× CLOSE

日本初、大手保険付きのシェアリングサービス「Carstay」が1月30日から本格稼働!

全国の駐車場や空き地を車中泊・テント泊スポットに!

昨年から仮運用など、着々と進められてきたシェアリングサービス「Carstay(カーステイ)」。

Carstay」はCarstay株式会社によって提供されているクルマ旅や車中泊版のシェアリングサービスのプラットフォームです。

Carstay」は全国各地に点在する駐車場や空き地を車中泊・テント泊スポットとして旅行者に貸し出すサービス。

生活拠点を持たずクルマで暮らすバンライフなんてスタイルに流行の兆しが見えてますが、クルマ旅をする人は近年確実に増加傾向にあります。

一方で、車中泊ができるスポットはなかなか限られているのが現状。

パッと思いつくところといったら「道の駅」でしょうか。でもこの「道の駅」ですら、休憩を取るための施設であって、本来は駐車場であっても宿泊はできず使用の範囲は仮眠にとどまるのです。

「車中泊したいけど、どこでできる?」、「どこかにテント泊できる場所ないかな?」を手助けしてくれるのが「Carstay」のプラットフォーム。

旅行者に有料で貸し出すシェアリングサービスは日本初。

Carstay」は旅行者だけにメリットがあるのではなく、土地を貸し出す側にもメリットがあるのです。

さらに車中泊拠点の増設と拠点周辺に関するクルマ旅情報の発信を行うことで、旅行者と地域との接点作りをしているのです。

スマートフォン、タブレット、パソコンで検索!

シェアリングサービス「Carstay」は日本語と英語版ウェブサービスを2019年1月30日より本格稼働。

国内外の旅行者は「Carstay」の専用ウェブサイトを利用できるようになります。

Carstay」はて登録された全国各地の駐車場や空き地を車中泊やテント泊スポットとして可視化。

旅行者はスマートフォン、タブレット、パソコンで車中泊・テント泊スポットの空き状況を確認し、検索・予約、決済し、評価を行うことができるのです。

現在、全国の民家や宿泊施設、ゴルフ場、レストラン、24時間運営のスーパーやコンビニ、「道の駅」(約1145か所)、RVパーク(約120か所)、くるま旅クラブ会員施設(約280か所)、オートキャンプ場(約4000か所)、サービスエリア、公園などの駐車場や空き地が「Carstay」に登録されています。

「駐車場に泊まることができても、うちはキャンピングカーじゃないからトイレがねえ・・・」なんて心配もご無用。

Carstay」に登録できるのは、24時間使えるトイレが500メートル以内にあることが必要条件となっているのです。

トラブルにも保険で対応!

今後は所有者や事業者が有効活用したい駐車場や空き地、トイレ、シャワー、インターネット、シャワー、温泉、スーパーなどの施設や周辺の設備情報を登録。

さらに特産物の製作・農山漁村の仕事や祭りなど、地域ならでは体験を提供する「文化体験」も登録することができるのです。

旅に出たら「泊まる」だけではなく、やっぱりその土地ならではの「体験」もしたいですもんね。

ところで、クルマ旅でつきものとしてトラブルって考えられますよね。

そんなトラブルも保険でカバー。

登録した駐車場や空き地の所有者と利用者は、Carstayが加入している三井住友海上火災保険株式会社の「車中泊保険」を付保することができ、設備の破損、利用中の怪我、利用者同士のトラブル、騒音などを補償してくれます。

 

利用情報

Carstay専用ウェブサイト  https://carstay.jp/ 

 

 

  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • 外遊びにはやっぱりスニーカー

    外遊びにはやっぱりスニーカー
  • テント選びに迷ったらチェック!

    テント選びに迷ったらチェック!

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.