× CLOSE

南部鉄器のホットサンドメーカー⁉︎ 老舗OIGENの逸品を試してみた

南部鉄器OIGENのホットサンドメーカーはとにかくカッコイイ!

20160928_tokoro_oigen_007

南部鉄器のホットサンドメーカーがあると聞いて興味を惹かれ、なにげなしにフェイスブックに「ほしいな」と投稿したら友人たちがプレゼントしてくれた。なにごとも言ってみるものである。

というわけで、ひょんなことで手に入れたホットサンドメーカーこそ、1852年創業の南部鉄器の老舗、OIGEN(及源)のダッチオーブン天火 ホットサンドメーカーだ。

持った瞬間にずしりと鋳物ならではの重さを感じる。ザラザラとした手触り、黒く渋く光を放つ鉄器。存在感抜群である。見た目がとにかく渋くてかっこいいのだ。

OIGENは直火OKの”本気”なホットサンドメーカー

最近のホットサンドメーカーは、取っ手がたためたり、かわいい焼印がついたり、軽さをアピールしていたりするが、OIGENにはそういうものを求めてはいけない。取っ手も鉄なので、もちろん直火OK。パンを挟んだら焚き火に突っ込む、そんなワイルドな使い方もできてしまうのだ。

OIGENのHPにも次のように書いてある。

「世の中にホットサンドメーカーは数々あれど、これほど「やってやろう!」感のあるヤツはない!直火の上で多くを語らず・・・」

やたらに本気感がすごいというか、とにかく”マジ”な雰囲気ぷんぷんのホットサンドメーカーなのだ。それに、日本の伝統工芸である南部鉄器の老舗がアウトドアグッズに挑戦するというのが、ギア好きの男にはたまらないのです。

と、前置きが長くなってしまったが、さっそく使用感をレビューしてみる。なかなかキャンプに行く機会がなかったので、まずは自宅で試してみた。

1

2 3 4 NEXT ≫

  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • 外遊びにはやっぱりスニーカー

    外遊びにはやっぱりスニーカー
  • テント選びに迷ったらチェック!

    テント選びに迷ったらチェック!

関連記事

  1. オフィス家具とアウトドアを融合させた“働き方改革”の新提案「OF…

  2. アイスクリーム冷凍保存時間が2倍以上パワーアップ! LOGOSか…

  3. ZEROGRAMから新素材を使った 軽量ダブルウオールテント「E…

  4. キャンプや登山でiPhoneの防御力UP! ROOT CO.より…

  5. コールマン×niko and…(ニコアンド) 別注カ…

おすすめ記事

  1. GREGORYのハイキング用軽量パック、「ズール/ジェイド」が2…

  2. 人気拡大中ブランド「KARHU(カルフ)」の新作スニーカーはレト…

  3. 釣りのイメージを覆すダイワのファッションブランド「D-VEC」が…

  4. 葉山のコンパクトデザインホテルでグランピング気分を味わう OUT…

  5. クラウドファンディング目標3900%達成LEDランタン「LUME…

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.