× CLOSE

南部鉄器のホットサンドメーカー⁉︎ 老舗OIGENの逸品を試してみた

南部鉄器OIGENのホットサンドメーカーはとにかくカッコイイ!

20160928_tokoro_oigen_007

南部鉄器のホットサンドメーカーがあると聞いて興味を惹かれ、なにげなしにフェイスブックに「ほしいな」と投稿したら友人たちがプレゼントしてくれた。なにごとも言ってみるものである。

というわけで、ひょんなことで手に入れたホットサンドメーカーこそ、1852年創業の南部鉄器の老舗、OIGEN(及源)のダッチオーブン天火 ホットサンドメーカーだ。

持った瞬間にずしりと鋳物ならではの重さを感じる。ザラザラとした手触り、黒く渋く光を放つ鉄器。存在感抜群である。見た目がとにかく渋くてかっこいいのだ。

OIGENは直火OKの”本気”なホットサンドメーカー

最近のホットサンドメーカーは、取っ手がたためたり、かわいい焼印がついたり、軽さをアピールしていたりするが、OIGENにはそういうものを求めてはいけない。取っ手も鉄なので、もちろん直火OK。パンを挟んだら焚き火に突っ込む、そんなワイルドな使い方もできてしまうのだ。

OIGENのHPにも次のように書いてある。

「世の中にホットサンドメーカーは数々あれど、これほど「やってやろう!」感のあるヤツはない!直火の上で多くを語らず・・・」

やたらに本気感がすごいというか、とにかく”マジ”な雰囲気ぷんぷんのホットサンドメーカーなのだ。それに、日本の伝統工芸である南部鉄器の老舗がアウトドアグッズに挑戦するというのが、ギア好きの男にはたまらないのです。

と、前置きが長くなってしまったが、さっそく使用感をレビューしてみる。なかなかキャンプに行く機会がなかったので、まずは自宅で試してみた。

1

2 3 4 NEXT ≫

  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

関連記事

  1. 品質にこだわるアウトドア派にオススメ! 北欧のプレミアムルーフボ…

  2. 新富士バーナー SOTO初となるオリジナルクッカーが2016年8…

  3. アウトドアにも気品を! アナログの洗練さとスマートウォッチの機能…

  4. 大型テントの「中」に設営するためのコットン製「カンガルーテント」…

  5. アウトドアカフェ・レストランを導入した「スポーツオーソリティ イ…

おすすめ記事

  1. DOPPELGANGER®︎からキャスター付き三脚型自転車スタン…

  2. 東京−大阪間のGW渋滞回避の決定版!「渋滞スイスイTV」では、渋…

  3. 六本木でプレミアムな手ぶらBBQ体験!ARK HILLS SOU…

  4. 高知県高岡郡越知町にスノーピークおち仁淀川キャンプフィールドがオ…

  5. アウトドアはもちろん家でも使えるダイニングテーブル「LOGOS …

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.