× CLOSE

「ヒルバーグ」テントの特徴をおさらい

HILLEBERG(ヒルバーグ)のテントには4つのレーベルがある!

IMG_7846

”機能美”とも言える、無駄のないストイックなデザインからファンが多いHILLEBERG(ヒルバーグ)のテント。もちろんデザインだけではなく、耐久性や設営のしやすさなど機能も超一級品だ。となれば、お値段もやっぱり一級品なわけです。なかなか手が出せず、キャンプ場やフェス会場でうらめしげに見てばかり…という方も多いはず。

そんなHILLEBERG(ヒルバーグ)ですが、実は4つのレーベルがあるってご存知でした?

恥ずかしながら、「どうせ買えないから…」とすねて、ろくに調べもしなかったので、僕は知りませんでした。

ブラック、レッド、イエロー、ブルーと、レーベルごとに色が付けられていて4タイプあるんです。カラーごとに、スペックやラインナップが分けられているというわけ。さっそく、それぞれのレーベルの特徴をおさらい!

 

ヒルバーグ・ブラックレーベルはどんなテント?

IMG_7709

ブラックレーベルのケロンはヒルバーグのアイコンとも言えるトンネル型テントのファーストモデルだ

ヒルバーグで最も多様性に富むテント、ブラックレーベルモデルは穏やかな環境から極めて過酷な環境まで、またどんな地形や天候にも対応します。このモデルのシンプルさ、設営の容易さ、そして快適さは四季を通してあらゆる遠征に耐えるだけではなく、より普段使いのテントとして、また経験が少ない方にも快適にお使いいただけます。耐久力、安定性、居住空間の広さは最も厳しい環境での長期に渡る活動に力を発揮します。このモデルは季節を選ばず使用でき、また吹きさらし、森林限界を超える標高、激しい雪が降り続く環境、砂漠、砂浜、プラヤなどのような粗い砂に覆われた地形などにも対応します。強化された耐久性は長期の酷使にも耐え、特に修理が困難な遠隔地での冒険活動において問題が発生する可能性を軽減します。

HILLEBERG HPより引用

caz_afhm_2201_4saitaris

最も過酷な環境での使用を想定して作られたブラックレーベルのサイタリス。

ブラックレーベルのスペックは?

ブラックレーベルのテントはヒルバーグの中で最も高いクオリティを誇るテントだ。あらゆる地形、季節、天候条件など、どんな過酷な環境でも対応できる仕様となっている。そういった強度だけでなく、加えて、設営のしやすさや快適さも追求した、最高品質のレーベルだ。ラインナップも豊富で、さまざまなキャンプスタイルに合うのも特徴と言える。

ほかのレーベルと違うブラックレーベルの特徴

アウターは18kg/40lbの引裂強度を持つKerlon1800素材のファブリック製
10mmのポール
3mmのVectran及びポリエステル製のガイライン
ヒルバーグで最も耐久性が高いYペグ

 

ヒルバーグ・レッドレーベルはどんなテント?

hb_dsc08096

完全自立型のソロテントのウナ(写真内手前)

レッドレーベルテントはそれほど過酷ではない環境での長期及び短期の使用に適したモデルです。雨風にさらされることが少ない場所や、冬季及び夏季の森林地帯など、時に過酷な状況に直面する可能性がある場所に適しています。軽量化に重点が置かれているため、過酷な環境や厳しい状況下での長期に渡る活動には向いていません。しかし、激しい嵐に耐える能力には秀でています。経験を積んだ人は、強さと引き換えに軽さを取り、過酷な状況下での使用にこのレッドレーベルテントを選ぶ場合もあります。

HILLEBERG HPより引用

caz_afhm_2196_2nallo2gt

レッドレーベルのナロGTは大型の前室が特徴。

レッドレーベルのスペックは?

レッドレーベルは、ヒルバーグの中ではブラックレーベルに次ぐクオリティを誇ると言われている。雨や雪、風など、さまざま環境に耐えるのに十分な強度を保ちながら、できるだけ軽く設計されている。必要十分な強度は備えつつも、素材は頑丈さよりも軽量性を重視。全天候型でオールシーズンモデルとなっている。

ほかのレーベルと違うレッドレーベルの特徴

アウターは12kg/26.5lbの引裂強度を持つKerlon 1200ファブリック
9mmのポール
3mmのVectran及びポリエステル製のガイライン
軽量かつ丈夫なVペグ

 

ヒルバーグ・イエローレーベルはどんなテント?

イエローレーベルテントは軽量化を最重視して設計されました。より温暖な環境や雪が降らない時期を想定し、このテントのインナーには覆うことができない大型のメッシュパネルが採用されています。また暑い環境で優れた換気性能を発揮するようにアウターテントが短めに設計されていますが、このため寒い環境においてはテント内が寒く感じる可能性もあります。イエローレーベルモデルは比較的安全な地形での長期または短期の活動に最適です。しかしながら、優れた強度があるとはいえ、軽量化素材と設計のため、完全な吹きさらしや高地、辺境での使用には適していません。

HILLEBERG HPより引用

caz_afhm_2193_1enan

ソロテントのエナン。軽さが売りのイエローレーベルなだけあって1.2kgと超軽量だ。

イエローレーベルのスペックは?

イエローレーベルテントはとにかく軽さにこだわっていて、暖かい気候や雪のない地域での使用を想定して作られたレーベルだ。雪や風が強い過酷な環境には適さないので、例えば春から秋にかけて手軽にキャンプを楽しみたいという人にオススメだ。2キロを切るような超軽量のアイテムもあるので、コンパクトで軽量性を求めるバックパッカー系のキャンパーに人気。

ほかのレーベルと違うイエローレーベルの特徴

アウターは8kg/17.6lbの引裂強度を持つKerlon 1000ファブリック
9mmのポール
2mmのガイライン
ヒルバーグ最軽量のトライペグ

 

ヒルバーグ・ブルーレーベルはどんなテント?

ヒルバーグのブルーレーベルテントのモデルはそれぞれ個別の用途に適したように設計され、素材もそれぞれの目的に合致するものが使用されています。ブルーレーベルモデルは当社のブラック、レッド、イエローレーベルモデルと同様、信頼性、適応性、使用の容易性、耐久性、快適性、軽量性といった指標性能から、用途に合うものを組み合わせて設計されています。ブルーレーベルモデルはそれぞれの性能を達成するのみならず、個別の用途に最適であるよう設計されています。

HILLEBERG HPより引用

caz_afhm_2208_altai-xp

さまざまタイプがあるブルーレーベル。アルタイは6人のパーティでの使用が可能な軽量大型シェルターテントだ。

どういう目的で使うか、どういうシチュエーションで使うか、個々の用途に合わせて、設計や素材が最適化されているモデルだ。ヒルバーグだけあって、もちろん耐久性や設営のしやすさ、快適性などの機能は折り紙付き。

ヒルバーグは選びやすさも一級品!

用途に合わせて、特徴や強度ごとに、ブラック、レッド、イエロー、ブルーと4つのレーベルに分かれているヒルバーグ。デザインや機能、スペックだけでなく、選びやすさも一級品というわけだ。

【HILLEBERGの関連記事もチェック】
第1回Hilleberg(ヒルバーグ)オーナーズミーティングレポート!テント、タープが勢ぞろい!
HILLEBERG(ヒルバーグ)テントで楽しむグルキャンの魅力
HILLEBERGのブランドサイトがリニューアル! マニアックなテント・タープが大人気
Hilleberg(ヒルバーグ)オーナーズミーティングで一番の盛り上がりを見せたプログラムは?
いまさら聞けないHILLEBERG(ヒルバーグ)テントの特徴をおさらい!

text:george

photo:アマキン(サイタリス、ナロ、エナン、アルタイ)

【PROFILE/george】

茨城県東海村出身の32歳。インテリア雑誌、週刊誌、書籍、ムックの編集を経て、現在Webディレクター。4年前の朝霧ジャムに行って以来、アウトドアにハマる。テントはMSRのエリクサー3、タープはZEROGRAM。車を持っていないので、キャンプに行くときは知人の車に相乗りが常。なので、基本の装備は「軽くコンパクトに、友人の負担にならないこと」が信条。


  • この記事が気に入ったらcazual(カズアル)に いいね! / フォロー しよう

関連記事

  1. コールマンLOVERのキャンプサイト探訪「COCサマーミーティン…

  2. アウトドア館だけで200坪! 『スポーツオーソリティりんくう泉南…

  3. 「キャンパルジャパン」がオンラインストア、コンセプトストアオープ…

  4. サイクリストやバイカーだって、キャンプではキンキンに冷えたビール…

  5. キャンパル、ナンガ、コールマン…16ブランド2017年新作アウト…

おすすめ記事

  1. VRでシーバス釣りを疑似体験! 360度に広がる東京湾の大海原で…

  2. いよいよ海のシーズン! HELLY HANSENとコラボした海の…

  3. 埼玉県初となるアウトドアフィットネスクラブ「cocoon ath…

  4. トレイルランニングなどアクティビティも充実! 長野オリンピック聖…

  5. 7月8、9日の期間限定コラボワークショップ「オリジナルブレンドで…

新着記事

PAGE TOP
COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.