× CLOSE

ホグロフスの新作リュックKATLA35をキャンプで使ってみた

HAGLÖFS(ホグロフス)の新作バッグをインプレッション!

20161014_tokoro_hoglofs_001

先日、朝霧高原で秋キャンプをしてきたので、HAGLÖFS(ホグロフス)の新作バッグを試してきました! 試したバッグはKATLA35だ。

KATLA35のバッグの特徴をおさらい!

まずはKATLA35の特徴をチェック。HPを見ると次のように特徴が書かれている。

柔らかいターポリン素材を使用したKatlaは自然の中でも街中でもぴったりなアイテムです。ふんだんにポケットを配してすっきりと整理でき、雨蓋を開けるとすぐに出し入れできるラップトップスリーブを備えて外出中のビジネスに対応できる優れもの。

機能

・サポート性と着用時の快適性を高めるInteract™サスペンションシステム
・摩耗性に優れてお手入れが簡単なターポリンを使用
・外からアクセスできる15インチラップトップ対応パッド入りインナースリーブ
・リッドにキーホルダー付き
・ファスナー付きサイドポケット2つ
・フロントに追加のギアを取り付けられるギアループ
・サイドコンプレッションストラップ

HAGLÖFS(ホグロフス)HPより引用

初見の印象は、なんといっても見た目がスマートというもの。シンプルで無駄をそぎ落としたデザインは、いかにも北欧っぽさ(ホグロフスはスウェーデンで生まれた)がうかがえる。個人的にはアウトドアのシチュエーションでもブラックやネイビー、モスグリーンといった服が多いので、こういったストイックなカラーのデザインは合わせやすくて好みだ。

それに、「KATLA」シリーズは生地にターポリンを使用していて耐久性と防水性にすぐれているのが特徴。PC収納も備えているので、アウトドアだけでなく街でも使いやすい、全天候、全フィールドに対応している万能バックパックといえる。

山や高原でのキャンプでは雨に強いのは絶対条件(雨男なんで。。。)

僕は、装備を考える際、耐水性や防水性を非常に気にするタイプだ。というのも、自分では認めたくはないけど、雨男だから。普段はそんなことないのに、なぜかキャンプに行くと8割がた雨。そんなわけで、晴れを前提ではなく、雨が降って当然という考えで、いろいろな装備を選ぶようにしているんです。

今回、行ったキャンプはどうだったかって? お分かりかと思いますが、もちろん雨でした。(雨の様子はこの記事を参照ください

その点、KATLAは合格です。ボディに使われているのはターポリンという生地。どんな生地かっていうと、運動会などで見るイベント用大型テントの天幕だったり、デパートの外壁に垂れている幕などに使われている生地といえば、わかりやすいはず。ビニールコーティングされでいるので、多少濡れても水は浸みてこない。とはいえ、完全防水ではないので、ご注意を。

20161014_tokoro_hoglofs_004

どうです? きちんと撥水しているでしょう。黒光りするホグロフスの”デジタルH”のロゴもクールです

20161014_tokoro_hoglofs_007

雨蓋方式なので雨の侵入をシャットアウトしてくれる

1

2 3 NEXT ≫

  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

関連記事

  1. 目立ちたい人のマストバイアイテム! ピンクのワンポールテント、…

  2. まだ業界人しか知らないかも!? アウトドア最新情報「ブッシュクラ…

  3. ノルディスクの人気テント「アスガルド」の使い心地って実際どうなの…

  4. 遮光コーティング生地で日差しと熱をカット!夏キャンプ向けワンポー…

  5. 日本初上陸!「LEDフレイムランタン」先行予約受付中!

おすすめ記事

  1. この秋は、馬に乗ってトレッキングがしたい! 「絶景紅葉乗馬」をリ…

  2. ビールとヨガなんて一番縁遠い存在でしょ(笑)!日本初、ビアガーデ…

  3. 日常生活から離れ、新しい場所で、新しい体験をするTRUE NAT…

  4. 富士山のパワーをあびて心と体、自然のリズムを取り戻す“ライズ 健…

  5. インスタ映え間違いなしのビッグイベント!「肉フェス TOKYO …

新着記事

PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.