンプではダウンジャケットとかダウンパンツを穿いてることが多いと思うんですけど、クリフブランケットをかけておけば、焚き火のそばにいて火の粉が飛んできても安心ですよね。」

PENDLETON(ペンドルトン)/チーフジョセフ クリフブランケット

素材:ウール82%、コットン18%
サイズ:112×81cm

価格:1万6200円

https://www.aandfstore.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000004436&search=%A5%AF%A5%EA%A5%D5%A5%D6%A5%E9%A5%F3%A5%B1%A5%C3%A5%C8&sort=

 

秋冬のオートキャンプアイテム4

ADIRONDACK(アディロンダック)/キャンパーズチェア

「アディロンダックはエイアンドエフのオリジナルブランドなんですけど、キャンパーズチェアはまさにザ・シンプルという感じです。シンプル イズ ベストっていう言葉は、このチェアにぴったり合ってると思うんです。最新のデザインではなく昔からあるクラシックなフォルム。座り心地も抜群です。それゆえに、昔からずっと定番として存在してるんです。

キャンパーズチェアのいいところは、コットン製とポリエステル製から選べます。ポリエステル製はなんといっても乾きが早い。コットン製は火に強くて、使い込むとデニムのように味が出てきます。

肘掛けがあると座ってるときも楽なんですが、立ち上がりも非常に楽なんですよ。

面倒な組み立ても不要で取り出したらすぐ使え、さっと収納することができます」

ADIRONDACK(アディロンダック)/キャンパーズチェア

使用時サイズ: W57×D68×H90cm
収納時サイズ: W14×D14×H110cm
重量:約3.1kg
シート素材:ポリエステル100%またはコットン100%
フレーム素材:アルミ合金
耐荷重:80kg
座面両端のフレームの高さ:約34cm
座面布部(おしり部分):約36cm
付属品:ナイロン収納ケース

価格:1万260円

コヨーテ(ポリエステル100%モデル)
https://www.aandfstore.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000009280&search=%A5%AD%A5%E3%A5%F3%A5%D1%A1%BC%A5%BA%A5%C1%A5%A7%A5%A2&sort=

 ODグリーン/ネイビー(コットン100%モデル)
https://www.aandfstore.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000013780&search=%A5%AD%A5%E3%A5%F3%A5%D1%A1%BC%A5%BA%A5%C1%A5%A7%A5%A2&sort=

 

秋冬のオートキャンプアイテム5

BYER/バレーローロールトップテーブル

「バレーローロールトップテーブルは組み立てると大きいんですが、天板がロール式で収納可能ですのでコンパクトに持ち運べます。

オートキャンプでは天然素材の木目調を活かしたサイト作りが人気なんですが、大きいこのサイズ感のテーブルがなかなかないんです。あったとしても天板がロール式じゃないので、収納サイズが大きい。

ロック式になっているので、脚がぐらついて倒れたりすることもない。

ベトナムの家具職人が作っているキャンプ道具なので、家庭で使えるくらいクオリティが高くて丈夫。高級なホワイトアッシュをオイルフィニッシュしているので耐久性も高くて、見た目もキレイです。」

BYER/バレーローロールトップテーブル

使用時サイズ:D70×W85×H40
収納時サイズ:D20×W85×H8
重量:約11.2kg
木材質:ホワイトアッシュ

価格:2万3760円

https://www.aandfstore.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000002387&search=%A5%D0%A5%EC%A1%BC%A5%ED%A1%BC%A5%ED%A1%BC%A5%EB%A5%C8%A5%C3%A5%D7%A5%C6%A1%BC%A5%D6%A5%EB&sort=

 

ここに行けば買える!

エイアンドエフカントリー昭島アウトドアビレッジ店

エイアンドエフ直営店で最大級の大型店舗がエイアンドエフカントリー昭島アウトドアビレッジ店。天然木をふんだんに使った店舗内にはエイアンドエフで取り扱うほぼすべての商品が、フルラインナップで揃う。

住所 東京都昭島市田中町610-4

電話 050-4560-2074

営業時間 平日11:00〜20:00/土・日・祝祭日10:00〜20:00

定休日 毎週水曜日定休 祝日の場合は営業 翌平日のみ振替定休

 

 


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • 外遊びにはやっぱりスニーカー

    外遊びにはやっぱりスニーカー
  • テント選びに迷ったらチェック!

    テント選びに迷ったらチェック!

関連記事

  1. ZEROGRAMが、軽量性と保温性の相反する性能を追求した寝袋ラ…

  2. 自然への思いが詰まった、カモ柄の折りたたみイス「PATATTO1…

  3. 「一眼×自転車=段差怖い」にさようなら。揺れや衝撃からカメラを守…

  4. ULバックパッカー向けブランド ZEROGRAMが新型テントの発…

  5. 防水規格IPX4対応! アウトドアに持ち出しやすい高音質で持ちや…

おすすめ記事

  1. 世界最薄! 持ち運びが簡単と話題の太陽光充電器ヨーク ソーラーペ…

  2. グランピングってもう古い?! いいえ、福岡に新施設グラガナがオー…

  3. 【体験レビュー】人気が絶えないソフトクーラーブランド「AOクーラ…

  4. 【北海道大樹町】宇宙、音楽、自然を満喫できる「宇宙の森フェス」2…

  5. 街、アウトドア…マルチに活躍するルコックの”マストバイ”スニーカ…

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.