× CLOSE

【復興3.11】森と海と子どもが生み出す地方創生のつぼみ@宮城県石巻/後編

2011年3月11日に起きた東日本大震災。東北地方は大きな打撃を受けたが、着実に復興への道を歩んでいる。そこで、自然や人、その街が持っている地域資源を使い、未来へ向かって希望を生み出している、ある施設を紹介したいと思う。
(※本記事は2017年に公開した記事の再掲載です。掲載されているデータなどは取材当時のものです。ご了承ください)


【前編はこちら

「モリウミアス」が提供するのは森と海に寄り添う地元の暮らし

20170217_tokoro_moriumius01_016

宮城県石巻市雄勝町に、自然から学び、森と海と田舎暮らしを体験できる複合体験施設「MORIUMIUS」(モリウミアス)はある。廃校を活用したこの施設は、森や海という地域資源を生かし、小さな集落を盛り上げている、いま注目の地方活性プロジェクトだ。「【宮城県石巻市雄勝町】森と海が生み出す地方創生のつぼみ/後編」では、雄勝町の課題や、プロジェクトが地域にもたらしている効果についてまとめることにする。

少子高齢化は震災以前からあった雄勝町の課題

20170217_tokoro_moriumius01_008

世界的建築家の隈研吾氏が、校舎の改築プランを考えてくれた。開放感のある造りが特徴だ。これも自然をより感じるための工夫だ。

廃校となった築100年近い旧桑浜小学校をリノベーションしてモリウミアスは生まれた。気をつけないといけないのが、震災を機に廃校になったわけではないということ。

震災以前から少子高齢化が進んでいて、2002年に廃校になった。人口減少、少子高齢化は雄勝町の長年の課題であり、震災によって、深刻さが増した。

そんな状況で誕生した「モリウミアス」は、地域を盛り立てる希望の星となりつつある。

20170217_tokoro_moriumius01_020

2段ベッドが設置された、子どもたちが寝泊まりする大部屋。さまざまなグループが一緒に生活をする

1

2 3 NEXT ≫

  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

  • 外遊びにはやっぱりスニーカー

    外遊びにはやっぱりスニーカー
  • テント選びに迷ったらチェック!

    テント選びに迷ったらチェック!

関連記事

  1. 家から外に一歩踏み出すハウスステップ! 庭のある暮らしが、もっと…

  2. 初心者でも安心のDIY賃貸住宅『団地カスタマイズ』体験イベント締…

  3. 渋谷ヒカリエで12月9日に「地方創生まちづくりフォーラム“まちて…

  4. 廃館を改装したオシャレな店舗、移住者スタッフも多い「キャピタル(…

  5. 「HIKE for HOME 家があるからこそ、アウトドアは楽し…

おすすめ記事

  1. 9月の予約を今から確保!日本一ラグジュアリーな登山プログラム 「…

  2. キャンプ、川下り、わら焼き! 令和最初の夏はアウトドアざんまいの…

  3. ランタンとしても活躍! 人気のミリタリーっぽいポータブルLEDワ…

  4. 話題のE-BIKEに 新ブランド「evol」が登場! アウトドア…

  5. 家でも使えそう! FIELDOORからロースタイルでオシャレなウ…

新着記事





PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.