× CLOSE

店舗と野遊びが融合するオールシーズン楽しめる新たな『体験型施設』が白馬村に誕生!

2020年春に開業

⻑野県北安曇郡白馬村では、冬はスキー・スノボ客、夏はキャンプ・トレッキング客と一年中賑わいを見せるアウトドアアクティビティスポットです。

そんな白馬村を四季を通じて楽しめる世界有数のマウンテンリゾートへの構築を進めているのが、⻑野県北安曇郡白馬村に本社を置く白馬観光開発株式会社。

白馬観光開発株式会社は株式会社スノーピークとともに出資して、株式会社スノーピーク白馬を立ち上げました。

そのプロジェクトでは、オールシーズン楽しめる“マウンテンリゾート白馬”の中核拠点となる新たな施設を2020年春に開業。

施設名はまだ未定となっていますが、店舗と野遊びが融合する新たな「体験型施設」となる予定です。

施設の意匠設計を担当は?

日本でも希少な絶景が一望できる標高1290mの山頂テラス『HAKUBA MOUNTAIN HARBOR』が誕生!

cazualでも何度かお伝えしましたが、白馬観光開発は白馬岩岳山頂にTHE CITY BAKERYを併設した絶景テラス&カフェ”HAKUBA MOUNTAIN HARBOR”を201810月にオープンするなど、様々な取り組みを積極的に展開しています。

これまでも白馬観光開発は、スノーピークと共同でグランピングイベントを白馬村にて複数回開催しています。

そのイベントの中で新たな大自然の楽しみ方を提案してきたのです。

そして長野県北アルプス地域の活性化を推進するため、白馬観光開発とスノーピークは新たなタッグを組み、白馬山麓エリアを中心とした事業展開を行う株式会社スノーピーク白馬を2018年9月に設立したのです。

気になる「体験型施設」ですがアウトドア好き、特にスノーピークファンならもうお気づきですよね。

2020年春に開業する店舗と野遊びが融合する新たな「体験型施設」の意匠設計を担当するのは世界的建築家の隈 研吾氏。

これまでにも隈 研吾氏が監修するモバイルハウス「住箱-JYUBAKO-」をスノーピークが販売するなど、蜜月の関係を築いてきました。

施設名はまだ未定。内容も未定?

新たに誕生する「体験型施設」の名称は2019年1月28日の段階では未定となっていますが、内容は着実に進んでいます。

白馬三山の雄大な景色を望む広々とした敷地には、「店舗エリア」、「野遊びエリア」、「イベントエリア」の3エリアを計画。

その「店舗エリア」は、スノーピークのキャンプ用品等の物販・レンタルや飲食、白馬村観光局インフォメーション、カフェを展開。

四季を通して地域の魅力を発信する、白馬のアウトドア中核拠点として整備を進めています。

「野遊びエリア」は、キャンプ体験やスノーピークのキャンプ用品がレンタルできるだけではありません。

隈研吾氏が監修するモバイルハウス「住箱-JYUBAKO-」に宿泊するプランもご用意する予定です。

モバイルハウスはキャンピングトレーラーのように移動できるけど、買うと350万円もするというキャンプ好きでもちょっとハードルの高いギア。

その「住箱-JYUBAKO-」に泊まれちゃうなんて、嬉しい限りですよね。

そして「イベントエリア」は、白馬地域の魅力を伝える、地産品販売のマルシェや各種ワークショップなど、様々な体験コンテンツを展開。

さらに地域の人々にも憩いの場としての公園機能や、避難所としての活用、防災対策機能を提供し、白馬に貢献できる施設を目指しています。

「体験型施設」だけでなく全体設計も、隈 研吾氏が担当。

建築は自然素材を活かし、自然と調和する外観、内装で、テラスや外空間を最大限広くとり、外で過ごすことを楽しめるデザインが特徴となっています。

2020年春の開業が待ち遠しいですね!

 

施設概要

名称:未定

所在地:長野県北安曇郡白馬村大字北城 白馬八方第四駐車場跡地ほか
運営会社:株式会社スノーピーク白馬
開業日:2020年春(予定)
施設概要:スノーピーク店舗(物販・飲食・レンタル等)、白馬村観光局インフォメーション、カフェ等
敷地面積:調整中、建築面積:約1,400

 

 

  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • 外遊びにはやっぱりスニーカー

    外遊びにはやっぱりスニーカー
  • テント選びに迷ったらチェック!

    テント選びに迷ったらチェック!

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.